男性の薄毛・抜け毛

男性の薄毛(AGA)の治療には2つの方法があり、1つは『抜け毛を抑える』2つ目は『新たな髪を発毛させる』です。抜け毛の阻止には、フィナステリド配合のプロペシアやジェネリックが、発毛にはミノキシジル外用薬や錠剤が使われます。いずれも米国FDA、日本皮膚学会が推奨するお薬で、市販の育毛剤にはいずれの成分も含まれません。プロペシアや安価なジェネリック、ロゲイン(リアップ)のジェネリックを取り扱っています。

女性の薄毛・抜け毛

女性の薄毛や抜け毛の原因は女性ホルモンのバランスやび漫性脱毛症などがあり、男性のAGA治療に使用するフィナステリド配合薬は使えません。その代り、低濃度ミノキシジル(1%、2%)の外用薬が一般的です。リアップジェンヌの安価なジェネリックなどを取り扱っています。

頭皮治療(脂漏性皮膚炎・かゆみ・フケ)

脂漏性皮膚炎が原因の症状は、フケ、頭皮のかゆみ、湿疹などで、放置すると脱毛の原因になり、毛根に皮脂がたっぷりついた状態で毛髪が抜ける症状が発症します。治療には菌の増殖を抑えるニゾラルシャンプーで治療します。

片頭痛・群発頭痛・緊張型頭痛

偏頭痛、群発頭痛の痛みを効果的に抑えるスマトリプタンは、これまでのお薬よりも激しい痛みにも有効。片頭痛の治療を一変させたお薬として、多くの頭痛薬の主流の成分です。

うつ病・不安・パニック

うつ病の原因は脳内伝達物質セロトニンの減少、その機能が低下することで起こるとされています。うつ病や不安障害、その他の精神疾患の多くの治療薬はセロトニンの分泌量を増やして症状を改善します。

不眠症(寝付けない、目が覚める)

うつ病や不安障害、パニック障害、日々のストレスの蓄積で心身が緊張し、布団に入っても寝付けない、深夜に目が覚める症状を睡眠障害と呼び、睡眠導入剤(睡眠薬)を服用して治療することがあります。

統合失調症

統合失調症は、以前は精神分裂病という名称の疾患で、厳格、妄想などがあらわれる陽性症状、意欲の喪失や感情表現の喪失などが現れる陰性症状、記憶力や注意力が散漫になる認知障害の3つがあります。

てんかん

てんかんとは、ひきつけ(痙攣)の病名で、筋肉と脳との通信がうまくいかず、全身の筋肉や一部の筋肉が発作や収縮を起こす症状です。通常、生後の1円未満~10歳あたりまでに起こることが多く、その後減って行きます。

あがり症・狭心症・不整脈

狭心症は、心筋が一過性の酸欠になることで胸部に痛みを感じ、胸が締め付けられるような痛み、胸部の圧迫感を感じる病気です。

ナルコレプシー

ナルコレプシーとは昼間に突然眠り込んでしまう病状です。日本では600人に1人の割合で発症し、睡眠発作の症状がいつ起きるか予期できません。

ストレス・睡眠・免疫力

睡眠は心身の健康の基本で、睡眠不足はうつ病など精神疾患から肌、髪の毛の健康の悪化、肥満体質の促進など、様々な健康被害の原因となります。睡眠には『メラトニン』と呼ばれる睡眠ホルモンの十分な分泌が必須で、加齢やストレス、生活習慣で減少するため補充が大切です。

脳機能(集中力・記憶力・認知力)

加齢や生活習慣などで脳機能は徐々に低下しますが、脳を活性化し、集中力、記憶力や認知力を改善するのがスマートドラッグと呼ばれるお薬です。若者の学習能力の向上から脳の老化の防止や老人の認知症の改善など、幅広く用いられます。

白内障・緑内障

白内障とは、眼の中にある「レンズ」の役割をしている水晶体が加齢とともにその「たんぱく質」が変性し、次第に「白く」白濁する症状です。緑内障とは、眼房内の房水の産生と排泄のバランスが崩れること圧力(眼内圧力)が高まり、視野が狭くなったり失明の原因で、目の痛みや疼痛も生じえます。

目の充血除去・セレブ目薬

起床時やパソコンや携帯の使用で目が乾燥したり、水泳などで目が充血します。通常の目薬は目の潤いを与え乾燥から保護しますが、いったん充血した場合は市販の目薬では白く改善しません。また、ルミガンなどまつげ育毛剤の影響で充血した目の改善にも使われます。

まつげ育毛

日々のまつげ美容(ビューラー、エクステ)でまつげは切れやすく、抜けやすく、短くなりますが、ビマトプロスト成分が自まつ毛を長く、太く、抜けにくく育てます。グラッシュビスタ、ラティースが有名ですが、非常に値段が高いため、ジェネリックのルミガン、ケアプロストが人気です。

目の下のくま

目の下のくまには青、茶、黒の3種類のくまがあり、それぞれ原因が異なります。メラニン色素や角質層の乾燥、血流で黒ずむなどの原因があります。

花粉症・目のかゆみ

花粉症のアレルギーには様々な症状があり、主要な症状は、「くしゃみ、鼻水」、「鼻づまり」、「涙」、「身のかゆみ」などでしょう。くしゃみ、鼻づまりやその他の症状には『抗ヒスタミン薬』が用いられます。

アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉症のアレルギーには様々な症状があり、主要な症状は、「くしゃみ、鼻水」、「鼻づまり」、「涙」、「身のかゆみ」などでしょう。くしゃみ、鼻づまりやその他の症状には『抗ヒスタミン薬』が用いられます。

いびき

いびきの原因は喉の奥の狭くなったり緩んだりして呼吸時に震えて音を発することで、口腔シートやのど飴、口腔スプレーはそのたるんだ部分を引き締めて気管を広げることでいびきを改善します。

インフルエンザ

インフルエンザは毎年12月頃から増え始め、1月から3月が流行のピークになります。ワクチンを受ける場合は11月には接種を受けておくことが望まれます。治療薬は抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザです。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスはヘルペス・ウィルスへの感染が原因で発症する病気です。いちど感染するといったん症状が治まっても、過労や寝不足などで体力が落ちたときに再発します。

禁煙

タバコにはニコチン、タールが含まれ、ニコチンは脳のニコチン受容体に作用して依存症を引き起こします。タールには数多くの有害物質(発がん性物質を含む)を含み、多くの健康被害の原因です。禁煙外来は最長12週間でチャンピックスが主に用いられます。

アルコール依存症

アルコール依存症は徐々に進行し、飲酒の習慣から精神依存へと悪化します。アルコールの依存性は非常に強く、アカンプロサートなどの治療薬で飲酒欲求を軽減して治療します。

シミ・くすみ・肝斑・シワ

肌のトラブルであるシミ、ソバカス、老人性色素斑などは、主にメラニン色素の沈着が原因で、色素沈着を改善する美白医薬品が用いられます。また、肝斑はシミとは異なり女性ホルモンが原因で、トラネキサム酸が使われます。

アンチエイジング

成長ホルモンが不足すると老化の一環とて疲労、不眠、性欲、記憶力、肌のはり、バストやおしりのはり、髪の毛などに影響が出ます。成長ホルモンの分泌を促進する目的でHGAスプレーを使用したり、コエンザイムQ10により老化の原因フリーラジカル(活性酸素の攻撃)を防止します。

ニキビ・吹き出物

毛穴の周りの角質が厚くなり毛穴がつまり、その中に乾いた皮脂や角質が蓄積するとニキビになります。ニキビには黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビながあり、アクネ菌が原因です。

むくみ

むくみは体内に余分な水分が溜まることで起こるため、ループ利尿剤などが治療に使用されます。むくみは顔や手足に出やすく、お酒を飲んだ翌日、塩分を多くとった翌朝などにも良く出ます。夕方に軽くむくむことが多いですが、それは特に心配ありません。

局所麻酔

レーザー脱毛前の肌の局所麻酔に使われるのがエムラクリームです。施術箇所に塗って1時間ほどで麻酔効果が現れるため、クリニックや自宅の施術でも用いられます。

ぜんそく、気管支炎

ぜんそくとはは、気管支など空気の通り道が炎症等により狭くなり、息苦しくなる病気です。ぜんそくの場合、気道が外からの刺激に敏感稲荷、たばこ、冷えた空気なんどにも敏感になります。治療は発作を予防する気道の炎症を治療するお薬が主流です。

胃もたれ・胃炎・胃潰瘍・逆流性食道炎

胃炎、胃もたれ、胃潰瘍などは食物を消化する胃酸過多で胃の粘膜をを傷つけたり消化してしまう症状で、ピロリ菌の感染も影響があります。

便秘・消化不良

便秘は排泄の回数がすくない場合排泄物がお腹にたまって便通が悪くなり、お腹の痛みや残便感があります。痛みが無い場合は便秘とはいえません。

肥満

肥満治療にはゼニカルなど食事の脂肪摂取を減らすオルリスタット成分配合のお薬が主流で、クリニックでも定番のお薬です。もう一つ、最近注目される『低糖質ダイエット』の保護として、糖質、炭水化物の吸収ブロックも一般的になりました。糖質を上げるとインスリン分泌が進み、脂肪を溜めやすい状態を作り出すからです。

糖尿病

糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用が低下し、血液中のブトウ糖が高くなる状態で、インスリンの作用が低下する2型糖尿病が主要なタイプで、インスリン抵抗を改善するメトホルミンが使われます。同時に、血糖値を上げない食生活(糖質、炭水化物の制限)を心がけます。

食欲・脂肪代謝

肥満治療として過剰な食欲をおさえたり、脂肪燃焼を高めるために脂肪代謝を改善することが可能です。同時に睡眠不足は食欲を高めるため、十分な睡眠確保も大切です。

高血圧

血圧が正常範囲を超えて常に高い状態が高血圧で、自覚症状はありませんが、脳卒中、腎不全などの原因になります。

高コレステロール(高脂血症)

高脂血症とは、血中の悪性コレステロール(LDL)の過多になり、陽性のHDLコレステロール値が下がる病気で、動脈硬化の原因で心筋梗塞や脳卒中などの原因になります。

肝臓疲労・脂肪肝・肝炎

暴飲暴食などで肝臓が行う代謝やデトックス能力が低下すると肝臓の疲れとして現れます。肝機能が低下すると身体への多岐に及ぶ影響があります。脂肪肝とは過剰な脂肪が肝臓にたまった状態で、幹細胞の3割以上だと脂肪肝とされます。

むくみ

むくみは体内に余分な水分が溜まることで起こるため、ループ利尿剤などが治療に使用されます。むくみは顔や手足に出やすく、お酒を飲んだ翌日、塩分を多くとった翌朝などにも良く出ます。夕方に軽くむくむことが多いですが、それは特に心配ありません。

冷え性

冷え性とは、寒くないのに手足が冷えたりベッドに入っても足が冷たいと感じることで、女性に多い症状です。主な理由は女性は男性より発熱効果のある筋肉量が少ないためや低血圧、貧血の人が多いからとされます。

湿疹・赤み・アレルギー・アトピー

アトピーとは、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎等の原因となる免疫を持つ状態で、アトピーの人はその免疫の働きが過剰に働きます。

乾燥肌・バリア機能低下

肌のバリア機能とは、肌の内側に水分を保って肌から水分蒸発を抑制し、常に肌の潤いを保持しようとする機能です。バリア機能が低下すると肌の乾燥や多岐におよぶ肌トラブルが発症します。

多汗症・ワキガ

多汗症とは、交感神経の失調が原因で体温が高くないのに汗が過剰に出る疾患です。発汗は緊張や不安など心因性の原因でも起こりますが、多汗症は神経の失調が原因で起こる過剰な発汗を指します。

