プロペシアよりAGA改善効果が高いアボダート(ザガーロ)の成分

デュタステリドの効果・作用

デュタステリドとは

デュタステリドは、2015年に厚生労働省に承認されたAGA(男性型脱毛症)の新しい治療薬です。

デュタステリドは、AGA治療の第1選択薬であるフィナステリドに次いで発売された第2の「5αリラクダーゼ阻害薬」で、フィナステリドでは充分な効果が得られなかったAGAにも効果が期待できます。

男性ホルモンのテストステロンを脱毛の原因になるGHTに転換する酵素が5αリラクターゼですが、これには「5αリラクダーゼⅠ型」と「5αリラクダーゼⅡ型」の2種類があります。

フィナステリドはⅡ型に対してだけ有効ですが、デュタステリドはⅠ型にもⅡ型にも有効です。

したがって、フィナステリドではじゅうぶんな効果がないⅠ型酵素を多く持つAGA患者にも、デュタステリドは効果を発揮します。

この点で、プロペシアの成分フィナステリドよりもデュタステリドの方が、AGA治療において抜け毛防止効果が高いとされています。

デュタステリドを配合したAGA治療薬には「ザガーロ」のほかに、同じメーカーで低価格な海外製品の「アダポート」があり、個人輸入で購入できます。

デュタステリドの効果

AGAの治療薬として有名なフィナステリドより脱毛を予防する効果が高いとして注目されているのがデュタステリドです。

発毛外来でも現在はまだフィナステリドが主に処方されていますが、今後はデュタステリドの処方が増えると考えられます。

どちらも5αリラクターゼ阻害薬に属する薬ですが、フィナステリドが5αリラクターゼⅡ型だけを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型もⅡ型も阻害する作用があります。

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリラクターゼという酵素によってDHTに転換されることで発症します。

DHTには強い脱毛促進作用があるので、DHTが多いと頭皮に細く短い髪が増えて薄毛が進行します。

男性ホルモンの転換酵素である5αリラクターゼの量は人によって違い、多いほど薄毛が進行しやすくなります。

Ⅱ型が多い人にはフィナステリドが有効ですが、Ⅰ型もⅡ型も多い人にはデュタステリドがより有効になります。

フィナステリドの服用でじゅうぶんな効果を得られない場合はデュタステリドに変えることで効果が高まることが期待できます。

また、フィナステリドを長期間使用すると身体に耐性ができて薬が効きにくくなるという意見があります。

その真偽は明かではありませんが、そう感じられる場合は6ヶ月くらいの期間でフィナステリドとデュタステリドを交互に使用するという対策があります。

デュタステリドの副作用

デュタステリドのおもな副作用には、性欲減退、勃起不全、射精障害があります。

デュタステリドを有効成分にする「ザガーロ」(グラクソ・スミスクライン社)の添付文書によると、557人の服用者(日本人120人を含む)の95例(17.1%)に何らかの副作用がみられ、その中で多かったのは、

  • 勃起不全 24例(4.3%)
  • 性欲減退 22例(3.9%)
  • 精液量減少 7例(1.3%)

また、日本人120人の長期服用試験では、下記のような副作用が報告されています。

  • 勃起不全13例(10.8%)
  • 性欲減退10例(8.3%)
  • 射精障害 5 例(4.2%)

長期の服用では、約1割に勃起不全や性欲減退の副作用が現れているので注意が必要です。

頻度1%未満のまれな副作用としては、発疹、頭痛、抑うつ気分、乳房の女性化、乳頭痛、肝機能障害が報告されています。

これらの副作用の症状が強い場合は、一時服用を中止して医師に相談してください。

デュタステリド配合のAGA治療薬

デュタステリドを配合したお薬にはザガーロ、アボルブ、アボダートなどがあります。

国内の発毛外来などで処方されているのは「ザガーロ」です。「ザガーロ」はカプセルに入ったお薬で、1日に1カプセル(デュタステリド0.5mg)服用します。30カプセルの処方価格は病院によって違いますが9,500円くらいです。

「アボルブ」は「ザガーロ」と同じ成分のお薬ですが、前立腺肥大の治療薬として使うときにこの名称になります。メーカーは「ザガーロ」と同じグラクソ・スミスクライン社です。

「アボダート」も「ザガーロ」、「アボルブ」と同じ成分のお薬で、メーカーも同じです。

この2つの違いは「ザガーロ」が国内で販売されているのに「アボダート」は国内では販売されていないということと、価格が違うことです。

「アボダート」の価格は「ザガーロ」の約半額で、日本でも個人輸入で購入することができます。

デュタステリドの個人輸入

デュタステリドはAGA治療薬ザガーロ、アボルブの成分ですが、海外市場での先発薬としてアボダートがあります。

アボダートのメリットは価格です。ジェネリックではありませんが、アボルブやザガーロより値段が安いのです。

育毛外来でデュタステリド配合の先発薬を購入するより、大幅に節約できますし、まとめ買いができるのも個人輸入のメリットです。

ただしアボダートは病院では処方されません。理由はこの商品自体が海外製薬メーカー(グラクソスミスクライン社)のお薬だからです。

成分は同じで、逆にアボダートの方が昔から海外で使われているデュタステリドであり、実績のあるお薬です。

デュタステリド個人輸入