性器・肛門回りにイボができる尖圭コンジローマ!

コンジローマの症状・原因・治療薬

コンジローマとは

尖圭コンジローマのできる場所

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルスというウィルス菌が原因となる性病の一種です。ヒトパピローマウイルスは別名「HPV」とも呼ばれています。

主な症状は性器や肛門周辺にイボができ、悪性の場合はこのまま子宮頸がんの原因にもなる怖い性病です。痛

みなどがあまりないのでなかなか感染したことに気が付かない人が多いです

また、軽傷の場合は症状に気が付かないまま自然治癒力で治ってしまう場合もあります。

感染については、皮膚や粘膜などにある傷を通して菌が体内に入り込み感染してしまうので、感染経路で一番多いのは性行為です。

口からの感染率も高く、オーラルセックスを好む人も感染率は高くなっています。

また、粘膜からの感染なので、性行為だけではなく、温泉などお風呂場などからも感染してしまいます。

感染力は年々高まってきていて、日本における感染者数は年間で10万人に30人にもおよぶ割と多い性病です。

感染者が増えているということは、それだけ感染リスクも高まっているといってもいいですよね。

性に対する意識が緩んできている今、自分の身は自分で守るのがとても大切。

感染リスクをできるだけ減らしながら楽しんでいきるように性病についての知識をもつようにしましょう!

コンジローマの症状

尖圭コンジローマはクラミジアなどの性病に続いて日本でも男女共に感染者数が年々増えている、とても感染力の高い身近な性病です。

主な症状は、性器や肛門周辺にカリフラワーのようなボツボツとしたイボができます。

初期症状は小さなイボに始まって、ひどくなると大きなイボができてしまいます。

男性も女性も同じような症状がでて、ほとんどの方は痛みもかゆみもあまり感じないのが特徴です。

そのために、感染していても自覚症状はほとんどないのも問題です。

そして、コンジローマはヒトパピローマウイルスというウィルスが原因になっていて、このウィルスは感染してすぐに症状がでる人もいれば、体内に潜んでいて数カ月後に発症する、という人もいます。

この病気は性行為を行ったことがある人なら誰でも感染している可能性を持っていて、特にパートナーが多い人ほど感染率は高いと言えるでしょう。

感染しても無症状の人が多いこと、感染に気が付くのが遅れてしまうこと、パートナーが多いといつ誰から感染してしまったのかの特定も難しいです。

自分の感染リスクも高く、感染させてしまう可能性も高いということは頭に入れておきましょう!

イボには良性と悪性のもがあり、悪性の場合はガンになってしまう可能性もあるのでたかがイボと思っていてはとても危険。

お互いのためにも違和感がある場合にはすぐに医師へ相談にいくことを心がけてくださいね。

コンジローマの原因とは

尖圭コンジローマは性病の一種で、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウィルスによる感染症です。感染の主な原因は性行為や性行為に似たような行為と言われています。

粘膜を通して感染してしまうので、性行為だけではなく、傷口などがある場合はそこからも感染してしまう可能性は十分にあります。

そして、感染リスクがとても高いのがアナルセックスで、肛門に挿入するときに小さな傷ができ、そこから感染してしまう症例が多くあります。

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染しやすい人として多いのが男性で、その中でも包茎の人は特に感染しやすいと言われています。

包茎は包皮に常に覆われているので内部には汚れが溜まりやすくて蒸れやすく、ウィルスにとっては最高の環境なのです。

なので、感染リスクは高いと言えます。包茎ではない人でもペニスの衛生環境はとても大事です。

できる限り衛生面に気を付けて清潔に保つことを意識してみましょう。

尖圭コンジローマはとても感染率が高いので、感染している人と性行為を行うと70%以上の確率で感染してしまいます。

感染者の多くは性行為を活発に行っている若い世代に多いく、実際に感染していても気がついていない人が多いので、どれだけの人数が感染しているのかが分からないのも現状です。

感染してしまったら早期治療を行い、大切な人への感染を防ぐ努力をしてください!

コンジローマ治療薬の種類

尖圭コンジローマに感染すると、感染部位にイボができるのが主な症状です。

治療としては、イボを取り除くこと、ウィルスを取り除くことが挙げられます。

使用される薬は主に塗薬で、「5-FU軟膏」「ブレオS軟膏」「抗ウィルス剤」などの塗り薬などです。

ここで一番の問題は、どの薬も保険適用外なのでお金の負担が気になるところです。

最近ではベセナルクリーム(持田製薬のページが開きます)という尖圭コンジローマ治療用の薬もできたようで、この薬だと保険の適用範囲内なので治療費の自己負担額も減らすことができます。

ただし、症状や感染部位の状態によって処方される薬も変わってくるので治療前にしっかりと医師に相談し話を聞くようにしましょう。

尖圭コンジローマの治療薬の主な効能は、感染部位に塗ることで、事故免疫力を高めてウィルス拡大を抑えたり、感染してしまいイボができている箇所の皮膚細胞を破壊してイボを無くすことです。

ここで覚えておきたいことは、尖圭コンジローマに感染すると完全にはウィルスを体内から出すことは難しいのです。

なので、一度感染すると2割~3割ほどの人が再発してしまうと言われています。

また、この病気の特徴として、感染してしまっても自覚症状がなく病気をそのままにしてしまい悪化させてしまうというケースも多くあります。

身体に少しでも気になる異常が見つかったらすぐに病院に行く、そして日ごろから自分の身体に目を向けるようにしましょう!

治療薬の副作用

ベセルナクリーム(イミキモド)の使用法・副作用・使用上の注意はメーカー添付文書を参考にしてください。

尖圭コンジローマの治療薬には「5-FU軟膏」「ブレオS軟膏」「抗ウィルス剤」「ベセルナクリーム(イミキモド)」などの塗薬が主に使用されます。

尖圭コンジローマの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)はとても繁殖力の強いウィルスです。

イボがなくなり繁殖力がおさまったかなと思っても、体内にはウィルスが残り再発してしまう・・・なんてこともよくあります。

ではこの強いウィルスを消滅させるための治療薬、副作用はどうようなものが考えられるのでしょうか。

副作用は軽いものから重症になってしまう症状まで、副作用がでる確率は高いとも言われています。ほとんどが軽い症状なので重症化してしまう人は稀です。

軽い症状だと、感染部位が赤くなり炎症してしまうケースがあります。

ただ、尖圭コンジローマを治す過程で、皮膚の細胞を破壊して皮膚再生を促すので、薬がしっかりと働いている証拠でもあります。

中には赤くなるだけではなく、皮膚がただれてしまう人もいますが、この場合は薬の使用をすぐにやめてかかりつけの医師に診てもらいましょう。

また稀なケースですが、重症化してしまうと発熱や筋肉痛のようなふしぶしの痛み、悪寒など、インフルエンザに似たような症状がでてしまうことがあります。

治療中にいつもと違う気になる症状が身体に見られたらすぐに病院に行くようにしましょう!

ベセルナクリームの入手方法

性病科で尖圭コンジローマのイボの治療には成分イミキモド配合の治療薬ベセルナクリームを二日に一度幹部に薄く塗りながら治します。

よって、当役の入手方法はまずは性病科での診断に基づいたお薬の処方になります。

ただし、コンジローマの治療薬に限定せず、他の感染症の抗生物質やピル、ED治療薬など、個人輸入にて通販が許されています。

ベセルナクリームも当店くすりエクスプレスで購入ができますので、病院に行く時間が避けない、性病科に行くのが恥ずかしい、近くに病院がないなどでお困りの方は個人輸入でお薬を購入できます。

コンジローマについて動画で学ぼう