痛風は男性が経験する生涯1,2を争う激痛と言われます。痛風の原因は尿酸値が高いことでこの尿酸値を抑えるには食生活の改善は必須です。お薬では尿酸の生成を抑えて尿酸値を低減するお薬(ザイロリックやフェブリク)と、痛風発作(痛み)を止めるまたは予兆が出た際に予防するお薬(コルヒチン)があります。尿酸値を下げるお薬と痛風の鎮痛薬を通販いただけます。

ザイロリック
¥1,529(1箱)~
商品概要「ザイロリック」は、痛風や尿路結石の治療に用いられるお薬で、痛風の原因である尿酸の生成をおさえ、血中の尿酸レベル..
フェブリク錠ジェネリック40mg
商品概要フェブリク錠ジェネリックはシプラ社が販売する高尿酸血症治療薬です。有効成分はフェブキソスタットで、尿酸の生成に必..
コルガウト (コルヒチン) 0.5mg
商品概要 コルガウト (コルヒチン) 0.5mgは痛風の予防や症状の緩和に選択されるお薬です。痛風発作の激しい..
コルヒチン
¥1,527(1箱)~
商品概要 コルヒチンは痛風の予防や症状の緩和に選択されるお薬です。痛風発作の激しい痛みは鎮痛剤では効果が限定される..
ズーリッグ(フェブキソスタット)40mg
商品概要ズーリッグ(フェブキソスタット)-40mgという医薬品は、痛風や高尿酸血症の病状を緩和し、医薬品のなかでは負担に..
ズーリッグ(フェブキソスタット)80mg
商品概要 ズーリッグ(フェブキソスタット)-80mgという医薬品は、痛風や高尿酸血症の病状を緩和し、医薬品のな..
フェブリク錠ジェネリック80mg
商品詳細フェブリク錠ジェネリックはシプラ社が販売する高尿酸血症治療薬です。有効成分はフェブキソスタットで、尿酸の生成..
ユーロシットK徐放剤(クエン酸カリウム)1080mg
商品概要 ユーロシットK徐放剤は、痛風や高尿酸血症が原因の尿の酸化を改善し、アルカリ度数を高めるお薬です。 尿に含ま..
ザイロリックジェネリック100mg
商品概要 痛風や腎路結石の原因となる血液中や尿の尿酸値を下げるアロプリノール配合の痛風治療薬ザイロリックのジェネリ..
ザイロリックジェネリック(ザイリック)
商品概要「ザイロリック」は、痛風や尿路結石の治療に用いられるお薬で、痛風の原因である尿酸の生成をおさえ、血中の尿酸レベル..
痛風
痛風の治療薬と言えばザイロリック!尿酸値を下げて痛風の原因を改善
¥1,529(1箱)~
(4)
痛風
フェブリク錠ジェネリックは尿酸の生成を抑えて排出させる、高尿酸血症治療薬です。尿酸値が高い状態が続くと猛烈な痛みが生じる痛風が起こりますが、尿酸値を低下させることで、さらなる痛風の発作を予防します。
¥683(1箱)~
痛風の予防
コルガウト (コルヒチン) 0.5mgは常の鎮痛剤では効果がない強い痛風発作にも効果的
¥3,760(1箱)~
痛風
つらい痛風発作の予防や痛みの緩和に!イヌサフランという植物の種子の成分である「コルヒチン」というお薬で、昔から痛風発作の特効薬として利用されてきました。発作が起きた後の服用が早いほど効果は絶大!この商..
¥1,527(1箱)~
(3)
痛風
ズーリッグ(フェブキソスタット)-40mgという医薬品は、痛風や高尿酸血症の病状を緩和し、医薬品のなかでは負担になりがちな薬価がジェネリックに分類されていることから安値で処方が受けられます!
¥1,476(1箱)~
痛風
ズーリッグ(フェブキソスタット)-80mgという医薬品は、痛風や高尿酸血症の病状を緩和し、医薬品のなかでは負担になりがちな薬価がジェネリックに分類されていることから安値で処方が受けられます!
¥2,176(1箱)~
痛風
フェブリク錠ジェネリックは尿酸の生成を抑えて排出させる、高尿酸血症治療薬です。尿酸値が高い状態が続くと猛烈な痛みが生じる痛風が起こりますが、尿酸値を低下させることで、さらなる痛風の発作を予防します。
¥1,626(1箱)~
痛風や高尿酸血症が原因の尿の酸化を改善するお薬。
¥7,680(1箱)~
入荷待ち
痛風
尿酸値を下げて痛風や高尿酸血症を治療する薬ザイロリックのジェネリック!
¥2,440(1箱)~
(1)
入荷待ち
痛風
痛風や尿路結石の治療薬ザイロリックの後発薬!尿酸値を抑えて痛風を治療
¥4,680
表示 1 ~ 10 / 10件中 (1 ページ)

