男性の薄毛、抜け毛の原因は

脱毛・薄毛が治療対象になったのはいつ?

ミノキシジルとは

フィナステリドとは?

効果的な育毛治療の組み合わせ

注目の育毛成分L-リジン

女性の薄毛、抜け毛の原因

女性が使える育毛剤は?

ニゾラルシャンプーとは

抜け毛を抑えて発毛させるには?

育毛に良い習慣、悪い習慣

女性の薄毛、抜け毛の原因は?

女性の薄毛、抜け毛の原因は?

女性の毛髪の脱毛、薄毛にもっとも関係が深いのは、女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンには髪の成長期を長くし、活性化する作用があるのです。

したがって女性の薄毛が進行しだすのは更年期でエストロゲンの分泌が少なくなる40代からが一般的です。男性のようにつむじの所や額の生え際がとくに薄くなることはなく、頭頂部が全体的に少しずつ薄くなってきます。

また更年期に限らず、過激なダイエットでホルモンバランスを崩したり、出産後のホルモンバランスの変化などでも一時的に脱毛が増えることがあります。

更年期と女性の抜け毛の深い関係

男性の脱毛はDHTという男性ホルモンの1種の過剰が最大の原因です。したがってAGA(男性型脱毛症)は20~30代の比較的若いうちから発症します。これに対して女性の薄毛は、女性ホルモンのエストロゲンの不足が大きな原因なので、その分泌が急激に減る40~50代の更年期から目立ってくるのが特徴です。

女性ホルモンのエストロゲンは毛髪サイクルの成長期を持続させて髪を育てるはたらきがあります。女性がロングヘアにできるのは男性よりも髪の寿命が長いからです。

エストロゲンの分泌が盛んな20代や30代前半では、毛髪の育ちも旺盛で1つの毛穴から2~3本の太い毛が生えて、髪全体のボリュームも豊かです。しかし早い人では30代の後半から、遅くても40代の半ばまでには、閉経にむかって卵巣の活動が低下していき、エストロゲンの分泌が急激に減ってきます。

それによって毛髪サイクルの成長期が短くなり、毛穴から出る髪の本数も減り、髪そのものも柔らかく細くなってきます。そのため女性の薄毛は、男性のように頭頂部とか額の生え際から薄くなるのではなく、髪全体がすこしずつボリュームがなくなり、薄くなってきます。これが女性特有の「びまん性脱毛症」といわれるものです。

男性の薄毛と女性の薄毛の違い

男性は20代後半に、女性は40代前半に薄毛の進行に気づくケースが多いといわれます。

男性の薄毛は頭頂部のつむじの周辺と、額の生え際の狭い範囲で進行するので本人も比較的早めに気づきます。しかし、女性は頭頂部全体が少しずつボリュームがなくなってくるのでかなり進行するまで気づかないことがあります。

女性は40代になるころから、1つの毛穴から生える髪の本数が減るととともに、一本一本の髪が細く柔らかくなってきます。それによって、ヘアスタイルを作ろうとしたときに髪の立ち上がりが悪く、うまくスタイリングができなくなってきます。

女性が年齢より老けて見えるいちばんの原因は、ヘアスタイルに高さが出せなくなり頭頂部がペタンとした感じになることです。そして、もうすこし薄毛が進行するととくに分け目の部分の地肌が目立つようになります。

男性の薄毛の場合は、60代、70代になったら「あきらめる」という選択肢があります。坊主頭にして、禿げているんじゃなくて短いのだと主張することもできます。しかし女性の場合はそうはいきません。

女性が髪の豊かなおばあさんを目指したいなら、30代、40代からヘアケアや髪のボリューム変化に気をつけて、早めの対策を講じることが肝心です。

女性の育毛治療には低濃度ミノキシジル外用薬が使えます。

女性用ミノキシジル外用薬の詳細はこちら>>

→トップに戻る

薄毛の進行に大きな個人差があるのは何故か

女性も男性も「薄毛の悩み」というのは、正確にいうと「人より髪が薄い悩み」です。世の中の人がみんな年齢による髪の薄くなり方が同じなら、どんなに髪が薄くなっても悩む人はいないはずです。

残酷なのは髪の薄さそのものではなく、この「個人差」です。とくに女性は40代くらいで髪が極端に薄くなる割合は男性よりずっと少ないので、悩みは深刻になります。

女性の薄毛の進行の個人差はさまざまな要因がありますが、もっとも関係が深いのは女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンは、初潮、生理、妊娠、出産、閉経という女性の人生の一大事のすべてをコントロールするホルモンです。

毛髪に関する女性の個人差は、更年期にエストロゲンの生産が減少したときにそれがどの程度敏感にヘアサイクル影響するかによります。これは更年期障害が身体のどの部分に出やすいかという個人差だと言うこともできます。

