知らないと損をするED治療、AGA治療のジェネリック医薬品
―なぜインド製のジェネリックが高品質で低価格なのか

ジェネリック薬とはインド製ジェネリックとはインド製ジェネリックが安い理由インド製ジェネリックAGA治療薬インド製ジェネリック早漏薬

インド製ジェネリックED治療薬が低価格な理由

同じジェネリックでも日本製とインド製ではたいへん大きな価格差があります。例えばバイアグラジェネリックは、日本製は50mg錠が1錠1000円~1200円ですが、インド製は100mg錠が300円~500円です。輸入品なので為替の変動などで価格は変わりますがそれにしてもその差は圧倒的です。

その理由として考えられるのは、まず日本と比べたインドの人件費や物価の安さです。日本人の平均月収は約30万円ですが、インド人はその10分の1の約3万円です。

もう1つの理由は、世界のジェネリック医薬品の5分の1がインドで生産されているというスケールメリットです。2012年度のインドの医薬品の輸出総額は約160億ドルで、前年比で25%増加したと推定されています。仮にこの2ケタ成長が数年続くとするとシェアにおいても総額においても、インドのジェネリック医薬品の生産はまさにメガ産業というにふさわしいものになります。

インド製ジェネリックの品質(効き目と安全性)

「世界の薬工場」と言われるインドは上記のように世界に向けてのジェネリック医薬品の輸出を2ケタ成長の勢いで延ばしていますが、その事実がとりもなおさずインド製ジェネリックの品質の良さを物語っています。

とくにいま私たちが関心を持っているED治療薬、AGA治療薬のジェネリックは、インドの製薬会社のなかでも規模においても品質においてもトップクラスの会社の製品で、世界での使用実績も非常に豊富なので、効果の面でも、安全性の面でもじゅうぶん信頼できます。

インド製のジェネリックED治療薬

ED治療薬のインド製ジェネリックで定評ある製品には下記のようなものがあります。

バイアグラのジェネリックとは、シルデナフィル配合のED治療薬で、成分はバイアグラと全く同じ、効果や副作用も同等の後発薬です。シルデナフィル錠とも呼ばれます。

シアリスのジェネリックは、タダラフィル配合のED治療薬で、成分はシアリスと同じで勃起不全の治療効果や副作用などが同等の後発薬です。タダラフィル錠とも呼ばれます。

レビトラのジェネリックは、成分バルデナフィル配合のED治療薬で、効果、作用の時間、副作用などはバイエル製レビトラと同等です。バルデナフィル錠 とも呼ばれます。

ED治療薬には上記の「3大ED治療薬」に次いで4番目に開発されたステンドラがあり、それにもインド製のジェネリックがあります。

ステンドラのジェネリックとは、第4のED治療成分アバナフィル配合のED薬ステンドラと同成分を含むED治療薬で、アバナフィル錠とも呼ばれます。

製薬会社の名前は私たちにはなじみのないものばかりですが、どれも日本で言うと武田薬品工業とか第一三共クラスの大きな製薬会社です。例えばシプラ社はインドのジェネリック医薬品製造の最大手で、従業員数は1万5000人を超えます。世界の開発途上国に安価な抗HIV(エイズ)薬を提供していることでも有名です。

ランバクシー・ラボラトリーズも従業員数は約1万4000人で、ジェネリック医薬品の製造では世界のトップ10に入る企業です。8か国に製造工場があり、製品は世界150ヶ国以上で販売されています。