男性の薄毛、抜け毛の原因は

脱毛・薄毛が治療対象になったのはいつ?

ミノキシジルとは

フィナステリドとは?

効果的な育毛治療の組み合わせ

注目の育毛成分L-リジン

女性の薄毛、抜け毛の原因

女性が使える育毛剤は?

ニゾラルシャンプーとは

抜け毛を抑えて発毛させるには?

育毛に良い習慣、悪い習慣

抜け毛を抑えて発毛させるには?

抜け毛を抑えて発毛させるには?

抜け毛を抑える方法は男性と女性では違います。抜け毛の原因が違うからです。男性の脱毛の最大原因はDHTの過剰です。したがってその対策は、『フィナステリド配合』のAGA治療薬で男性ホルモンの1種DHTの産生を抑制することが最優先されます。

女性の脱毛の最大原因はエストロゲンの減少でホルモンバランスが変化することです。過激なダイエット、出産、更年期などにこの変化が起きるので脱毛しやすくなります。エストロゲンの不足は男性のDHTほど強力な脱毛因子ではないので、エストロゲン(卵胞ホルモン)の補充や、正しいヘアケアや生活習慣で脱毛を防ぐことが期待できます。

発毛・育毛には頭皮や毛根を健康にして、活性化させることがいちばんです。ミノキシジルなどの育毛剤を使うとともに頭皮にダメージを与えないヘアケア習慣を身につけましょう。

脱毛予防と発毛のどちらに力を入れますか?

脱毛には自然なヘアサイクルによって抜ける生理的な脱毛と、なにかの原因でヘアサイクルが短くなって抜ける異常な脱毛があります。

異常な脱毛の原因は、男性では男性ホルモンの1種DHTの作用によるAGAがもっとも多く、多くは20~30代に発症します。治療にはDHTの産生を抑制するフィナステリドという薬を内服します。

女性では更年期に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減ることが、脱毛の最大の原因になっています。ほとんどの場合40代後半から50代にかけて脱毛が増えてきます。頭頂部が全体的に薄くなるので「びまん性脱毛」と呼ばれています。治療法にはエストロゲンを補給するホルモン療法などがあります。

女性は閉経よるホルモン変化の他に、出産後や極端なダイエットによるホルモンバランスの変化によっても、一次的に脱毛が増えることがあります。この他薬の副作用やストレスによる脱毛もあります。

毛髪は脱毛しても同じ毛穴から再び生えてくるのが正常なヘアサイクルです。しかし何かの原因で発毛や育毛がスムーズにいかないと、抜ける一方で元気な新しい毛髪が育たないことになり、薄毛が進行します。

発毛と育毛を促進するには、頭皮への血行を促進して毛穴の奥にある毛乳頭と毛母細胞の働きを活性化しなければなりません。そのために効果のある薬として医学界で認められているのが、血管拡張作用のある「ミノキシジルです。これは男性も女性も使える薬ですが、女性は成分配合少ない外用薬だけに制限されています。

頭髪が薄くなって地肌が目立っていてもよく見ると毛穴からはか細くて短い毛が生えています。これが太く長く育てることができれば薄毛は解消されます。そのためには脱毛を予防して髪に「育つ時間」を与えることと、正しいヘアケアで髪と頭皮を健康に保って、毛髪の育ちに良い環境を与えてやることが大切です。

フィナステリド配合のAGA治療薬はこちら【男性の抜け毛防止】>>

ミノキシジル配合のAGA治療薬はこちら【発毛】>>

女性用のミノキシジル(低濃度)はこちら>>

育毛のためにこれだけは知っておきたいヘアサイクルの基本知識

1本の髪の毛には4年から6年の寿命があります。女性はこの寿命が男性より少し長めです。それは女性ホルモンのエストロゲンに髪の寿命をのばす作用があるからです。

髪が抜けた毛穴には毛乳頭が残っています。毛乳頭は数か月の「休止期」を経て再び「成長期」にはいり毛母細胞に栄養を送りこみます。その栄養を使って毛母細胞は分裂を繰り返して髪を成長させます。そして数年かかって太く長く成長した髪は「退行期」にはいり2~3週間で抜けてしまいます。この繰り返しが毛周期(ヘアサイクル)です