水虫

水虫とは、白癬菌と呼ばれるカビの一種が皮膚の角質層に入り込むことで発症する皮膚病です。高温多湿で白癬菌が活発になるため、女性にも最近多く見られます。

痛風・尿路結石

痛風とは、血中の尿酸値が高まり、尿酸の結晶化により強烈な痛みを起こす病気です。通常は、足の親指の付け根への痛みが特徴的です。プリン体は体内で生成されるため、食事の注意も必要ですが、尿酸値を下げることが必須です。

関節痛・五十肩・関節炎

関節炎とは関節の炎症をともない、局所と全身に現れる症状があります。五十肩とは中年以降に肩関節の周りに痛みが発症する疾患です。

かかとのひび割れ

かかとのひび割れの原因は、まず乾燥、または水虫の場合もあります。水虫の場合は治療薬でしっかり治しましょう。特に冬にかかたのひび割れがある場合、保湿剤ヒルドイドなどで保湿は十分行いましょう。

ED(勃起不全)

EDは若い男性から高齢者までに起こる勃起不全で、緊張や不安で勃起できない場合や、ペニスの中折れ、硬さの低下による性行為の満足度の低下など全てを含みます。バイアグラ、レビトラ、シアリスが改善薬といて使われます。

EDジェネリック薬

ED治療薬には成分が先発薬と同じジェネリックが多数開発されており、価格メリットが高いのが特徴です。それぞれの成分には特徴があり、勃起硬度を維持するのは同じですが、効き目や作用持続などが異なります。

早漏症

EDと同時に発症しやすいのが早漏症で、現在ではダポキセチンと言う成分が射精時間の延長を行う特効薬の成分として広く使用されています。早漏とEDを同時に改善するお薬も多々開発されており、ED治療成分とダポキセチンが配合されています。

精子量の減少や活力

精子量は精子の活発度は加齢や男性ホルモンの分泌量により低下し、男性の精力などへの影響や男性不妊症の原因にもなります。

女性の不感症・性交痛

女性の不感症や性交痛の原因として膣乾燥や女性ホルモンの低下などが挙げられます。ジェルの使用や、女性用バイアグラと称されるお薬による性感の向上などが行えます。

男性サイズの不満

男性器の勃起時のサイズはED治療薬の使用で高まりますが、常時のサイズアップなどにはアルギニンを含む多くの天然成分が用いられます。

性感染症(STD)

性病にはクラミジア、ヘルペス、コンジローマ、カンジダ症、淋病、トリコモナスなどが多く、それぞれ効果的な治療薬があります。

頻尿・尿意切迫・尿失禁

頻尿や尿意切迫などは膀胱の過度な活動が原因です。頻尿は1日に8回以上おしっこでトイレに行く場合とされます。尿意切迫や尿失禁は女性に多い症状で、抗コリン薬などが用いられます。

前立腺肥大症・排尿困難

前立腺肥大症とは前立腺が肥大して排尿障害を起こす病気のことで、加齢のほかに食生活や肥満、高血圧、脂質異常、高血糖なども原因と言われています。

痔とは、肛門や肛門周辺に発症する病気の総称で、代表的な痔には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻の3種類があります。

避妊・生理痛・PMS

PMSとは、生理の3~10日くらい前から起こる、不快な症状の総称で、イライラ、腹痛、頭痛や眠気などがあります。PMSや月経不順、月経痛などは低用量ピルの服用で改善します。

更年期・ホルモン補充

更年期障害とは、40代から50代の女性に起こる症状で、卵巣機能が低下してエストロゲン、特にエストラジオールが減ることでホルモンバランスの乱れとなり、ホットフラッシュ、イライラ、うつ、不眠、頭痛、疲れなどが起こります。ホルモン補充療法で改善します。

緊急避妊

コンドームなど避妊をせずに性行為を行った場合の緊急避妊に用いられるのがモーニングアフターピルです。