今年もインフルエンザに備えましょう

タミフルは熱が出てから48時間以内に飲むのがポイント

インフルエンザの薬のタミフルとリレンザは、ウィルスの増殖を抑える抗ウィルス薬です。インフルエンザが発症(発熱)してから飲む薬で、予防ワクチンではありません。

したがってタミフルもリレンザも、ウィルスの増殖期つまり熱が出てから48時間以内に飲む必要があります。

インフルエンザは感染してから1~3日の潜伏期間を経て発症します。症状はいきなり40℃くらいの高熱がでて関節が痛くなり、強い倦怠感があります。

これが約48時間のウィルスの増殖期で、免疫機能と激しく戦っているために高熱がでます。この戦いを応援するのが抗ウィルス薬のタミフルとリレンザです。

この増殖期が過ぎると免疫機能が優勢になりウィルスの勢いは弱まります。したがって抗ウィルス薬はその前に飲まないと効かないというより、あまり飲む意味がないのです。

インフルエンザは熱が治まってからでも数日間は身体からウィルスを放出するので、発症してから1週間は会社や学校を休む必要があります。

症状を軽くし病期を短縮

健康な成人ならインフルエンザにかかっても自然治癒しますが、タミフルやリレンザを飲むことによって早く熱が下がり、病気も2~3日短縮します。

幼児や高齢者はインフルエンザ脳症や肺炎を併発して重症化することがあるので、予防ワクチンの接種とともに、発症したときはすぐにタミフルやリレンザを服用する必要があります。タミフルは錠剤なので、幼児の場合は吸入薬のリレンザが処方されます。

未成年がタミフルを飲んで高所から飛び降りるなどの異常行動を起こす可能性があると言われて処方をひかえる動きが広まったことがありますが、その因果関係は結局はっきりせず、発生例もまれなため現在では以前どおりに処方されています。

タミフルは予防薬としても使われることがあります

タミフルやリレンザは病気にかかってからのむ薬ですが、家族が発症するなど感染の確率が高いケースでは予防的に処方されることもあります。とくに高齢者は感染すると重症化することがあるので予防的な服用が必要な場合があります。

インフルエンザの潜伏期間は1~3日なので、予防のために服用するときは患者に接してから1~3日以内に飲む必要があります。

タミフルには成分が同じ後発薬いわゆるジェネリックがありますので、薬価が気になる方はタミフルジェネリックをご検討ください。