女性の大敵カンジダ症!再発しやすい感染症です。

カンジダ症の症状・原因・治療薬

カンジダ症とは

カンジダ症の病原菌カンジタとは、簡単に言うとカンジタ菌によるカビのようなものに感染して起こる性病の一種です。カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因で特に女性に多い性病です。

女性に多いカンジタ膣炎ですが、なんと5人に1人、生涯で75%以上の人が一度は感染したことがある、決して珍しくない性病です。

実はカンジタ菌はもともと皮膚や消化器官などに存在している常在菌なので発症しやすい症状ともいえます。

このことからもカンジタは性病の一種ではありますが、性感染症ではありません。

あくまでもカンジタ菌がもたらすものです。そのため、自己感染といって、もともと体内にいたカンジタ菌が過剰に増えてしまい症状が出てしまうというケースがあります。

体調不良や睡眠不足、ストレスなどが原因で菌が過剰に増えてしまったりもします。

他の性病と比べても、感染の確率はとても高く、また性行為を行わなくても感染してしまうので、とても身近な病気として覚えておきましょう。

カンジダ症の治療薬はこちら>>


カンジダ症の症状

カンジタは、感染者がとても多い性病です。感染者のほとんどは女性で、男性は感染しても症状が現れない人もいるので、女性の病気とも言われています。

カンジタに感染した時に現れる主な症状は、女性の場合は、ヨーグルトのような白いおりものの増加、膣のかゆみ、性器付近のかゆみ、性行為の時の痛み、排尿時の痛みなどがあります。

この中でも一番多い症状はヨーグルト状のおりものの症状です。これはあきらかに通常は異なる症状なので比較的身体の異常にも気が付きやすいかもしれません。

男性の場合はほとんど症状が現れないので気が付かない人がほとんどですが、症状としては、亀頭のかゆみ、亀頭から白いものがでてくる、尿道炎などがあげられます。

また、カンジタ菌は口内にも感染してしまうので、口内で感染してしまった場合は、口内炎や水ぶくれなどの症状が出ると言われています。

カンジタの特徴は、体調によって症状が左右されることです。体調があまり良くない時に感染してしまうと症状が重くなり、治すまでに時間がかかってしまうこともあります。

ひどい症状の場合はかゆみや痛みが強くなってしまうので早めの治療がとても大切。

発症確率、感染者が多い病気だからこそ、しっかりとした知識を身に着けて自分の身は自分で守れるようにしたいですよね。

カンジダ症の治療薬はこちら>>


カンジダ症の原因とは

カンジタに感染してしまう一番の要因は、実は自己感染です。

カンジタ菌は、人間の身体の特に性器周辺や口内、消化器官や皮膚などに存在している常在菌のため、実は健康な人の身体にも存在しているのです。

カンジタ菌は、通常の状態では悪さはしないので特に問題はないのですが、体調不良や睡眠不足、過度なストレスなどが原因で過剰に繁殖してしまい、身体に様々な悪い症状を引き起こしてしまいます。

これだけ聞くと、何も防ぎようがないのでは・・・と思うのですが、カンジタの症状が発生しやすい性器周辺の衛生面に気を付けておくだけでも感染発症リスクは減らすことができます。

カンジタはカビの一種なので、カビが好む湿った環境、汚れがある環境はよくありません。

生理中などは特に気を付けなければいけないのですが、できるだけ通気性の良い下着をはいたりしてできるだけ清潔に保つことを心がけましょう!

また、自己感染だけではなく、性行為による感染もあります。これは女性よりも男性が感染してしまうリスクが高いとも言われています。

特に免疫力が低下している時などは感染しやすいので体調不良などの時にはできるだけ性行為を避けるのがいいかもしれませんね。

男性が感染してしまう大きな要因は、女性からの感染です。

大切なパートナーに感染させないためにもカンジタの症状が少しでも見られる場合や疑いがある場合は性行為はせずに治療に専念するようにしましょう!

カンジダ症の治療薬はこちら>>


カンジダ症治療薬の種類

カンジタに感染した場合の主な治療方法は、男女で少しだけ異なります。

カンジタは感染者数が多く感染リスクも多いですが、治療薬も多くあるので早めに治療を行うことでしっかりと治すことができます。

女性と男性ともに、一番大切なのは感染部位を清潔に保つことです。感染している時、患部炎症を起こしているのでできるだけアルカリ性など刺激の強いせっけんなどの使用は避けるようにしましょう。

そして治療薬で使用されるのは膣錠や軟膏、クリームや経口錠などがあります。膣剤を処方される場合は比較的症状が重い場合で、ひどいときには1週間ほど通院して治療を行います。

有名なカンジダ症治療薬と言えばダイフルカン(フルコナゾール)、ラミシール(テルビナフィン)、ニゾラール、クロトリマゾールなどです。

また、患部に直接塗る軟膏やクリームは、抗真菌剤イミダゾール系のものが使用されます。

男性の場合はこの軟膏とクリームでの治療が基本になります。治療中は常に患部を清潔に保ち、できれば1日3回ほど治療薬を直接塗ります。

この治療を行えば早ければ1週間もすれば症状は良くなり治すことができます。

最近では、カンジタ用の治療薬として市販でも薬が販売されています。

ただし、セルフチェックを行ったうえで、また、薬局薬店の薬剤師からしっかりと説明を受けてから使用するようにしてくださいね!

カンジダ症の治療薬はこちら>>


治療薬の副作用

カンジタ治療に用いられる薬は、比較的強いものはありませんが、治療薬には少なくても何かしらの副作用がでる可能性は十分にあります。

副作用を知っておけばいざという時にも冷静でいられ、早めの対処もできるので、治療を行う前にはしっかりと頭に入れておきましょう。

内服のもので良くある症状としては、消化器系への症状では吐き気や下痢、そして嘔吐などがあります。

肝機能系でも症状が出てしまうことがあり、肝機能障害として食欲不振や発熱なども起こります。

これらの症状は比較的初期に見られる症状ですが、この症状が長く続いてしまう場合には早めに医師に相談するようにしましょう。

また、外用薬を使用して見られる副作用は、患部により強いかゆみや痛み、赤みが伴うこと、また、発疹や水ぶくれ、皮膚炎などがあります。

この外用薬は体内に取り込むものでは無いので、ほとんどは直接塗った患部にしか症状があらわれないので治療薬の使用を中止することで症状は緩和されていきます。

ただし、長く症状が続いてしまう場合は重篤なケースになることもあるので治療中には特に身体の変化を観察するようにしてくださいね。

カンジダ症の治療薬はこちら>>


カンジダについて動画で学ぼう