知らないと損をするED治療、AGA治療のジェネリック医薬品
―なぜインド製のジェネリックが高品質で低価格なのか

ジェネリック薬とはインド製ジェネリックとはインド製ジェネリックが安い理由インド製ジェネリックAGA治療薬インド製ジェネリック早漏薬

インド製のジェネリックAGA治療薬

AGA治療のもっとも基本的な治療薬は内服薬のプロペシア(フィナステリド錠)と外用薬のリアップ、ロゲイン(ミノキシジル)です。そのインド製ジェネリックには次のようなものがあります。

プロペシアのジェネリックとは、フィナステリド錠とも呼ばれますが、成分フィナステリド配合のAGA治療薬です。男性の抜け毛の原因に作用して脱毛を阻止するプロペシアと同等の育毛効果が期待できますが、価格がプロペシアの1/5ほどで1か月あたりの育毛コストを節約できます。

リアップ、ロゲインのジェネリックとは発毛成分ミノキシジルが配合された外用薬(塗り薬)と同成分ミノキシジル5%/10%が配合されたジェネリック薬です。朝晩に適量を手に取り頭皮に塗り込むことで発毛を促進するロゲイン、リアップと同等の育毛効果が期待できますが、価格は先発薬の半分以下で購入できます。

  • ツゲイン5%ツゲイン10%(シプラ社) 
    ※ツゲインにはミノキシジルの配合量によって、ツゲイン5とツゲイン10があります。
  • ツゲイン2%
    ※このジェネリックはミノキシジル配合量が2%と低用量で、女性の発毛薬リアップジェンヌのジェネリックになります。価格はジェネリックのため半値以下と経済的です。