体調が悪いときに再発しやすい病気です

口唇ヘルペスはヘルペス・ウィルスへの感染が原因で発症する病気です。いちど感染するといったん症状が治まっても、過労や寝不足などで体力が落ちたときに再発します。これはが顔の三叉神経の神経節に潜伏していたヘルペス・ウィルスが、免疫力の低下に乗じてまた繁殖しだすからです。

口唇ヘルペスが再発するときは口角のあたりがピリピリするなど特有の前兆があり、やがて小さな水泡ができます。水泡は数日でつぶれてかさぶたになり、放置しても2週間ほどで症状はおさまります。症状が出ている間は食事のときにしみるなど辛いものです。

感染者は多いが再発頻度には個人差が大きい

口唇ヘルペスを起こすのは単純ヘルペスウィルス1型(HHV-1)で、同じヘルペスウィルスでも性器ヘルペスを起こすは単純ヘルペスウィルス2型(HHV-2)です。ウィルスの性質は似ていて治療薬も共通ですが水泡の出来る場所が違います。

ヘルペス・ウィルスは接触感染で感染します。キスなどで直接接触したときはもちろんですが、コップの回し飲みやタオルの共用などでも感染する可能性があります。全人口の半数くらいが口唇ヘルペス・ウィルスのキャリアだという推測もあるくらい感染者が多い病気ですが、再発の頻度には大きな個人差があります。

再発治療は予兆の段階で抗ウィルス薬を飲むと効果的

治療には内服薬と軟膏があります。ヘルペス治療の内服薬はバルトレックス(成分バラシクロビル)やゾビラックス(成分アシクロビル)という抗ウィルス薬を使用します。世界70カ国以上で使われている副作用の少ない安全な薬で、口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの特効薬です。

軟膏は抗ウィルス薬のアシクロビルを配合した「ゾビラックスクリーム」などを使用します。内服薬も軟膏も水泡ができる前のピリピリした前兆の段階で使用すると、症状が軽く済み治癒も早くなります。

水泡をつぶしたり、かさぶたをはがしたりすると、化膿したり跡が残ったりする可能性があるので気をつけましょう。睡眠を充分とって体力を回復させると治癒も早くなります。また、症状が出ているときは他人に感染させやすいので、患部を触った手で食器などを触らないように注意しましょう。日本人はあいさつのキスの習慣はないのでキスによる感染の心配は少ないのですが、言うまでもなく症状がでているときは男女のキスもひかえなければなりません。

→トップに戻る

ヘルペス治療薬 - 性器ヘルペス・口唇ヘルペスなどに

バルトレックス500mg (10錠)

バルトレックス500mg (10錠)

  • 成分:バラシクロビル
  • ヘルペス治療に
1箱 3,980円
(まとめ買いで 1箱あたり 2,227円!)
詳細はこちら
ゾビラックスジェネリック400mg (50錠)

ゾビラックスジェネリック400mg (50錠)

  • 成分:アシクロビル
  • ヘルペス治療に
1箱 5,980円
(まとめ買いで 1箱あたり 3,993円!)
詳細はこちら
ゾビラックスクリーム(アシクロビル)5%

ゾビラックス軟膏(アシクロビル)5%

  • 成分:アシクロビル
  • 口唇ヘルペス治療クリーム
1箱 3,480円
(まとめ買いで 1箱あたり 1,793円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス