気管支炎、気管支喘息などの改善薬アトロベント、アドベアーディスカス、アドエアやジェネリック医薬品を取り揃えております。

モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mg
商品概要モンテルカストは、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療薬です。 アレルギーや喘息の症状を引き起..
ブレソール(花粉症・アレルギー)
2,480 2,232(1箱)~
商品概要 ヒマラヤハーブの人気商品『ブレソール (Bresol)』には、アレルギー反応や炎症反応をし..
セロフロ500(アドエアジェネリック)吸引器付き
商品概要 セロフロ500は定評のあるぜんそくの長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品です。1つ..
アスタリン(サルブタモール)4mg
商品概要 ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。発作が起きたときに服用すると、すみや..
ロタヘイラー(吸引器)
2,980(1箱)~
商品概要 乾燥粉末吸入器(DPI)をお探しの方に シプラ社が製造する「ロタヘイラ..
ベネトリン(アスタリン)ジェネリック2mg
商品概要 気管支喘息、慢性の気管支炎などの気管支閉鎖性障害が引き起こす症状を和らげる治療薬ベネトリ..
ベクラゾン・インヘラー100mcg(200回分)
商品概要 エアコート・インヘラーはジプロピオン酸ベクロメタゾンとレボサルブタモール(レ..
デュオリン・インヘラー50mcg/20mcg
商品概要 デュオリンインへーラーという医薬品は、有効成分がふたつ配合され、それぞれの作用の効果が期..
デュオリン100mcg/20mcg(200回分)
商品概要 デュオリンインへーラーという医薬品は、有効成分がふたつ配合され、それぞれの作用の効果が期..
ダクサス(ロフルミラスト)500mcg
商品概要 長年の喫煙によって生じる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療薬です。 気管支の炎症を抑え..
セロフロ100(アドエアジェネリック)吸引器付き
商品概要 セロフロ100は定評のあるぜんそくの長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品です。..
セレタイドディスカス50/100Mcg(60回分)
商品概要ぜんそくの発作を予防する吸入薬です。毎日、朝と寝る前に吸入します。気管支の炎症を抑える成分と..
セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)
商品概要 ぜんそくの発作を予防する吸入薬です。毎日、朝と寝る前に吸入します。 気管支の炎症を抑え..
スピリーバ(臭化チオトロピウム)18mcg
商品概要 スピリーバは慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を緩和する治療薬で、..
シングレア・ジェネリック10mg
商品概要 日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です。 花粉症などのア..
ザジテン(ケトチフェン)ジェネリック
商品概要 第二世代の抗ヒスタミン薬で気管支喘息、アレルギー性気管支炎、アレルギー性鼻炎などの治療薬..
コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)
商品概要 ぜんそくを治療する噴霧式の吸入薬です。作用の異なる2つの成分が気管支を拡張して、息苦しさ..
アドベアーディスカスGB
9,680(1箱)~
商品概要 アドベアーディスカスGBはぜんそくの発作をおさえるお薬です。日本では「アドエア」の商品名..
アトロベント
4,580(1箱)~
商品概要 アトロベントは、気管支喘息、慢性閉塞肺疾患の長期治療に用いられるコントローラーです。..
アスタリン(サルブタモール)8mg
商品概要 ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。発作が起きたときに服用すると、すみやかに..
気管支炎・ぜんそく
日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です。 花粉症などのアレルギー性鼻炎の鼻づまりを解消する効果もあり、抗ヒスタミン剤があまり効かないときに有効です。
3,280(1箱)~
(4)
花粉症・アレルギー
アレルギー反応や炎症反応をしずめる抗ヒスタミン作用を示すハーブが配合されています。それによって花粉症などのアレルギー性鼻炎の鼻づまりやクシャミを軽減。
2,480 2,232(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
セロフロ500は定評のあるぜんそくの長期管理薬「アドエア」のジェネリック医薬品です。1つのお薬で、気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果があります。
3,880(1箱)~
(2)
気管支炎・ぜんそく
ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。発作が起きたときに服用すると、すみやかに効いて呼吸を楽にします。 発作の予防薬ではありません。喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも使わ..
2,180(1箱)~
(1)
気管支炎に
シプラ社が製造する「ロタヘイラー」は吸入器で、吸入用の乾燥粉末カプセルとともに使用されます。ロタヘイラーは、気管支収縮や気管の慢性炎症を抑える吸入薬を使用する際に用います。乾燥粉末カプセルとともに使用..
2,980(1箱)~
気管支炎のお薬
気管支炎、気管支喘息の症状を緩和するお薬ベネトリンのジェネリック医薬品
2,880(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
2つの有効成分で気管支の炎症を抑え、気管支を拡張させる喘息の治療薬
5,180(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
デュオリンインへーラーという医薬品は、有効成分がふたつ配合され、それぞれの作用の効果が期待できる気管支喘息長期治療薬(コントローラ)として知られています!
3,280(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
デュオリンインへーラーという医薬品は、有効成分がふたつ配合され、それぞれの作用の効果が期待できる気管支喘息長期治療薬(コントローラ)として知られています!
5,580(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
長年の喫煙によって生じる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療薬です。 気管支の炎症を抑えて、COPDの咳、痰、息苦しさ(呼吸困難)の症状を緩和します。 日本ではロフルミラストは未承認のお薬で..
5,580(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
喘息の長期管理薬アドエアのジェネリックで気管支拡張、炎症軽減の効果が。
3,080(1箱)~
(5)
気管支炎・ぜんそく
3,980(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
4,980(1箱)~
気管支炎の治療薬
スピリーバは慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を緩和する治療薬で、粉末の吸入剤となります。 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は有害物質を含む空気を吸い込むことで気管支や肺胞への害が生じ..
4,880(1箱)~
(1)
気管支炎・ぜんそく
日頃から服用して気管支ぜんそくの発作を予防する長期管理薬です。 花粉症などのアレルギー性鼻炎の鼻づまりを解消する効果もあり、抗ヒスタミン剤があまり効かないときに有効です。
4,280(1箱)~
気管支炎のお薬
第二世代の抗ヒスタミン薬で気管支喘息、アレルギー性気管支炎、アレルギー性鼻炎などの治療薬です。 ヒスタミンH1受容体非競合的拮抗作用、肥満細胞安定と呼ばれる作用を持つ有名な抗ヒスタミン薬のジェネ..
4,480(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
ぜんそくを治療する噴霧式の吸入薬です。作用の異なる2つの成分が気管支を拡張して、息苦しさやせきこみの症状を軽くします。ぜんそく発作時のほか長期の維持管理用にも使用されます。慢性閉塞性肺疾患(COPD)..
3,380(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
喘息や慢性閉塞性肺疾患の吸入治療薬です。この吸入薬には2種類の成分が配合されていて、ひとつは気道の炎症を抑える作用を持つフルチカゾンというステロイド、もう一つは気管支拡張作用を持つサルメテロールです。..
9,680(1箱)~
気管支炎・ぜんそく
気管支喘息、慢性閉塞肺疾患を治療するコントローラーで気管収縮を抑制。
4,580(1箱)~
(1)
再入荷待ち
気管支炎・ぜんそく
ぜんそくの治療に使われる気管支を広げるお薬です。発作が起きたときに服用すると、すみやかに効いて呼吸を楽にします。 発作の予防薬ではありません。喫煙による慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療にも使わ..
2,180(1箱)~
表示 1 ~ 20 / 20件中 (1 ページ)

気管支炎、ぜんそく全般に関してよくある質問

Q:急性気管支炎と慢性気管支炎はどう違うのですか?
咳やタンなどの症状は共通していますが、急性気管支炎は風邪が重症化してのどの炎症が気管支まで広がったものです。慢性気管支炎は長年の喫煙や大気汚染が原因でおきる気管支の炎症です。
Q:COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは何ですか?
喫煙によって慢性気管支炎と肺気腫が併発した症状です。肺気腫は肺胞という空気を取り込む細胞が破壊されて肺の機能が低下する病です。一度壊れた肺胞の機能は治療しても回復しません。タバコを吸わなくても大気汚染のひどい都市に長年住んでいるとCOPDになる可能性があります。
Q:タバコを吸う人の何割くらいがCOPDになるのですか?
喫煙者の8~9割はタバコを吸っても肺の機能低下が通常より早まることはありませんが、残りの1~2割の人は非常に早く機能低下が進行します。そのような人が20年、30年と喫煙を続けると、日常的に酸素吸入が必要なくらい肺気腫が進行することになります。
Q:COPDはどのように治療するのですか?
呼吸を楽にするために気管支拡張剤や痰を取る薬を服用します。一度失われた肺の機能を回復させる治療法はありませんが、禁煙することでそれ以上の進行を止めることができます。
Q:気管支炎とぜんそくはどう違うのですか?
ぜんそく(=気管支ぜんそく)はアレルギー反応で起きる気管支炎です。悪化すると炎症がいっきに進行するので、日頃の維持管理が大切な病気です。
Q:小児ぜんそくと大人のぜんそくはどう違うのですか?
小児ぜんそくは、2~5歳で発症することが多く、治療を続けることでその7~8割は中学入学前には症状が出なくなります。大人のぜんそくの約7割は大人になってから発症し、アレルギーそのものがなくなることはほとんどありません。
Q:ぜんそくの患者は増えているのですか?
小児ぜんそくも大人のぜんそくも患者が増えています。ここ50年で小児ぜんそくは人口比1%から6%に、大人のぜんそくは1%から3%に増加しています。
Q:大人のぜんそくは何歳くらいで発症することが多いのですか?
多くは40代、50代で発症します。
Q:大人のぜんそくは重症化しやすいのですか?
ぜんそくの治療は発作の回数を減らす維持管理がたいせつですが、大人の場合は親が管理する小児ぜんそくと違って本人が管理しなければいけないので、無理をしたり維持管理を軽視したりして悪化させる場合が少なくありません。
Q:ぜんそくの治療はどのように行なうのですか?
日頃は気管支の炎症を抑える薬を使用して、発作時には気管支を拡張する薬を使用します。重症化を防ぐには発作の回数を減らすことが重要なので、きめられた薬を毎日確実に使用する必要があります。ぜんそくの維持管理薬としては炎症をしずめる作用と気管支を広げる作用の両方がある「アドエア」が有名です。
Q:ぜんそくの発作を予防する日常生活の注意は?
アレルギーを起こすダニやハウスダストなどのアレルゲンをできるだけ遠ざけることがたいせつです。風邪やインフルエンザにかからない用心も重要です。睡眠不足や過労も発作の引き金になるので注意しましょう。