人前で何かするのが怖くなる症状

社会不安障害は社交不安障害ともいいます。1字の違いですが、こちらの方が「社交」つまり人付き合いの中で出てくる症状ということが分りやすいかもしれません。人前に出ると顔が赤くなる「あがり症」や人前で字を書くときに手が震える「書痙」なども社交不安障害の1つです。

英語ではSADと書きますが、Social Anxiety Disorderの略で、世界中でこの症状の患者さんが沢山います。

アメリカ精神医学界の診断基準では、「他人に注目されるかもしれない社交場面に対し、非常に強く持続する恐怖を抱き、自分が恥をかいたり、恥ずかしい思いをするように行動することを恐れる状態」と定義されています。

ちょっと分りにくいですが、キーワードは「人前」です。人に注目されていると思うと、話す、食べる、字を書く、などの行動が怖くなり、自然に行なえなくなる病気です。そして、そういう場面では、声が震える、手足が震える、顔が赤くなる、汗をかく、心臓がどきどきするなどの症状が出ます。

過剰反応だと分っていても修正できない

また、社交不安障害と診断される重要なポイントに、

  • そういう自分の恐怖が過剰だということを自覚している
  • その恐怖のために人前を避けようとすることがある
  • その恐怖のために社会生活を妨げられたり、大きな苦痛を感じている

などがあります。

社交不安障害の治療

社交不安障害の治療にはアドレナリンの受容体をブロックして動悸をしずめる作用がある「インデラル」などのβ(ベータ)ブロッカーが使われています。人は緊張するとアドレナリンが活発に分泌され、心臓の鼓動が早まります。これはいわば身体が戦闘準備態勢に入るのですが、この反応が過剰になるのが社交不安障害です。

インデラルは、成分のプロプラノロール塩酸塩がアドレナリンの受容体をブロックするので、心拍数を安定させ、心身をリラックスさせる作用があります。即効性があり、会議の前などに予防的に服用することができますが、使用しすぎると効き目が出にくくなってくるのであまり頻繁に使わないように注意が必要です。

社交不安障害はうつ病の併発率が70%とも言われ、非常に高い確率でうつ病の症状をともないます。そういう場合はセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 (SSRI)などの抗うつ剤も使用されます。

症状によっては、薬物療法と平行して行動療法、森田療法などの心理療法も有効です。

SSRI抗うつ剤 - 気分の落ち込みを改善します

ジェイゾロフト購入

ジェイゾロフト(30錠)

  • 最も有名なSSRI抗うつ剤
  • うつ病、不安、パニック障害など
  • 妊娠、産後うつにも使われます
1箱 9,280円
(複数セットで1箱の最安値4,160円!)
詳細はこちら
SSRIのプロザック購入

プロザック(24錠)

  • 世界中で2000万人以上が使用
  • セロトニンを増量して気分を改善
  • うつ病、不安障害、パニック障害など
1箱 4,580円
(複数セットで1箱あたり2,660円!)
詳細はこちら
パキシルジェネリック購入

パキシルジェネリック(30錠)

  • 処方量の多いパキシル後発薬
  • 第3世代のSSRI抗うつ剤
  • うつ病、不安障害、パニック障害など
1箱 3,680円
(複数セットで1箱の最安値1,536円!)
詳細はこちら
全ての関連商品を見る>>

→トップに戻る

不眠、睡眠障害のメラトニン、あがり症の改善にはインデラル

メラトニン購入

インデラル(あがり症)

  • 狭心症や極度の緊張に
  • 有名なインデラルの後発薬
  • 心臓のドキドキを抑制
1箱 4,980円
(複数セットで1箱の最安値3,293円!)
詳細はこちら
メラトニン購入

メラトニン(睡眠改善サプリ)

  • 100%植物性メラトニン登場!
  • 睡眠障害・快眠、時差ぼけなど
  • 欧米では定番のメラトニン
1箱 4,180円
(複数セットで1箱の最安値2,193円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス