パーキンソン病の治療薬は近年ではむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の治療にも使用されるお薬です。

アマントレル(塩酸アマンタジン)100mg
商品概要パーキンソン病の治療薬です。手足のふるえや身体の硬直を改善し動作を楽にします。A型インフルエ..
カブゴリン(カベルゴリン)0.25mg
商品概要 プロラクチン過剰分泌症の治療薬!高プロラクチン血性排卵障害、乳汁漏出症、産褥性乳..
シンドーパ(レボドパ、カルビドパ)
商品概要シンドーバ(レポドパ・カルビドパ)という医薬品は、パーキンソン病に悩む方たちに最も多く用いら..
ミラペックスジェネリック(プラミロール) 0.125mg
商品概要 プラミロール0.125mgは、パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬で..
ラサレクト(ラサギリン)0.5mg
商品概要もっとも新しいパーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の手足のふるえ、身体のこわばり、歩行..
ラサレクト(ラサギリン)1mg
商品概要もっとも新しいパーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の手足のふるえ、身体のこわばり、歩行..
レキップ(塩酸ロピニロール)8mg
商品概要パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。寝ているときに脚がむずむず..
レクイップ(Requip) 2mg
¥3,627(1箱)~
商品概要 レクイップ(レキップ)は、パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬です。..
ロパーク(塩酸ロピニロール)0.25mg
商品概要パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。寝ているときに脚がむずむず..
パーキンソン病
パーキンソン病の治療薬です。手足のふるえや身体の硬直を改善し動作を楽にします。A型インフルエンザの治療にも使われます。
¥3,576(1箱)~
パーキンソン病
カブゴリンはサンファーマ社が開発したパーキンソン病治療薬であり、日本ではカバサールやカベルゴリンとして販売されているお薬と同じ有効成分を配合しています。パーキンソン病以外に、プロラクチン過剰分泌症に効..
¥1,576(1箱)~
パーキンソン病
パーキンソン病に悩む方たちに最も多く用いられ、服用してからゆっくりと作用し、効果が長時間持続することが特徴となっています!
¥976(1箱)~
パーキンソン病
パーキンソン病やむずむず脚症候群の治療に使われるお薬で有名な、『ミラペックス』のジェネリック薬です。成分はプラミペキソールで、ドパミンD2受容体作動のため、日本で最初に特発性レストレスレッグス(むずむ..
¥3,290(1箱)~
ラサギリンを有効成分とするパーキンソン病のお薬は国内では未承認ですが世界53カ国で承認されています。日本では現在武田薬品工業が臨床試験を行っています。
¥3,125(1箱)~
もっとも新しいパーキンソン病の治療薬です。パーキンソン病の手足のふるえ、身体のこわばり、歩行困難、ろれつが回らない、などの症状を改善します。
¥4,317(1箱)~
むずむず脚症候群
パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。 寝ているときに脚がむずむずして不眠症の原因になる「むずむず脚症候群」にも効果があります。
¥3,061(1箱)~
入荷待ち
むずむず脚症候群
¥3,627(1箱)~
パーキンソン病の手足のふるえや身体のこわばりをやわらげるお薬です。 寝ているときに脚がむずむずして不眠症の原因になる「むずむず脚症候群」にも効果があります。 塩酸ロピニロールを有効成分にす..
¥2,075(1箱)~
表示 1 ~ 9 / 9件中 (1 ページ)

むずむず脚症候群に関してよくある質問

Q:むずむず脚症候群とはどのような病気ですか?
座っているときや寝ているときに、脚がむずむずして動かさなくてはいられない病気です。夜にこの症状が出ると睡眠のさまたげになり、昼に出ると仕事に支障が生じます。
Q:原因は何ですか?
神経障害の1種ですが、原因はよく分っていません。脳内神経伝達物質のドーパミンの不足や、神経伝達に必要な鉄分の不足が関係していると考えられています。他の病気との関係では、腎不全で人工透析を受けている人の3人に1人がむずむず脚症候群を発症しています。
Q:むずむず脚症候群を併発しやすい病気は?
腎不全の他に、鉄欠乏性貧血、パーキンソン病、糖尿病、甲状腺機能低下症、関節リュウマチなどがあります。抗うつ剤を服用している人もなりやすいと言われます。病気ではありませんが妊娠中は一時的にむずむず脚症候群の症状が出ることがあります。
Q:患者数はどれくらいですか?
100人に3~4人の割合で患者がいると推定されています。年齢では40歳以上が多く、男性より女性の患者がやや多くなっています。
Q:むずむず脚症候群の症状は?
むずむずという表現ですべてを表すことはできませんが、とにかく脚を動かさずにはいられない不快な感じに襲われるのが症状です。夕方から夜にかけて症状が出ることが多く、寝て居る時に何度も症状がでると重い睡眠障害をひき起こします。
Q:昼間も症状が出ますか?
夜ほどではありませんが、仕事中や乗り物に乗っているときなど座っているときに症状が出ることがあります。
Q:立ち上がって歩きまわると症状が軽くなるのですか?
立ち上がらなくても脚を動かすことでむずむずなどの違和感がなくなります。
Q:むずむず脚症候群の診断や治療は病院の何科に行けばよいのですか?
精神科、神経内科、睡眠外来などです。
Q:むずむず脚症候群の治療は?
ドーパミン作動薬のビ・シフロール、ロチゴチンなどの薬物治療で症状を軽減することができます。
Q:日常生活で症状を軽くする工夫は?
カフェインやアルコールの摂りすぎは症状を悪化させます。タバコも悪影響があるので禁煙する必要があります。ウォーキングなどの軽い有酸素運動は症状を軽くする効果があります。
Q:むずむず脚症候群を放置するとどんなリスクがありますか?
睡眠障害が原因でうつ病や心血管系の病気(心筋梗塞など)を発症するリスクが高くなります。