神経症と治療薬

日本で近年毎年悩んでいる患者さんが増えているのが神経症です。神経症には、うつ病、パニック障害、不眠症、不安障害などが含まれます。うつ病や不安障害などは日々の生活からのストレスの蓄積や、女性の場合はホルモンバランスの乱れなどで起こります。

生活習慣を根本から見直して、うつ病やパニック障害、不眠症などの原因を取り除くのが理想ですが、すぐにはできないために抗うつ薬や不眠症治療薬の睡眠導入剤、睡眠サプリメント、安定剤などが用いられます。

これらの治療薬は短期的に使うお薬から中長期使っても安全で離脱症状が少ないお薬もあり、正しく理解して副作用要や用法用量を守って服用します。医師との相談により適切な抗うつ剤や安定剤、睡眠薬等を選択します。治療薬を正しく理解して、正しい使用方法を身につけることで早期に完治することが可能です。うつ病、パニック障害、不安障害等の治療薬は、個人輸入通販で購入できます。

うつ・不安障害・パニック障害(神経症)

doc-m.gifうつ病は気分が落ち込んで生活意欲が低下し、自責感情や自己否定感が強くなる病気です。不眠がともなうことが多く、若い人では逆に多眠の症状が出ることもあります。近親者の死などの大きなストレスがきっかけで発病することがありますが、原因はよく分っていません。しかし、「まじめな人がなりやすい病気」というのは誤解で、どんな性格の人でもなる可能性があります。うつ病独特の気分の強い落ち込みには、脳内神経ホルモンのセロトニン、アドレナリン、ノルアドレナリンの分泌のアンバランスが関係しています。

うつ病は「気の持ちよう」や「くよくよしない心がけ」で治る「気の迷い」ではありません。ふつう病気と同じように薬を使いながら根気よく治療しなければなりません。これはパニック障害や不安障害でも同じです。抗うつ薬、抗不安薬は脳内ホルモンに作用して気分を安定させるお薬です。最近はホルモンの受容体にだけ作用する副作用のすくないお薬がいろいろ開発されています。

うつ・不安障害・パニック障害の治療薬は?最近で最も処方量が多いこう打つ剤は第3世代抗うつ薬(SSRI)と呼ばれ、代表的なSSRIはジェイゾロフト、パキシル、レクサプロです。更に最近では、第4世代の抗うつ剤(SNRI)が販売されており、サインバルターが有名です。

神経症で不眠症がある場合、睡眠導入剤のデパスなどが用いられます。

ページトップに戻る


統合失調症・躁鬱

doc-m.gif統合失調症の典型的な症状は、人が自分悪口を言っているのが聞こえる「幻聴」と、誰かが自分に害を加えようとしていると思い込む「被害妄想」です。しかし、これは陽性症状といわれる症状で、感情の動きがなくなって自閉ぎみになる陰性症状が出ることもあります。どちらの症状が出ているときも社会生活を営むことが難しくなるので、患者本人にも家族にも負担が大きい病気です。思春期に発病することが多く、中年を過ぎてから発病することはほとんどありません。

統合失調症の原因はよく分かっていませんが、感情をコントロールするセロトニンやドーパミンという脳内神経伝達ホルモンの分泌バランスの乱れが関係していると考えられています。しかし最近は良いお薬もできているので、正しい治療によって社会生活を営むことが可能です。治療にはこの2つの神経伝達ホルモンの両方に作用する「第2世代抗精神病薬」の使用がまず検討されます。この薬は躁うつ病(双極性障害)の治療にも使われます。統合失調症は患者本人には自分が病気だという自覚がない場合があるので、専門家と家族が協力して治療にあたる必要があります。

統合失調症・躁鬱 の治療薬は?

統合失調症の治療薬ではリスパダールが有名です。

また、うつ病やパニック障害、不安障害などの神経症の治療には第3世代抗うつ薬(SSRI)と呼ばれ、代表的なSSRIはジェイゾロフト、パキシル、レクサプロです。更に最近では、第4世代の抗うつ剤(SNRI)が販売されており、サインバルターが有名です。

第3世代(SSRI)抗うつ剤


不眠症(睡眠障害)

doc-m.gif眠ろうとしても眠れないほど辛いことはありませんが、そんな不眠症を解消するには、不眠(睡眠障害)のパターンと原因について知っておきたいことがいくつかあります。まず不眠症のパターンには、寝つきがわるい「入眠困難」、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」、朝早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」があります。不眠症の原因としては、ストレスがまずあげられますが、その他に生活リズムの乱れ、うつ病などの精神障害、睡眠時無呼吸症候群や糖尿病などの病気などがあります。

朝目が覚めて、夜は眠くなるという睡眠リズムは、セロトニンとメラトニンという脳内ホルモンがコントロールしています。この2つのホルモンのバラスンがなにかの原因でくずれるのが不眠症です。極端な夜型の生活などが原因のときは生活パターンを改め、病気が原因のときまずその病気を治さなければなりません。ストレスやうつ病などの精神障害が原因のときは、脳内ホルモンに作用する睡眠導入剤を使用することもあります。睡眠導入剤には、眠気をさそうメラトニンを活性化させるものや、神経の興奮をおさえて入眠しやすくするものなどがあります。

不眠症(睡眠障害)の治療薬は?眠れない、寝つきが悪い、深夜に目が覚める、朝方早く目が覚めるなどの睡眠トラブルは非常に一般的な睡眠障害です。

うつ病や不安障害、パニック障害が原因で不眠症が現れる場合は、抗うつ剤でうつ病を根本的に治療することと、不眠症に<睡眠導入剤/睡眠薬>を服用することがあります。この場合、出パス(エチゾラム成分)やジェネリックのエチラームが有名です。

また、特に深刻なうつ病、不安障害などが原因ではない不眠症や睡眠トラブル、時差ぼけの解消、日々の熟睡には<睡眠サプリメント>のメラトニンが頻繁に使われます。