勃起時のペニスサイズ

ペニスサイズ

ペニスには排尿器と性器という2つの役目がありますが、サイズが問題になるのはもちろん性器としてのペニスです。

女性がそうであるように、排尿器としてなら極端に言えば0cmでも機能は果たせます。男らしく(?) 立って排尿するにしても、4~5㎝もあれば操作性は確保できます。

性器としてのペニスには凹に対する凸が必要ですが、そのサイズ(長さと太さ)にはどの程度の重要性があるのでしょうか。

ペニスのサイズは自分のために重要というよりは、女性の性感を高めるために重要だとされています。

もしそのとおりなら、ペニスサイズの重要性は非常に高いと言えます。男性のセックスの目的の大半は女性を感じさせることにあると言ってもいいからです。

では、女性はどう思っているのでしょうか?

女性に「望ましいペニス」の条件を聞くと、どの調査でも優先順位はかならず

1位・・・しっかり立つこと(ED治療薬が役立つ)
2位・・・勃起時に硬いこと(ED治療薬が役立つ)
3位・・・勃起時に大きいこと(サイズアップサプリメント、ED治療薬が役立つ)
4位・・・長時間セックスできること(早漏防止薬が役立つ)

の順番になります。

立たなければ役に立たないのは当然としても、女性はサイズよりも硬さを望んでいます。そのうえで、できれば大きい(太く長い)サイズが望ましいとしているのです。

▼ペニスのサイズと硬さの密接な関係

しかし、この硬さとサイズは無関係ではありません。ペニスは硬くなるほど、太く長くなるからです。硬さはもちろんペニスの海綿体に充満する血液の量によりますが、量が増えると当然サイズも増大します。

したがって、ペニスサイズの重要性は硬く勃起することに準ずるもので、その硬さにサイズも左右されると言うことができます。

ペニスのサイズを増大したい男性は、まず最大限に硬く勃起させることを考えるべきなのです。

▼ふだんのペニスを比較することの無意味さ

勃起していないときのペニスのサイズは、気温や精神状態で大きく変化することは男性なら誰でも知っています。

勃起時に20㎝近くあるペニスでも寒い日には皮をかむって4~5㎝にまで縮みます。

俗に「金玉が縮み上がる思い」といいますが、恐怖を感じたり強く緊張したときも同じです。

したがって、サウナなどで男性同士がうなだれているペニスを見比べて、デカいとか小さいと言うのはまったく意味がありません。

ふだんは小さくて勃起時に大きくなるのがむしろ優秀なペニスだと言ってもよいくらいです。

不思議なのは、形成外科などのペニス増大手術をすすめる広告では、男同士が見比べて恥ずかしくないサイズ、つまり勃起していない状態でのサイズをよく問題にしていることです。

これは、無意味な劣等感をあおっているとしか考えられません。お医者さんがそんなことをしてはいけませんね。

ペニス増大サプリメント

ペニス増大サプリとは、勃起力を高めてMAXまでペニスを硬く勃起させることで、太さや長さのサイズも増大させるサプリメントです。

医薬品でこのMAXをサボートするのがバイアグラなどのED治療薬です。ED治療薬でより硬く勃起させることで、サイズもアップします。

意外とこの事実を知らない男性が多いのですが、バイアグラ、シアリス、レビトラや低価格ジェネリックED薬などは、勃起力を高めるだけでなく、ペニス海綿体への血流を高め、維持することで勃起時のペニス増大効果があります。

ED治療薬を使うと本人も相手の女性もペニスサイズが一回りアップしたと感じるのはそのせいです。

より硬く勃起させることでサイズもアップする効果はサプリメントにも期待できます。

ED治療薬は性欲を高めることによって勃起を促進する薬ではなく、ペニスへの血流を促進することで勃起をサポートする薬です。

ペニス増大のサプリは性欲を高めることと血流改善の両面から、硬く大きなペニスをサポートします。ED治療薬のような即効性はありませんが、毎日服用することで徐々に効果が現れます。

アメリカでペニス増大の効果があるとして注目されているサプリメントに「ビッグRXプラス(VigRX Plus)」があります。

この商品は欧米で1,2を争う人気のサイズアップサプリメントで、偽物も出回るほどのポピュラーな増大サプリメントです。

「ビッグRXプラス」に配合されているのは「バイオペリン」という生薬成分です。これは黒コショウなどに含まれている成分で、血流を改善する効果があると言われています。

バイオペリンのほかに配合されているのは、朝鮮人参、イチョウ葉、イカリソウの葉エキス、ノコギリヤシ、ダミアナ、ハマビシ、ネナシカズラの種エキス、ムイラプアマエキス、カツアバエキスなど、強壮効果があるとして知られている11種類のハーブです。

「ビッグRXプラス」とならんで、アメリカで人気があるのが「プロソルーション」です。

プロソルーションには、必須アミノ酸のアルギニンをはじめ、男性機能を活性化させると言われるリジン、カルニチン、亜鉛などの成分が配合されています。

「ビッグRXプラス」や「プロソルーション」は国内でも個人輸入で購入できます。

ペニス増大手術とは?

形成外科や男性クリニックで行なわれる、ペニスを太くする、あるいは長くする手術には次のようなものがあります。

  • 亀頭にヒアルロン酸などを入れて亀頭を太くする
  • 陰茎にヒアルロン酸などを入れて陰茎を太くする
  • 体内にある陰茎の根元部分を外に引き出して、陰茎を長くする。

この中のヒアルロン酸やコラーゲンなどの医療用注入剤を注入する方法は、安全性は高いのですが、注入剤が半年から2年くらいで身体に吸収されてしまい、再施術が必要になります。

費用はクリニックによって異なりますが、15~20万円前後かかるようです。

これに比べてリスクも費用も大きくなるのが「ペニス長大手術」です。ペニスの勃起組織(海綿体)は身体の中まで続いていて、いわば杭の地中部分のような土台の役割をしています。

この体内部分は「ワナ靭帯」という腱で恥骨と結ばれて固定されています。

この靭帯をゆるめたり一部を切断して、体内の陰茎を3㎝ほど外に引き出すのが「コンプリート長茎術」と呼ばれるペニス長大手術です。

これは、靭帯を傷つける施術で後遺症の心配があるので行なうべきではありません。費用も30万円以上の高額になります。

何より無意味なのは、ふだんのペニスのサイズは3㎝ほど長くなるが勃起したときは手術前とほとんど変わらないことです。

繰り返しになりますが、ペニスサイズというのは勃起時の長さ太さが重要です。

よって、ED治療薬やジェネリック薬を半分など少量にして性行為の1時間ほど前に服用すると、当然ながら勃起力が高まり、持続力もアップ、そして、副産物として、勃起時のサイズが一回り大きくなっているでしょう。

ED治療薬はAV男優が愛用するほどのお薬で、なにも勃起できなくなるまで待つお薬ではありません。

勃起の仕組みは?

ペニスが勃起するには、①脳への性的な刺激と、②陰茎海綿体への血流の増加の2つの条件がそろうことが必要です。

セックスがしたくならないと勃起は始まらないし、セックスがしたくてもペニスへの血流がスムーズにいかないと勃起しません。

バイアグラなどのED治療薬は①の性的刺激には関与せず、②のペニスへの血流促進をサポートする薬です。

したがって、ED治療薬を飲んでもセックス以外のことを考えているとペニスには何の反応も生じません。

また、ED治療薬はペニスへの血流促進の頓服で作用時間が過ぎると効果がなくなるので、セックスの前に飲む必要があります。

これに対してペニス増大サプリは、性欲を高める作用と血流を促進する作用の2つをあわせもつ健康食品です。

セックスの前に飲んですぐに効果があるものではありませんが、ふだんから服用することで勃起力を高め、より硬く勃起することでサイズも増大させることが期待できます。

女性にとって望ましいペニスの条件として硬さと大きさがよくあげられますが、忘れてはいけないもう1つの条件が「持続力」です。

いくら硬くて大きくても、女性をクライマックスまで導く体力がなくては強い男とは言えません。

ペニス増大サプリは、硬さ、大きさ、持続力というペニスの総合力を高めるサプリメントです。