お薬を自宅から処方箋無しで通販できます

海外医薬品の個人輸入について解説

お薬の個人輸入って?

海外医薬品の個人輸入とは

最近、海外のお薬を個人輸入して使用できるケースが多く取り上げられています。

でも反対に「どうしてわざわざ海外のお薬を取り寄せるの?」と思っている方も多いようです。

「違法なものとか、粗悪品つかまされそう」と心配される方もおられます。

でも、これ、上手に活用するならかなりお得になる賢い方法なんですよ。

■海外医薬品を個人輸入って、違法じゃないの?

海外医薬品を個人で輸入するということにいろんな誤解があるようです。ですが、これは違法ではありません。

まず、日本の薬事法と厚生労働省の承認認可などを知っておく必要がありますが、個人的に使用するために輸入することは認められているんですね。

因みに、海外に旅行に行って現地で買った薬や薬用品などを持ち帰ることがあります。その時には、税関で数量や内容などの申告が必要ですね。

個人輸入をするときも同じです。申告が必要です。

そして、薬事法での規定に沿って、購入時は医薬部外品、サプリメントなどでも日本では薬とみなされることもあります。

物によっては数量が制限されることもあります。ですから、めんどくさいといえばめんどくさいというのが本音ですね。

■海外医薬品を手軽に手に入れる方法とは?

海外医薬品の中には、いわゆるジェネリック薬などもあります。

これには日本ではまだそれほどジェネリックとしては出回っていないものも多くあり、新薬とほぼ同成分でかなり安く手に入れることができるものもあります。

ただ、それをいちいち海外のサイトを検索して購入というのは少々無理がありますね。

しかも、日本の厚生労働省が認可しているかどうかを調べるのも時間がかかります。

そんな時には、海外医薬品個人輸入の代行がやはり一番おすすめです。

海外の医薬品や医薬部外品を自分で使うために、制限されている範囲内の数量を輸入することは全く問題ありません。

でも素人が一からするというのは無理がある、ということでしっかりした業者が輸入を代行することも認められています。

そうした業者を通して個人輸入することができます。

でも、気をつけたいのは個人輸入代行をお願いし手に入れた商品を転売することは禁止されています。むやみやたらに人に配ってもいけません。

あくまで個人で使用するために、というのが大前提です。

■個人輸入できる海外医薬品にはどんなものがあるの?

くすりエクスプレスで個人輸入できる医薬品の種類はかなり多いです。

例えば、ダイエットサポート薬ED治療薬、ビタミンやアミノ酸のサプリメント、育毛剤(AGA治療薬)といったものから、処方箋が必要な薬に至るまで幅広く認められています。

実際に日本でバイアグラ、レビトラ、シアリスなどED治療薬を買うと高いですが、安価なジェネリック育毛薬が個人輸入できます。

育毛剤だとリアップ(ミノキシジル)やプロペシア(フィナステリド)なども病院だと非常に高いですが、個人輸入で安いジェネリック薬を処方箋なしで買えるんです!

自分が欲しい薬が手に入るのかどうか、信頼できる代行業者に確かめることができますね。

老舗の個人輸入代行はシンガポールにありますし、日本語でのサポートもやってます。間違っても中国の安いお薬など買わないようにしましょう。

購入の際に、説明が不十分であったり、少しでも疑問が残る場合はさらに信頼できる代行業者を探しましょう。

海外医薬品の個人輸入を上手に賢く選んでお得な生活を目指しましょう!

個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入のメリット・デメリット

最近、海外の医薬品を個人輸入する方が増えています。

それでもやっぱり海外の医薬品ということで躊躇する方もおられますね。

そんな海外の医薬品を個人輸入する上でのメリットとデメリットの両方を見てみましょう。

■海外医薬品個人輸入のメリットとは?

海外医薬品の個人輸入は何といっても、安価でいい品を入手できるというメリットがあります。

海外では日本よりもジェネリック品が普及しているので、普通に薬を買うよりもずっと安く、同じ効果の商品を手に入れることができます。

海外の医薬品と一口に言っても商品例は多岐に及びます。

特に、個人輸入という形で多く購入されているのが、男性のED治療薬です。

これは海外の方がジェネリックが充実しているから、という理由と、やはり病院に行かなくてもいいというのが大きい理由ですね。

個人輸入は基本通販なので、プライバシーが守られるというメリットがあります。

そのため、ED治療薬や、育毛剤(AGA治療薬)ダイエット薬抗生物質抗うつ剤などの需要がとても大きいようです。気持ち、なんとなく分かりますよね。

さらに、ピル美容医薬品などの需要もあります。病院に行く手間が省けるので助かるという意見が多いようです。

また、最近では信頼できる海外医薬品の個人輸入代行業者に頼むことができるようになっているというのも大きな理由です。

自分一人で個人的に輸入しようと思うと、関税や薬事法など分からないことが多いのでいろいろ難しいですね。

個人輸入を代行してもらえば、普通に通販サイトで買い物をするのと同じような感覚で、安全で安価な薬を買うことができます。

長期にわたって使用するものや、ほかの人に知られたくない商品でも心配いりません。恥ずかしい思いをすることも、めんどくさい思いをすることもありません。

■海外医薬品個人輸入のデメリットとは?

では、海外医薬品の個人輸入をする上でのデメリットにはどんなものがあるでしょうか?

数量が制限される場合があるというデメリットがあります。海外医薬品の個人輸入はあくまで本人が使用するためのものです。

転売などは禁止されています。また、品物によると一回に注文できる個数が制限されることもあります。

通常の通販なら、良いと思ったものをいっぱい買ってみんなでシェアもできますが、海外医薬品の場合そうできないこともあります。

それでも、自分で使用するものの購入に関しては不便を感じることはまずありません。

ただ、海外医薬品の個人輸入がスムーズにいくかどうかは、代行業者が信頼できるか否かが大きなポイントとなってきます。

一部ではありますが、質の悪い製品を扱っていたり、厚生労働省の基準を正しく把握していなかったりする場合があります。そうなると、後々めんどくさいですね。

海外の医薬品の個人輸入では、豊富なジェネリック薬の中から自分の欲しいものを安く安全に購入することができます。

メリットデメリットをよく考え上手に活用してみましょう。

個人輸入の注意点

最近海外の医薬品を手軽に個人輸入で入手できるようになっています。

特に、男性のED治療薬とか、育毛剤、女性のピルなんかは、病院に行かなくても購入できるので、「恥ずかしい思いをしなくていい」「めんどくさくない」と大好評です。

しかし残念なことに、その反面「こんなはずじゃなかった」といったトラブルが起きているのも事実です。

では実際に海外医薬品の個人輸入を利用するときに、どんなことを注意するべきなのかを押さえておきましょう。

■処方箋なしでもオッケー!でも自己管理が大切!

海外医薬品の個人輸入の大きなメリットは、「処方箋なしでも購入できる」というものがあります。

これは、病院や薬局を回らなくてもいい反面、自分でしっかり調べないといけないということでもあるのです。

よく聞くトラブルが、「前に病因で処方してもらったのと同じ薬をジェネリックで購入したのに、アレルギー反応が起きた。ジェネリックってやっぱり粗悪品なのでは?」というたぐいのものです。

もちろん、海外の医薬品の中には粗悪なものもあります。でも、こうしたトラブルで一番多いのは「飲み合わせが悪い」場合です。

以前に服用したことがある物同士でも飲み合わせが悪いとアレルギーのような反応が出てくることがあります。

薬剤師さんたちが「ほかに使用しているお薬はありませんか?」と聞くのはこの飲み合わせを見るためなんですね。

ですから個人輸入の薬を使用するときにも、自分でネットなどで薬の特性を調べて管理する必要があります。

また、個人輸入では抗生物質や、ある種の性病の薬なんかも入手できます。

でも、自分の自己判断でこうした薬を使用することはあまり勧められません。めんどくさくてもお医者さんに相談するようにしましょう。

■個人輸入で購入するのは自分で使用する物だけ!

個人輸入で購入するのは、あくまで自分で使用するためだけです。代行業者さんも、個人使用に関してのみ代行業が認められています。

ですから、転売や、友人や知り合いに変わって購入してあげるということはやめてください。

あまりよくあることではありませんが、夫(男性)の名義でピルを購入し転売を疑われてトラブルになったということもあります。これがいわゆる普通の通販とは違う点ですから、よく注意しましょう。

家族や恋人、友人の物でも必ず使用者本人の名義で購入すべき!ということです。

■信頼できる代行業者を選ぶこと

海外医薬品の個人輸入で気を付けること、これは最大の注意点と言っていいでしょう。「信頼できる代行業者さんを選ぶ」という点です。

残念なことに、質の悪い代行業者さんもいます。その場合海外の医薬品の中でも質の悪い商品をつかまされたりという可能性もあります。

くすりエクスプレスもそうですが、老舗の実績のある個人輸入代行はシンガポールにあります。

必ず事前に会社概要や、今までの取引状況、口コミなどをチェックして、信頼できる業者さんであることを確認した上で利用しましょう。

海外医薬品の個人輸入は、上手に活用出来たらとても便利でお得なシステムです。トラブルを避けるためにははじめに注意点を守ることが大切ですね。

個人輸入では処方箋がいりません

海外の医薬品の個人輸入、利用者はどんどん増えています。

なんといっても、慣れてしまえばめちゃめちゃ簡単にジェネリックなど欲しい薬が安く手に入るといういいこと尽くめのシステムですからね。

さらに、処方箋がなくても医薬品が購入できてしまうという点もあります。

でもこれにはメリットとデメリットがありますね。海外医薬品の個人輸入を考える場合にはこの処方箋の有り無しについてぜひとも知っておきたいと思います。

■海外医薬品、どうして処方箋なしでOKなの?