若いときに出産後のエストロゲンの分泌の変化で大量に脱毛した経験のある女性は、更年期のホルモン変化も髪に現れやすいと考えられます。

また、女性の薄毛の症状の10人に1人は甲状腺機能低下症が原因です。この場合は甲状腺ホルモンの投与で抜け毛が止まって毛髪の量も回復します。

もちろん脱毛の進行には、血管の若さなど全身の健康状態や、心のストレス、長年にわたるヘアケアの適否やパーマ、ヘアカラーでのダメージなども関係してきます。

→トップに戻る

若い女性の薄毛の原因で多いのは過剰なダイエット

過激なダイエット、とくにリンゴだけを食べるなどのいわゆる単品ダイエットは、思ったより簡単に大量の脱毛をひき起こすことがあります。その理由はもちろん身体をつくる栄養素が絶対的に不足してしまうからです。

ほとんど絶食に近いような極端なダイエットをすると、体脂肪をカロリーに変えるだけで足りず、筋肉や骨からタンパク質やカルシウムを奪うことになります。生命活動の維持に最低限必要な栄養素があり、それらは循環器系や神経系。つまり心臓や脳などを働かすために優先的に使用されるからです。

不足してもすぐに命にはかかわらない、運動系、生殖器系の器官や皮膚への栄養補給は後回しになります。筋肉が細くなる、生理が止まる、皮膚が乾燥する、脱毛が増える、などの現象が現れるのはそのためです。

また、女性の毛髪の成長は女性ホルモンのエストロゲンによって後押しされているので、過激なダイエットは毛髪を育てる材料を奪うとともに成長を促進するホルモンも不足させることになります。

男性と違って女性はエストロゲンによって40代の前半くらいまではほとんどの人が豊かな髪を保っていますが、極端に栄養が不足するとエストロゲンの分泌も不足して、若いうちに更年期のような症状が出てしまうのです。

→トップに戻る

妊娠、出産時の脱毛・薄毛は自然になおる

出産後に大量に脱毛して髪が薄くなることがあるのは、妊娠中に安定して供給されていた女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減るのが原因です。出産後は妊娠前の状態、つまり通常の月経周期のホルモンバランスに戻るのです。

産後の脱毛は胎児を育てるためや授乳をするために髪に回す栄養分が取られたためだと思っている人がいますが、主な原因はホルモンバランスの変化です。大量に髪が抜けると女性はたいへんショックを受けますが、産後の脱毛は1年ほどすると自然に回復します。

しかし、核家族で子育ての負担が大きいなどストレスフルな授乳期が続くと、毛髪の回復も遅れることがあります。こんなときは夫の協力はもちろん、実家の助けを受けるなどで、精神的に安定することがなにより大切です。

しかし、出産後の脱毛は「日にち薬」でしだいに回復しますので、あまり心配する必要はありません。経験者の話によると、抜け毛が止まって回復しだしたときに、短い毛髪が大量に増えてヘアスタイルが作りにくくなるようです。1㎝くらいの短い毛は周囲の長い毛を支えて立ちあがらせるので、ハリネズミみたいなヘアになるのです。もちろんこれも長い毛が増えてくると自然に治まります。

→トップに戻る

ヘアケア、パーマと抜け毛の関係

更年期からの薄毛を予防するには、頭皮や毛髪になるべくストレスやダメージを与えないヘアケア習慣が大切です。頭皮や毛髪へのダメージ要因には次のようなものがあります。

頭皮を乾燥させる過剰なシャンプー
皮脂を気にして洗いすぎて頭皮を乾燥させている女性は少なくありません。頭皮の乾燥はフケや脱毛の原因になります。あまり洗浄力の強すぎないシャンプーで優しく洗いましょう。

ヘアカラー、パーマは上手な美容室でしよう
髪を脱色して染めたり、化学処理をしてパーマをかけたりするのはもちろん髪にダメージを与えます。しかし髪は生きた細胞ではないので頭皮を傷めないように上手に施術すれば抜け毛の原因にはなりません。ヘアケア意識と技術のあるサロン選びが肝心です。

ブラッシング、ドライヤーで髪を傷めない
髪はぬれているときはキューティクルが柔らかくなっていてダメージを受けやすいので、とくに優しくあつかう必要があります。。

紫外線や静電気のダメージに気をつける
髪も皮膚と同じように紫外線のダメージを受けると乾燥しやすくなります。また、髪は乾燥すると静電気を帯びやすくなります。静電気は非常に高い電圧で毛根にダメージを与えて、脱毛の大きな原因になります。乾燥気味の髪はコンディショニングやトリートメントで潤いを与えましょう。

→トップに戻る