メラトニンと睡眠障害の改善

メラトニンは睡眠のリズムを作る睡眠ホルモン

夜メラトニンが分泌されると眠くなり、朝セロトニンが分泌されると目が覚める、という「睡眠ホルモン」の話を聞いたことがあると思います。体内時計が正常にはたらいているときは、睡眠や覚醒をうながすこれらのホルモンも正常に分泌されて、1日の快適な生活リズムが刻まれます。

ただし、この睡眠をつかさどるメラトニンは歳と共に右肩下がりで分泌量が減り、ストレスなどでも減量して睡眠の量や質が低下します。

睡眠不足や睡眠の質の低下は老化の原因で、肌や髪への影響、疲労蓄積として現れますので、睡眠をおろそかにはできません。

メラトニンの分泌をじゃましない

人は目が覚めてから15~16時間すると、セロトニンの分泌が止まってメラトニンの分泌が始まります。メラトニンは脳の興奮をしずめて、体温や血圧を下げて眠りを催すホルモンです。昼間セロトニンの分泌が多い、つまり活発に活動するほど、夜のメラトニンの分泌も多くなると言われています。

しかし昼の活発で刺激的な活動を夜遅くまで持ち越すと、メラトニンの分泌が悪くなってしまいます。夜10時ころから始まるメラトニンの分泌は午前2時ころにもっとも多くなると言われています。就寝前に携帯やパソコン、テレビで強い光を受けているとメラトニンは分泌されずに睡眠のゴールデンタイム(午後10時~午前2時)に眠れなくなります。

メラトニンがじゅうぶん分泌されずに睡眠不足で翌朝目が覚めると、日中のセロトニンの分泌が悪くなり、それがその夜のメラトニンの分泌をさらに減らすという悪循環になります。

減少するメラトニンを補充

眠りを誘う睡眠ホルモンのメラトニンは、子供の頃に最も多く分泌されて歳とともに減って行きます。老人になるとメラトニン量が非常に少ないため睡眠時間がとても短くなるのです。

メラトニンは夜型の生活習慣やストレスでも分泌量がへるため、睡眠障害、不眠症の方はメラトニンを補充して睡眠の質を高めることができます。

メラトニンはこのような方に有効です

  • なかなか眠りにつけない
  • 深夜や朝方に目が覚める
  • 朝起きても疲れが取れていない
  • 海外出張や旅行で時差ぼけが酷い
  • 睡眠不足が原因で肌や髪に悪影響が出ている
  • 睡眠不足が原因で太り気味、体重が減らない
  • 睡眠エステ、アンチエイジングに興味がある

植物性メラトニン - 睡眠障害、睡眠改善からアンチエイジングまで

メラトニン購入

植物性メラトニン(60カプセル)

  • 100%天然の植物メラトニン
  • 加齢やストレスで減っています
  • 長く深い質の高い眠りには
1箱 3,762円
(割引中:まとめ買いで更にお得!)
詳細はこちら
メラトニン購入

植物性メラトニン(120カプセル)

  • メラトニン補充で快眠を
  • 安心の植物性メラトニン
  • 疲れを残さないためにも
2箱 4,932円
(割引中:1箱あたり2,466円!)
詳細はこちら
メラトニン購入

植物性メラトニン(180カプセル)

  • 睡眠は心身の健康の源
  • 老化防止や時差ぼけにも
  • 実績のソースナチュラル社
3箱 5,922円
(割引中:1箱あたり1,974円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス