お薬の個人輸入って?

個人輸入とは、個人のお客様が海外のお店などから直接商品を購入し、輸入することをいいます。

くすりエクスプレスは海外医薬品の個人輸入代行です。個人輸入とはユーザー様が海外のオンラインまたはお店から商品を直接買って、日本の住所に輸入する行為を指します。

くすりエクスプレスはその代行を行うシンガポールの会社です。

個人輸入に関しては輸入できる量や、商品が限定されており、薬事法にもその記載があります。

医薬品の場合は2ヶ月分いない、ビタミン剤系は4ヶ月などがあります。

個人輸入では処方箋薬の購入の際にも処方箋が不要となります。

海外医薬品は海外ではその成分が認可されていたとしても、日本国内ではまだ未認可のお薬もあります。

お薬の使用に関しては医師や薬剤師さんの指示のもと行ってください。


消費税・関税について

基本的には海外からの医薬品個人輸入に消費税が課税されることはありませんが、非常にレアなケースで購入額が高い場合に税関で税金が課せられるケースもあり得ます。

そういった場合は追加税はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

弊社より税関から追加課税の必要性に関する連絡がもし入った場合は、弊社のカスタマサポートまでお問い合わせページからご連絡いただくか、もしくは税関側にご購入商品が個人で使用するものというむねをご連絡いただき、税関からの承認をお受けください。


会社宛への個人輸入

基本的に個人輸入は個人での使用が前提となっているため、受取先のご住所が会社などの場合、まれに個人輸入ではないと判断されてしまうケースがあり得ます。

そういった場合、関税の追加課税が課せられる可能性もありますため、ご自宅の住所を発送先としてご登録いただくこととをお薦めします。

また、1回のご注文量が多いと判断した場合は、別箱、別日に分割して発送させていただくこともあり得ます。