AGA(男性の薄毛)はフィナステリドとミノキシジル

プロペシアやフィンペシアの成分

フィナステリドとは

フィナステリドとは

フィナステリドは、脱毛を予防してAGAを治療する内服薬です。

1992年に前立腺肥大の治療薬とて開発されましたが、薄毛を改善する効果が確認されて1997年にAGA治療薬としても承認されました。

日本では2005年に承認され、発毛外来ができるきっかけになったお薬です。

フィナステリドは世界60ヶ国以上で男性型脱毛症の治療薬として承認されています。

フィナステリドには、前立腺肥大や脱毛の原因になるDHTという男性ホルモンの産生を抑制する作用があります。

DHTはテストステロンが5αリダクターゼという酵素によって転換されることで生じますが、フィナステリドはこの酵素の作用阻害するはたらきがあり、5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれています。

日本皮膚科学会はフィナステリドをAGA治療で「強く使用を推奨する」推奨度Aに指定しています。

日本国内での臨床試験では、1年間のフィナステリドの使用で58%の人に薄毛の改善効果があり、3年間の使用では78%に効果が認められました。

フィナステリドは皮膚科や発毛外来で処方されますが、健康保険は適用されません。

個人輸入を利用すると、処方箋は不要で低価格のジェネリックを購入することができます。

フィナステリドには性欲の減退や発起不全の副作用があるとされていますが、前立腺肥大の治療より低用量を用いるAGAの治療では副作用も軽減されます。

AGA治療薬プロペシアとは

プロペシアとは

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)を治療する内服薬の商品名です。

有効成分はフィナステリドで、脱毛を早める男性ホルモンであるDHTの産生をおさえる作用があります。

プロペシアはアメリカの製薬会社メルク社が開発した薬で、日本でも2005年にAGA治療薬として承認され、発毛外来などで処方されています。

プロペシアの成分のフィナステリドは、5αリダクターゼ阻害薬といわれる薬で、男性ホルモンのテストステロンをDHTに転換する酵素である5αリダクターゼのはたらきを阻害して脱毛を予防します。

発毛外来ではほとんどの場合フィナステリドとミノキシジル外用薬の併用でAGAを治療します。

プロペシアは1錠中にフィナステリドを1mg配合しており、1日に1錠服用します。

服用を始めてから半年くらいで効果が現れて、2年、3年と使用することで薄毛の解消効果が大きくなります。

服用している期間だけDHTの産生をおさえる薬なので、服用を中止すると再び脱毛が早くなります。

成分のフィナステリドは前立腺肥大の治療にも使われますが、その場合は1日に5mgを服用します。AGAの治療では前立腺肥大の治療より低用量なので、副作用の心配も少なくなります。

プロペシアの価格は1ヶ月の服薬費用が6,000~7,000円ですが、2015年からはジェネリック医薬品が登場して、その価格は4,500円ほどです。

また個人輸入を利用するとフィンペシアなどインド製の高品質のジェネリックがプロペシアの1/5程度の価格で購入できます。

フィナステリドの効果

フィナステリド効果

AGA治療薬プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、ヘアサイクルを縮めて脱毛を早める男性ホルモンのDHTを減らして、脱毛を予防する効果があります。

男性ホルモンのテストステロンは、5αリダクターゼという酵素によってジヒドテストステロン(DHT)に転換されると脱毛作用が生じます。

フィナステリドはこの酵素のはたらきを阻害するお薬で、5αリダクターゼ阻害薬と呼ばれています。

DHTは思春期に男性器の成長をうながす働きをしますが、その後は前立腺を肥大させる、脱毛を早めるなどの悪影響を及ぼすので「悪玉男性ホルモン」とも言われています。

男性ホルモンの多い人は薄毛になりやすいと言われますが、テストステロンに脱毛作用はありません。

薄毛になりやすい人は、体質的、遺伝的に5αリダクターゼが多い人で、それによってDHTが大量に作られて脱毛が進行します。

1本の毛髪には3~4年の成長期がありますが、DHTはこの成長期を極端に短くするので、未成長の細く短い段階で脱毛し、それが薄毛の原因になります。

フィナステリドは太く長い毛を増やすことで薄毛を改善する効果があります。

国内の臨床試験では、AGAの患者132名に1年間フィナステリド1mgを毎日投与したところ、58.3%の人に薄毛の改善が確認されました。

使用を3年間に延長すると改善した人の割合は78%に増加しました。

この試験は偽薬を服用するプラセボグループと比較する二重盲検試験という厳密な方法で行なわれ、偽薬グループでは1年間で改善が見られたのは5.9%でした。

フィナステリドは服用したときに一時的に5αリダクターゼを阻害する対症療法薬なので、服用をやめると脱毛がふたたび進行しだします。

フィナステリドの副作用

フィナステリドを有効成分にする「プロペシア」の添付文書によると、276人AGA患者への1年間の投与で、性欲減退が3例(1.1%)、勃起不全が2例(0.7%)報告されました。

この実験では他の副作用は出ていませんが、添付文書には、海外などで報告されたまれな副作用(頻度不明)として、発疹、肝機能障害、睾丸通、男性不妊症、乳房肥大などが記載されています。

性欲減退の1.1%と勃起不全の0.7%は頻度の高い副作用とは言えないので、フィナステリドは過大に副作用を心配する必要はないお薬です。

1年以上の長期服用でも副作用の頻度は高くならないという報告もあります。

海外で、肝機能に重い副作用が出たという報告があるので、肝臓に病気がある人は注意が必要です。

AGA治療ではふつうフィナステリドを1日1mg服用しますが、前立腺肥大の治療では5mg以上の高用量を服用するので、副作用の頻度は高くなる可能性があります。

ミノキシジルと併用する育毛メリット

フィナステリドはミノキシジルと併用することでAGAの治療効果がより高まることが期待されます。

発毛外来でもほとんどのケースでこの2つの薬が併用されています。

フィナステリドとミノキシジルはどちらも薄毛の治療薬ですが、作用機序がまったく異なっています。

フィナステリドは脱毛を早めるDHT(悪玉男性ホルモン)を減らすことで薄毛を改善し、ミノキシジルは血管を拡張して頭皮の血流を促進することで薄毛を改善します。

したがって併用しても同じ作用の薬を二重に使用することによる害はなく、お互いの効果をサポートし合う相乗作用が期待できます。

ミノキシジルで血行を改善して育毛しようとしても、正常のヘアサイクルより早く脱毛しては、育毛する時間が確保できません。

また、フィナステリドで脱毛を防いでも血行が悪くて毛根への栄養補給が不足しては、髪は充分に育つことができません。

どちらか1つの使用で満足できる改善が見られなかった人も2つを併用することで顕著に改善する可能性があります。

フィナステリドとミノキシジルは、健康保険が適用されないこともあり、かなり高額なお薬ですが、個人輸入でジェネリック医薬品を購入すれば低コストで治療することができます。

フィナステリドの個人輸入

フィナステリドはAGA治療薬プロペシアの成分ですが、値段が安いジェネリック薬があります。

国内の育毛外来ですとプロペシアの処方か、最近日本の製薬メーカーから販売開始した、フィナステリド錠を購入することも可能です。

しかしお気づきの方も多いでしょうが、病院で処方されるプロペシアやフィナステリド錠は1錠あたりの値段がとても高価です。

プロペシアの場合は1箱28錠で8000円ほどしますので1ヶ月のAGA治療費がフィナステリドのみで8000円です。国内ジェネリックのフィナステリド錠でも1ヶ月コストが5000~7000円ほどでしょうか。

そこで最近ユーザーが急増しているのがフィンペシアなど海外のプロペシアジェネリックです。1箱に100錠フィナステリド1㎎錠が入っているので3ヵ月以上持ち、1箱5000円ほどです。

フィナステリド個人輸入