頻尿・失禁尿の通販

特に女性に多い悩みの頻尿、尿失禁、尿意切迫などの原因は膀胱が過剰に活動することで、過活動膀胱と言います。過活動膀胱の治療薬では、抗コリン薬のポラキス(オキシブチニン)や、ダリフェナシン、トビエースなどが有名です。※男性の頻尿は前立腺肥大が原因のため、「前立腺肥大」をご覧ください。

ユーロトーン(塩化ベタネコール)25mg
商品概要副交感神経に作用して膀胱の収縮をうながし、閉尿症状を改善するお薬です。胃腸のはたらきを活発に..
ポラキスジェネリック(オキシブチニン)2.5mg
商品概要 塩酸オキシブチニン2.5mg配合のポラキスジェネリックは、多くの男女を悩ます『頻尿、尿失..
トルクSR(酒石酸トルテロジン)4mg
商品概要トルクSR4mgは、頻尿や過活動膀胱(OAB)を治療するお薬です。 尿意を強く感じたり、尿の..
トビエース錠8mg
5,280(1箱)~
商品概要トビエースは、過活動膀胱による尿意切迫や頻尿、切迫性尿失禁に効果を発揮するお薬です。 過活動..
トビエース錠4mg
4,980(1箱)~
商品概要トビエースは有効成分としてフェソテロジン4mgを含有する過活動膀胱治療薬です。 過活動膀胱と..
ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg
商品概要急な尿意やひっぱく性尿失禁の原因になる過活動膀胱を治療するお薬です。膀胱の過剰な収縮をおさえ..
ダリロング(ダリフェナシン)15mg
商品概要急な尿意やひっぱく性尿失禁の原因になる過活動膀胱を治療するお薬です。膀胱の過剰な収縮をおさえ..
フェノパス(ソリフェナシン)5mg
商品概要膀胱の収縮を抑えて蓄尿量を増やすお薬です。過活動膀胱による頻尿、ガマンできない急激な尿意、切..
フェノパス(ソリフェナシン)10mg
商品概要 頻尿、尿失禁、尿意切迫などの改善薬フェノパスは有効成分としてソリフェナシン10mgを含有..
トルクSR(酒石酸トルテロジン)2mg
商品概要男女を問わず中高年に多い過活動膀胱の頻尿、尿意切迫の症状を改善するお薬です。膀胱の不必要な収..
閉尿の治療薬
副交感神経に作用して膀胱の収縮をうながし、閉尿症状を改善するお薬です。胃腸のはたらきを活発にして消化不良を改善する効果もあります。
4,880(1箱)~
頻尿・失禁の過活動膀胱に
ポラキスは男女の排尿障害、頻尿、尿失禁、尿意切迫などの治療薬です。特に女性に多い、過活動膀胱という膀胱が過剰に活動して尿が膀胱に十分溜まる前に尿意を感じる症状の治療薬です。
5,019(1箱)~
頻尿・失禁の過活動膀胱に
男女の中高年に多い過活動膀胱を改善して頻尿や尿意切迫尿失禁を治療するお薬です。膀胱が過剰に働くと尿が十分にたまる前に尿意を感じるため頻尿となります。
5,880(1箱)~
頻尿・失禁の過活動膀胱に
トビエースは過活動膀胱を改善して女性に多い頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療するお薬です。膀胱が過剰に活動すると尿が溜まる前にすぐに尿意を感じます。
5,280(1箱)~
頻尿・失禁の過活動膀胱に
トビエースは過活動膀胱を改善して女性に多い頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療するお薬です。膀胱が過剰に活動すると尿が溜まる前にすぐに尿意を感じます。
4,980(1箱)~
(1)
頻尿・失禁の過活動膀胱に
過活動膀胱を改善して尿の蓄積量を増やし、頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療します。1日に1回の服用で効果を発揮!頻尿は女性い多く、加齢で皆が経験する排尿障害です。
4,880(1箱)~
頻尿・失禁の過活動膀胱に
膀胱の過剰な活動を改善して、頻尿、尿意切迫、尿失禁を治療するお薬です。1日に1回の服用で効果を発揮!頻尿は女性い多く、膀胱に溜めれる尿の量が少なくなって発症します。
6,174(1箱)~
再入荷待ち
頻尿・失禁の過活動膀胱に
フェノパスはガマンできない頻尿や尿失禁、尿意切迫を改善するお薬です。原因は過活動膀胱と言って膀胱に尿がたくさんたまる前におしっこをしたくなる症状です。
3,780(1箱)~
再入荷待ち
頻尿・失禁の過活動膀胱に
頻尿、尿失禁、尿意切迫などの改善薬フェノパスは有効成分としてソリフェナシン10mgを含有する過活動膀胱治療薬です。
3,280(1箱)~
再入荷待ち
頻尿・失禁の過活動膀胱に
男女の中高年に多い過活動膀胱を改善して頻尿や尿意切迫尿失禁を治療するお薬です。膀胱が過剰に働くと尿が十分にたまる前に尿意を感じるため頻尿となります。
3,780(1箱)~
表示 1 ~ 10 / 10件中 (1 ページ)

頻尿・尿失禁・尿漏れに関してよくある質問

Q:女性の頻尿や尿漏れの原因は何ですか?
骨盤底筋群と呼ばれる膀胱や子宮などの臓器を支える筋肉が弱くなることと、過活動膀胱といわれる症状が出ることです。
Q:骨盤底筋群とは?
肛門、膣、尿道を取り囲むようにある筋肉で、深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋肉をいいます。出産や加齢によってこれらの筋肉が弱くなると下部尿路障害と呼ばれる尿トラブルが起きやすくなります。過活動膀胱もその1つです。
Q:過活動膀胱とは?
膀胱にそれほど尿が溜まっていないのに排尿筋が収縮してしまうことです。
Q:過活動膀胱になるとどんな症状が出ますか?
昼間頻尿、夜間頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁などの症状が出ます。また、尿失禁には肥満などが影響している圧迫性尿失禁もあります。
Q:何回以上トイレに行くのが頻尿ですか?
昼間頻尿は朝起きてから寝るまでに8回以上トイレに行くこと、夜間頻尿は寝ているときに1回以上トイレに起きることです。
Q:尿意切迫感とは?
急に強い尿意をもよおして、もらしそうな感じがすることです。実際にトイレが間に合わずにもらしてしまうのが切迫性尿失禁です。
Q:過活動膀胱の女性はどれくらいいるのですか?
40歳以上では8人に1人が過活動膀胱だという調査があります。この割合は年齢とともに増加します。
Q:頻尿や尿失禁はどのように治療するのですか?
治療は大きく分けて行動療法と薬物療法の2つがあります。行動療法には生活習慣の改善、膀胱訓練、骨盤底筋訓練などがあります。
Q:生活習慣の改善とは?
たとえば、肥満を解消することで圧迫性の尿失禁が改善します。その他カフェインを含んだ飲み物を制限するなどの対策があります。また、過度に水分をひかえるのは逆効果になるので適度に水分を摂りましょう。
Q:膀胱訓練とは?
トイレに行きたくなってもできるだけ我慢して、膀胱の蓄尿量を増やす訓練です。我慢できなくなった時はすぐトイレに行ける環境で行ないます。最初は5分間がまんする、それができるようになったら10分間がまんするなどで、じょじょに時間を長くしていきます。
Q:骨盤底筋訓練とは?
「立った姿勢でかかとを上げて、5秒間肛門を締める」など、おもに肛門を意識的に強く締める運動です。座った姿勢でも寝ている姿勢でもできます。3ケ月以上継続すると頻尿や尿漏れに大きな効果があります。
Q:薬物療法にはどんなお薬を使うのですか?
おもに膀胱の収縮を抑える「ポラキス」などの抗コリン剤が使用されます。膀胱をゆるめて尿をためる量を増やすβ3刺激薬も使用されます。
Q:男性の頻尿や尿漏れの原因は何ですか?
男性も骨盤底筋が弱くなるのが原因の1つですが、その他に大きな原因として前立腺の肥大があります。