色白の方の鼻、肩、背中に出やすいシミはそばかす(雀斑)

そばかすの症状・原因と改善法

そばかすとは

そばかすは、ほほ骨から目の下、鼻にかけてポツポツと点状に広がるシミで、大きさは直径2~3mm以下です。

人によって肩や背中にもできることがあります。医学用語では雀卵斑といいます。

ふつうのシミ(老人性色素斑)と違って、子どもの頃や思春期にできる遺伝性のシミです。色白の人に多く、白色人種に多発します。大人になると自然に消える場合と、中年以降も残る場合があります。

そばかすも紫外線の影響で濃くなります。春から夏にかけて濃くなり、冬には薄くなる傾向がありますが、季節的変動はそれほど大きくありません。

そばかすを濃くしないためには紫外線対策がもっとも重要です。美白やレーザー治療で薄くすることは可能ですが、遺伝的に紫外線に反応しやすい肌質なので、再発することが多くなります。

そばかすの対策はコンシーラやファンデーションのメイクでカバーすることが中心になります。

そばかす美人という言葉もあるように、チャームポイントと考える発想の転換も必要かもしれません。背中のそばかすをセクシーだと思う男性もいるようですよ。


そばかすの原因

そばかすは色白の人に多い遺伝的なシミで、多くは幼少時に発生し思春期にもっとも濃くなります。そばかすができる詳しいメカニズムは分っていません。

そばかすは日本人より白人が多く、とくにアングロサクソン系の金髪で色白の人種では多く見受けられます。

そばかすができる肌質は遺伝的なものですが、直接的な原因は紫外線なので日頃の紫外線対策でそばかすを薄くすることができます。紫外線が強い夏にはそばかすが濃くなり、冬は薄くなる傾向があります。

そばかすは思春期を過ぎるとしだいに薄くなるケースが多いのですが、多量の紫外線を浴びていると中年以降も残ることがあります。

老人性色素班や肝斑のようにホルモンバランスやストレスの影響を受けることはほとんどありません。


そばかすの改善法

そばかすを濃くしないためには紫外線対策を厳重に行なうことがもっとも重要です。UVカット化粧品のほかに、つばの広い帽子や日傘を活用しましょう。

そばかすは遺伝的な要素が強いので薬による治療で完治することはできませんが、薄くすることは可能です。

治療薬はふつうのシミ(老人性色素班)とおなじ、ハイドロキノントレチノイントラネキサム酸が有効です。

美容クリニックや皮膚科でのレーザー治療や光治療でもそばかすを消すことや薄くすることができますか、効果は一時的で再発するケースがほとんどです。

思春期や20代のそばかすは、強い美白や外科的な施術はおすすめできません。

そばかすは中年以降は自然に薄くなることが多いので、それまでは紫外線対策を中心にしてメイクでカバーするようにしましよう。