精子量が減少する原因は?

20代後半から精子量が減少すると一般的に言われていますが、実際は普段の生活習慣が精子量の減少に寄与しています。

では、どんな生活習慣が精子量を減らす原因になっているのでしょうか?

  • 禁煙
  • 飲酒
  • 疲労、ストレス
  • 肥満

働き盛りの30,40,50代の男性は特に当てはまるのではないでしょうか。生活習慣を改善するのは理想ですが、なかなかそう簡単に行かないものです。

精子量は男性の勃起力、性欲、基本的な精力、そしてもちろん男性不妊の原因にもなりますので、精子量をおろそかにしてはいけません。

精子量の増加、活性化はスぺマン(Speman)

精子量アップ男性ならご存じの方も多いでしょうし、普段から服用しているよ、という方も多いインド発の有名なサプリメントがスぺマン(Speman)です。

精子は英語で「Sperm」と言いますので、精子が商品名の由来になっている精子量アップ、活性化の有名な男性サプリメントです。

精子量が最近減った・・・昔ほど出ないし勢いもない・・・射精感が落ちた・・・などと感じる男性は30代から増えます。

スぺマンは医薬品でないため、副作用の心配もありませんし、他のお薬との併用も問題ありません。

30代からは「精子量」にも重点をあてて、男性力の底上げ、男性の喜びを高めてみてはいかがでしょうか。

精子量と勃起力、勃起サイズ

勃起力を高めるにはバイアグラ、レビトラ、シアリスやジェネリックED薬などが最も有効ですが、精子量は勃起の基本です。

特に若いころは、射精を1週間ほど我慢すると次回の勃起時のペニスの硬さ、勃起サイズ、射精感などが高まった、と感じたのではないでしょうか。

精子量は男性らしさの基本です。これを機に、精子量の改善を始めてみてはいかがでしょうか?

ストレス、疲れ、性欲低下などで効かない?

勃起は血管の老化など以外に、精神的な影響を大きく受けます。心配事、不安、緊張などで性欲が低下している状態では勃起力が低下し、ED治療薬の効果も低くなることがあります。これらは自律神経の「交感神経(非リラックス)」が優勢になっており、勃起には「副交感神経(リラックス)」が優勢になっていることが大事です。

不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。

不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。

そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。

不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。

ED治療薬と安定剤の併用

EDクリニックではバイアグラなどED治療薬の処方と同時に、上記のような不安があるかたには「安定剤」を処方してくれます。

デパスなど、マイナートランキライザーと呼ばれるお薬で、緊張を解いて睡眠導入剤としても使われるお薬です。

精子量、サイズ増大、ED治療薬のセットがお得です

  • 精子量は勃起力、勃起時のサイズ、精力の基本です
  • 30代からは精子生成をおろそかにしないでください。
ジェネリックED薬+スぺマンお得セット - 硬さと精子量もアップ!
ジェネリックED治療薬 - 安価な後発薬なら
感度を落とさずに早漏を改善するなら
勃起力と早漏症を同時に改善したい方
安定剤 - 緊張や不安でED薬の効果が落ちる方
精子量・精力の底上げならインドサプリ!
女性の満足度を高めるなら