プチ更年期の原因と改善法

軽症の更年期障害ではありません

プチ更年期とは、本来ならまだまだ更年期までは間がある20~30代の女性に、更年期障害に似た症状が出ることです。名前はプチですが、ある意味では40代後半から50代前半にかけての本物の更年期障害よりも、女性の人生に深刻な影響を与えます。

プチ更年期の原因は?

まだ卵巣の機能が衰えていない20~30代におきるプチ更年期は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌をうながす脳の視床下部の働きの不調が原因と考えられています。ホルモン分泌や自律神経のコントロールをしている視床下部の働きがわるくなると、エストロゲン不足と自律神経の失調が重なって、更年期障害に非常によく似た症状が現れます。

では、視床下部の働きの低下は何が原因でおきるのでしょうか。それには次のような理由が考えられます。

  • 強いストレス
  • 過激なダイエットによる栄養不足とストレス
  • 過労
  • 不規則な日常生活
  • 過激な運動、トレーニング

プチ更年期の症状は?

プチ更年期の症状は、月経周期の乱れや月経の停止の他に、自律神経の失調によって「不正愁訴」と呼ばれる更年期障害によく似た症状が現れます。それは、頭痛、肩こり、冷え、のぼせ、めまい、疲労倦怠感などの身体症状の他に、いらいらや抑うつ感情、不安感などの精神症状です。

プチ更年期の症状が長びくと卵巣機能が元に戻らずに、重症の不妊症になることもあります。またエストロゲンによって保たれている骨量や肌の張りも失われることになります。

プチ更年期の治療は?

卵巣機能の低下は長引くほど治りにくくなります。月経周期の乱れが3ケ月以上続くときは、単なる生理不順だと軽視しないで病院で血液検査をするなどでエストロゲンの量を調べてみましょう。エストロゲンが不足しているときは、低用量ピルなどを服用して、不足しているホルモンを補充してやることが必要です。

日常生活で過労や過度のストレスを避ける工夫をすることも大切です。もちろん栄養不足になるような過激なダイエットは厳禁です。

食生活の見直しも大切です。甘い物や炭水化物にかたよった食事をしていた人は、野菜や肉・豆類をたくさん摂るようにしましょう。また、朝食をしっかり取ることで1日の健康な身体のリズムを作ることができます。

 

低用量ピル -エストロゲン補充・生理痛・月経不順など

ピルのトリキュラー

トリキュラー21(低用量ピル)

  • 日本で処方量トップの人気ピル
  • 初心者からリピーターまで多数
  • 12シートでも6,580円とお得です
  • 1シートから購入可能
12ヶ月 6,580円
(1シートあたり548円!)
詳細はこちら
ピルのマーベロンジェネリック

マーベロンジェネリック(低用量ピル)

  • 副作用が低いピルのジェネリック
  • 有名なマーベロンの後発薬
  • リピーターの多い低用量ピル
  • 1シートから購入可能
12ヶ月12,480円
(1シートあたり1,040円!)
詳細はこちら
低用量ピルのヤスミン

ヤスミン(低用量ピル)

  • 体重増・むくみなど副作用を軽減
  • ニキビ・多毛症なども抑制
  • 副作用の低い超低用量ピル
  • 1シートから購入可能
12ヶ月 26,880円
(1シートあたり2,240円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

 

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス