レビトラとは

レビトラは、ドイツバイエル製薬社が開発した勃起不全を改善するED治療薬です。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルがペニスの勃起を解消させる酵素の働きを阻害することで、勃起を長時間継続させ、勃起不全、ペニス中折れ等の症状を改善します。

レビトラはバイアグラに次いで2番目に販売開始されたED治療薬です。くすりエクスプレスが取り扱うレビトラはフバイエル社開発の医薬品のみで、それ以外の非正規品は一切取り扱いませんので、ご安心ください。

※レビトラには通常の錠剤タイプと、舌の上で溶かして服用できるレビトラODがあります。

他のED治療薬バイアグラ、シアリスおよびそのジェネリックに興味がある方はこちらをお読みください。

レビトラの特徴(バイアグラとの違い)

レビトラとバイアグラの違いは以下となります。3大ED治療薬の中で最も即効性の高い薬がレビトラ、レビトラジェネリックで、緊急なタイミングで勃起作用が必要な場合に優れたED治療薬です。

  • 非常に即効性があり、ベッドイン前に飲んでも間に合う
  • 食事の影響を受けにくい
  • 糖尿病男性のEDにも効果が高い
  • ED治療以外に早漏の改善効果も期待できる

バイアグラよりも食事の影響を受けにくいことや、成分バルデナフィルに早漏改善の効果もあることが特徴です。また糖尿病で必ずEDになりますが、そのEDにも効果が一番高いのがレビトラのようです。

レビトラジェネリックとは

ED治療薬のレビトラには後発医薬品、いわゆるレビトラジェネリック商品が多数存在します。レビトラジェネリックの有効成分はレビトラ同様のバルデナフィルで、レビトラジェネリックにはレビトラ同様の勃起効果が期待できます。レビトラジェネリックの1番のメリットはレビトラと比較して価格が安価に抑えられていることで、レビトラジェネリックは長期使用する場合に、非常に費用対効果の高いED治療薬と言えます。

レビトラジェネリックには他のED治療薬ほど選択肢がなく、「サビトラ20mg」、「バリフ20mg」が主要なレビトラジェネリックです。

日本国内のEdクリニックではまだレビトラジェネリックは処方されませんが、上記全てのジェネリック薬はインドの製薬メーカーが製造販売しており、個人輸入で通販が可能です。処方箋も必要ありません。

レビトラ、レビトラジェネリックの服用方法

レビトラ、レビトラジェネリックは性交の約1時間前に服用するのが一般的です。

ただし、上記の通り即効性が高いため、服用後15~20分程で効果が現れ、レビトラ20mgでは8~10時間効果が継続します。レビトラの服用後、1時間前後に勃起改善効果のピークが現れ、勃起効果は5~5時間続くと言われています。

レビトラが勃起効果を発揮するためには性的興奮が必要です。また、レビトラ、レビトラジェネリックの服用は1日1錠で、服用には24時間の間隔をあけてください。

空腹時の服用が効果的

レビトラ、レビトラジェネリックは食事の影響が軽減されたED治療薬ですが、食事によりある程度成分の吸収が妨げられます。

そのため空腹時の服用で最大の効果を期待できますが、軽食なら食後に2時間ほどあけてからの服用を、また、油分の多い食事の場合、バイアグラ同様2時間以上あけてからの服用が勧められます。

空腹時にレビトラジェネリックを服用すると15分ほどで効いてきます。これがレビトラの即効性で、例えばベッドイン前にレビトラを服用しても前戯に十分な時間をかければ挿入前に非常に硬い勃起が得られるという強みとなります。

レビトラジェネリックの安全性

まず第一にレビトラジェネリックとはバイエル社のレビトラと全く同じ有効成分が配合されたジェネリックED治療薬ということを理解してください。成分はバルデナフィルでジェネリック薬も同じです。

効果や副作用は同等で、安全性についてはED治療薬を服用できない男性は当然服用できませんが、そうでなければ安全で依存性もない勃起不全の治療薬です。

飲酒の影響

レビトラの成分バルデナフィルはアルコールで効果が落ちることはありませんが、アルコールはペニスの感覚を鈍くし勃起に必要な神経の麻痺につながるため、過度の飲酒はED治療効果に影響が起き得ます。

飲酒によるレビトラ、レビトラジェネリックへの影響は個人差があるため、ご自分の適量アルコール量をご確認ください。

ED治療薬を服用してセックスやマスターベーションをされる場合は、勃起効果の心配というよりもセックスの満足度、感度を維持するためにもお酒は控えめにするか、飲んでもある程度良いが覚めてから行為にうつりましょう。

アルコールでペニスの感度が落ちてしまうと、レビトラジェネリックを服用して勃起はしても気持ちよさが低下し、または遅漏気味になることがあります。

レビトラやジェネリックED治療薬の副作用

レビトラ、レビトラジェネリックの主要な副作用は頭痛、のぼせです。他には軽度のめまいや胃痛、鼻づまり等があげられます。

ED治療薬には全て同様の副作用がみられますが、理由はお薬の血管拡張作用です。

血流を高めてペニス海綿体へより多くの血流をおこし、同時にそれを維持するため、血行がよくなり血の巡りが改善します。これが火照りになる訳です。

ED治療薬は特に服用開始した頃は副作用が気になりやすいですが、徐々に気にならなくなるため必要以上に心配する必要はありません。

レビトラはバイアグラと同等の副作用と言われ、シアリスは最も副作用が低いとされています。気になる場合はシアリスジェネリックを試されるのも良いでしょう。

レビトラジェネリックの購入方法

ED治療薬レビトラの場合は国内のEDクリニック、泌尿器科でも処方されますが、レビトラジェネリックのジェビトラ、サビトラ、バリフになると個人輸入の通販での購入となります。

個人輸入とはED治療薬に限らず、個人で使う目的のみで一定量までなら海外の個人輸入代行の通販ストアから購入して日本に発送してもらう方法です。

送料もくすりエクスプレスなら無料となるためレビトラを安く購入するにはジェネリック薬の購入がお得です。

レビトラジェネリックのランキング

即効性や勃起力、糖尿病男性への有効性、バイアグラより長い作用時間などでレビトラファンは非常に多いですが、とは言え1錠1500円という価格がネックで購入に踏み切れない、または継続できない方は多いでしょう。

そこでメリットが高いお薬がジェネリック薬で、いわゆるレビトラジェネリックです。全て成分はバルデナフィル20mgで半分でバイアグラ50mgと同等の勃起効果と言われます。

ピルカッターやカッター、前歯などで割って半分だけ服用しても十分な硬い勃起を起こせます。

メリットの高いレビトラジェネリックですが、どのお薬が人気なのかはご存じの方は少ないでしょう。実はレビトラにはジェネリック薬の数が少なく、バイアグラやシアリスのジェネリックほど種類がありません。

くすりエクスプレスでは中でも有名な3つのレビトラジェネリックをランキング形式でご案内します。

ネットではバリフが有名のようですが、最近ではサビトラ20㎎の人気も高く、体験談でも非常にポジティブな意見が多く、リピーター続出のレビトラジェネリックです。