日本では一般的に、病院で診察してくれたお医者さんが薬の量や使用法に関しての指示を書いてくれます。

それを見て調剤薬局などの薬剤師さんがお薬をくれますね。いわゆる処方箋制度です。

これは日本の薬事法で決められている方法です。

処方箋を書くことで、お医者さんは患者さんの薬の使用法に関して責任を持ってくれるのです。

そのため、処方された薬が全く逆効果で病気を悪化させたとしたなら、私たちはお医者さんに責任を取ってもらうことも可能です。

しかし、これは国内に限ってのお話で、薬事法では海外医薬品を購入することに関して、個人的な利用に限るという縛りはありますが、処方箋をいちいち確認することはありません。

ですから、海外医薬品を個人輸入で入手する場合、処方箋を提出する必要がないのです。

また、現在日本ではまだ認可されていないため、お医者さんが処方することはない薬でも、個人輸入により入手することができるものもあります。

そのため、自分が使用したい薬をはっきり正確に把握している場合は、個人輸入という形で手に入れるとグッとお得になりますね。

■処方箋が要らない、に潜む危険とは?

海外医薬品の個人輸入に処方箋が要らないと手放しで喜んでばかりもいられません。

なぜかというと、私たちが服用する薬に責任を持ってくれる人がいない、という意味でもあるからです。

個人輸入を代行してくれる業者は、医者ではありません。薬を販売しているわけでもありません。あくまで、個人が欲しいと思う海外のお薬を輸入する手伝いをしてくれているだけです。

代行業者が、偽物の薬と知っていながらそれを販売しているとか、個人が依頼した薬と全く違うものと知りながら届けてきた、ということになれば話は変わります。
でもそれ以外の、例えば自分が自己判断によりほしいと思った薬を依頼し、それを服用した結果事態が悪化したというときはあくまで自己責任で、代行業者には責任を問えません。

個人輸入で海外医薬品を手に入れるなら、処方箋が要らないので、病院に行く時間や費用を削減できます。

でも、それらの薬品が日本国家に認められている、推奨されているという根拠はありません。

こうした両面の事実をしっかり理解したうえで、信頼できる代行業者を選び、自分の本当に欲しい商品をしっかり見極めておくことでトラブルを回避し、賢く個人輸入制度を活用していくことができますね。

薬事法って?

海外の医薬品を個人輸入で購入するときに何度も目にするのは「薬事法」というワードです。

なんとなく、医薬品のことに関して決めてある法律だろうと想像はつきますね。でも具体的にどんなものなのかは知らない方のほうが多いと思います。

ここでは薬事法とは何なのか、海外医薬品の個人輸入で知っておきたい内容などに特に注目してみます。

■薬事法って何なの?

薬事法とは何なのか、簡単にいうと「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」の品質を確認し、安全であるかどうか、本当に有効かどうかなどを管理していくための法律です。

保健衛生の向上を目的としています。

そして、国内で生産される薬だけでなく、海外から持ち込まれる薬に関してもある程度の規定を設けています。

薬事法は単独で何か効力があるというよりは、薬事法の中で、厚生労働大臣の承認・許可を取るようにと規定していたり、地方厚生局で証明を受けるようにという規定しているんですね。

基本的には、薬事法では海外の医薬品を個人で使用する場合に限り輸入を認めています。また販売目的でないのなら、個人輸入を代行することも認められています。

この個人で使用する場合において、というのがポイントで、それを証明するために数量が制限されている場合があります。それを詳しく見ていきましょう。

■薬事法で決められている数量、品目について

海外医薬品を個人輸入する際の数量に関してですが、まず日本国内で販売されている医薬部外品扱いの品、例えばドリンク剤やサプリメント、養毛剤や除毛クリームなんかも個人輸入の時には医薬品扱いになることが多いです。

それを踏まえて数量を見ていきましょう。

  • 軟膏や目薬など外用薬=標準サイズで1品目24個以内
  • 処方箋薬=用法用量から見て1か月分以内
  • 上記以外の医薬品=用法用量から見て2か月分以内

例えば、1日2回2錠服用する錠剤の場合、(2錠×2回)×30日×2か月で、240錠までが認められるという計算です。

これを超える量を個人輸入で購入しようと思う場合、薬監証明を申請しなければいけません。

また、個人使用を訴えても当然認められない品目もあります。

  • 覚せい剤、また覚せい剤の原料となる物
  • 大麻
  • 指定薬物
  • ワシントン条約で規定されているもの

その他にも、医療用の麻薬、または向精神薬の場合は、地方厚生局の許可や医師からの証明書が必要になります。

■賢く個人輸入を利用するには

しかし、個人輸入を賢く利用すればかなりお得になります。個人輸入では処方箋が必要ありません。

また、薬事法では日本で認可されていなくても個人使用の目的であれば、輸入できるようになっています。

そのため、特に育毛剤ピルED治療薬抗生物質などは病院に行くよりも簡単に、安く購入することができます。

実績のある個人輸入代行業者は、薬事法にも通じているので、「自分が欲しいものがあるがどうすればいいかわからない」というときは尋ねてみるといいですね。