まつげのエクステ、まつげパーマ、つけまつげはまつげダメージ(まつげの脱毛、縮毛)の原因。ルミガンやケアプロストで長く、濃く、抜けにくいまつげを!
 

メイク時間の多くをしめるアイメイク

女性の朝がバタバタと忙しくなる理由のひとつに、メイクに時間がかかるということがあります。なかでもアイメイクはマスカラを何種類か使う場合などはとても手間がかかります。
 

手間がかかるだけならまだしも、マスカラには汗や涙で流れて目が真っ黒になるというおおきな欠点があります。つけまつ毛にはその心配はありませんが、ちょっとナチュラルさに欠けるのが気になるという人もいます。
 

まつ毛のエクステ、つけまつげが流行るのはこういう理由があるからでしょうが、そのエクステにもいろいろ問題があります。


エクステすることで自前のまつ毛が抜けてしまったとか、接着剤のグル―でまぶたがかぶれた、結膜炎をおこしたという話はよく聞きます。人工まつ毛の繊維が目の角膜に傷をつけたというケースもあります。
 

危険なまつげケア

まつげの伸ばした、綺麗に見せたい一心でまつげのエクステ、つけまつげ、ビューラーでのまつげカールを日々重ねていると、まつげへ多大なダメージを与えますので、注意が必要です。
 

エクステ、つけまつげ、ビューラーでのまつげケアによるまつげダメージ

  • まつげが抜けやすくなる
  • 接着剤でまぶたがはれる、結膜炎をおこす
  • まつげが短くなる(縮れ毛)
  • まつげが細くなる


「自前の美しいまつ毛」はすべの女性の夢

自前のまつ毛が濃くて長かったらなぁ、というのはすべての女性の夢ですが、この夢をかなえるのが「まつ毛の育毛剤」です。


現在まつ毛の育毛剤としてアメリカ食品医薬品局(FDA)で承認されているのはビマトプロストという成分です。


これはもともと緑内障の患者の眼圧を下げる薬として使われていたものですが、この薬を使用している患者のまつ毛が濃くなることがわかって、2008年にまつ毛育毛剤として承認されました。
 

ビマトプロストを成分にするまつ毛育毛剤には、ルミガン、ケアプロストなどがあります。


アイブラシなどの細い筆でまつ毛の根元にぬる薬です。ビマトプロスト剤はまつ毛の毛包の活性を高めて、まつ毛の本数を増やし、太く、長くするはたらきがあります。


ビューラーやまつ毛パーマでまつ毛を傷めてしまったときのケアにも使えます。
 

ルミガンを製造しているアラガン社が278人を対象に4か月使用試験をしたところ、78%の被験者にまつ毛が「濃くなる」、「長くなる」「色が濃くなる」という効果が認められたと報告されています。
 

1日1回まつ毛の根元にぬるだけのまつ毛育毛

まつ毛育毛剤は、まわりの皮膚がうすい下まぶたのまつ毛にはつけず、上まぶたのまつ毛だけに使用します。1日1回、アイブラシに育毛剤をつけてまつ毛の根元にぬると、8週目くらいから効果があらわれます。
 

まつ毛育毛剤は使用後16週目くらいに効果が最大になるので、それをめどに使用を継続するか、中止するか判断します。効果があった場合も使用をやめると、まつ毛は数か月でしだいに元の状態に戻ります。
 

まつげ育毛剤(ビマトプロスト配合)の通販

まつげ育毛剤ルミガンとブラシセット
ルミガン
まつげ育毛剤ケアプロストとブラシセット
ケアプロスト
充血除去(セレブ愛用目薬)
クリアリン目薬

 

 

「病気・症状と治療薬を学ぼう」他のトピック

ジャンルタイトル
女性薄毛 女性の薄毛(FAGA)と育毛剤
男性薄毛 ミノキシジルと育毛
男性薄毛 フィナステリドと育毛
ED・早漏 EDと早漏の関係
ED(勃起不全) EDは男性の更年期障害
早漏 早漏と早漏改善薬
性病(STD クラミジアと治療薬
性病(STD) コンジローマと治療薬
性病(STD) カンジダ症と治療薬
性病(STD) トリコモナス症と治療薬
まつ毛育毛 まつ毛育毛と育毛剤
美白・美肌 シミくすみ・肝斑と美白クリーム
ニキビ 大人のニキビと治療薬
女性ホルモン 更年期障害と女性ホルモン剤
女性ホルモン 女性化(MTF)と女性ホルモン剤
うつ・不眠 うつと不眠症(睡眠障害)
白内障 白内障と治療法
あがり症 あがり症の改善とインデラル
アンチエイジング 睡眠とアンチエイジング
インフルエンザ インフルエンザと治療薬
花粉症 花粉症対策と治療薬
糖尿病 糖尿病のタイプと治療薬
片頭痛(偏頭痛 頭痛のタイプと治療薬
女性のむくみ 女性のむくみとむくみ取り薬