痛風、高尿酸血症に関してよくある質問

Q:痛風とはどのような病気ですか?
血液の中の尿酸という物質が過剰になると起きる病気で、足指の関節などが炎症を起こして腫れと痛みが出ます。
Q:尿酸が多いとなぜ関節に炎症が起きるのですか?
尿酸は水に溶けにくい物質なので、過剰になると体温の低い足指の関節などで結晶化することがあります。結晶は関節の滑膜という部分にたまり、何かのきっかけで滑膜からはがれるときに炎症を起こします。
Q:尿酸とはどのような物質ですか?
細胞を構成する材料の1つであるプリン体が新陳代謝されるときに生じる老廃物です。尿酸は血液に溶けて腎臓まで届けられ、最終的には尿に溶けて排泄されます。
Q:痛風の患者のほとんどが男性なのはなぜですか?
女性ホルモンのエストロゲンには血液中の尿酸の排泄をうながす作用があるからです。女性も閉経後はエストロゲンの分泌が減るので痛風になる人が出てきます。
Q:高尿酸血症になる原因は何ですか?
原因はよく分っていませんが、体質的なものと考えられています。
Q:プリン体をたくさん含む食品の食べすぎが原因ではないのですか?
主要な原因ではありません。身体に必要なプリン体の8割は体内で合成されています。体質的に尿酸値が上がりやすい人はプリン体を多く含む食品をひかえる必要がありますが、それ以外の人があまり気にする必要はありません。
Q:痛風の症状は?
ほとんどの場合、足の親指のつけ根の関節が腫れて強い痛みが出ます。足首やひざの関節に出ることもあります。風が吹いても痛いから痛風と言われるくらい、処置が遅れると痛みは強烈になります。
Q:痛みを抑えるには?
ロキソニンなどの消炎鎮痛剤を服用します。
Q:痛みを放置するとどうなりますか?
放置しても1~2週間で発作はおさまりますが、その間に炎症が進行して痛みと腫れが大きくなり大変つらい思いをするだけでなく、関節に後遺症が残ることがあります。
Q:発作のとき以外はどんな治療をするのですか?
尿酸値を下げる薬を毎日服用します。尿酸値を下げる薬には、尿酸が体内で作られるのを抑える薬(ザイロリック、フェブリクなど)と尿酸の排泄を促進する薬(ユリノーム、ベネシットなど)の2つタイプがあります。
Q:尿酸値を抑える薬はずっと飲み続けなければいけないのですか?
はい、そうです。尿酸値が高くなる体質そのものを治す薬はありません。
Q:発作のときに鎮痛剤を飲むだけではだめなのですか?
尿酸値が高い状態を放置すると、ときどき発作が起きるだけでなく、腎臓結石や尿道結石ができやすくなります。
Q:尿酸値を抑える薬を飲んでいると発作は起きませんか?
ほとんど発作は起きなくなりますが、人によって1年に1回か数年に1回程度発作が起きる場合があります。
Q:発作を予防する薬はありますか?
尿酸値を抑える薬が即ち発作を抑える薬ですが、それ以外に発作の前兆があったときに服用する「コルヒチン」というお薬があります。コルヒチンには血液の白血球などの炎症物質が患部に集中するのを防ぐ作用があります。
Q:お酒でもプリン体を含まない焼酎は飲んでも尿酸値に影響はないのですか?
プリン体を含まないお酒でも、アルコールが分解されるときに尿酸が発生します。また飲み過ぎて翌日脱水症状になると、発作のきっかけになることがあります。