このようにヘアサイクルのほとんどの期間は成長期で、成長期が長いほど髪は太く長くなります。髪は1日に0.3~0.5mm、1カ月で約1.2cm伸びます。つまり髪は1年間の寿命を保つと約15cm伸びるのです。

しかし、毛髪の薄くなった地肌を見ると、10cm以上あるような太い毛は数が少なく、1cmあるかないかのか細く短い毛が目立ちます。つまりヘアサイクルの成長期が極端に短くなっている毛が増えているということです。

毛髪は1人に約10万本あるといわれています。それぞれの毛は脱毛の時期が異なり、健康なヘアサイクル人でも1日50~100本は脱毛します。しかしヘアサイクルが短くなると脱毛は1日200~300本にもなり、しかもしだいにその中に細く短い毛が多く混りだします。これが薄毛が進行するヘアサイクルです。

→トップに戻る

毛穴に残るか細く短い毛を大きく育てることができますか?

抜け毛に細く短い毛が混じりだしたら薄毛が進行しつつあるサインです。ヘアサイクルの成長期が短くなって、髪が成長する前に抜けている証拠だからです。そういう人は、薄くなってきた地肌にも、よく見ると産毛のような細く短い毛がたくさん生えているはずです。

この発毛したばかりの毛髪を元気に育毛できれば薄毛は解消しますが、育つ前に抜けてしまうと太くて長い毛が少しずつ減っていき、薄毛が進行することになります。この毛穴に残るか細い毛を大きく育てるにはどうしたらよいのでしょうか?

<脱毛の原因を取りのぞく> 男性なら、脱毛の最大原因である男性ホルモンDHT対策をする必要があります。DHTの産生を抑制する『フィナステリド薬』の服用が第一選択です。女性の場合はエストロゲンの不足が関係していることが多いのでその対策をまず考えます。

<発毛・育毛を促進する> 対策としてまず考えたいのが『血管拡張作用』があり、毛母細胞を活性化するミノキシジルの使用です。ミノキシジルの外用薬(低濃度1,2%)は女性も使うことができます

<頭皮と毛髪の健康を守る> 発毛・育毛には日頃の正しいヘアケア習慣や頭皮や毛髪にストレスを与えない生活習慣も大切です。食生活では血管を元気にする食品、髪に栄養を与える食品を積極的に食べましょう。

→トップに戻る

地肌を見ると分る、男性の薄毛と女性の薄毛の違い

男性の場合は毛が薄くなって地肌が目立つ部分には、よく見ると産毛のようなか細く短い毛が毛穴からでています。女性の場合は、やはり薄くなったところには細く短めの毛が増えていますが、男性ほど産毛化したけではありません。

この違いは男性のDHTの作用による脱毛ほど女性の脱毛は急速に進行せず、ヘアサイクルも極端に短くはなっていないので、いっきに毛髪が産毛のようになることがないからです。

したがって男性はまず脱毛因子DHTの対策が最優先です。女性はホルモンバランスの安定とともにヘアケアを見直すことから育毛作戦を始めましょう。

男性も女性も育毛の効果を上げるためには、まずシャンプーを見直す必要があります。

  • 皮脂を取ろうと洗いすぎていないか。
  • せっかく生えてきた細い毛をこすって抜いていないか。
  • 界面活性能力の高い洗剤で洗って頭皮を乾燥させていないか。
  • 爪を立てて洗って頭皮の角質をはがしていないか。

このような点を見直して「頭皮に優しいシャンプー」を心がけてください。

頭皮にフケやかゆみ、湿疹が見られる場合は『脂漏性皮膚炎』の症状で、抜け毛の原因になります。脂漏性皮膚炎の治療には週二回のニゾラルシャンプーです。ニゾラルシャンプーは男女で使える薬用シャンプーで、市販の育毛シャンプーでは脂漏性皮膚炎は治療できません。

頭皮治療シャンプーはこちら>>

→トップに戻る