痛風とは

痛風とは

通風は尿酸という老廃物の結晶が関節に溜まって、関節が炎症を起こす病気です。

よく「痛痛はぜいたく病」と言われますが、おもな原因は美食や過食ではなくて体質にあります。

痛風は、体内で尿酸が過剰に作られる人、あるいは尿酸の排せつがスムーズにいかない人に起きる病気です。

ただし、その体質がある人が食事で尿酸の材料になるプリン体をたくさん摂ることはひかえなければなりません。

体に必要なプリン体の約8割は体内で合成され、残りの2割が食事から吸収されます。プリン体を多く含んでいるのは肉や魚などの動物性の食品です。

▼尿酸値とは何?

犯罪捜査では、髪の毛や唾液、皮膚片などからDNAを検出しますが、それが可能なのは私たちの身体の細胞の1つひとつに必ずDNAがあるからです。このDNAを作るのに欠かせない材料がプリン体です。

新陳代謝で古い細胞が新しく生まれ変わるときにDNAも作りかえられますが、古いDNAに含まれていたプリン体もそのときに代謝されて尿酸になります。尿酸はプリン体が代謝されてできる老廃物なのです。

尿酸は血液で腎臓まで運ばれて、尿といっしょに排泄されます。血液に溶けている尿酸の濃度が尿酸値です。

痛風の原因

痛風の症状

尿酸は水に溶けにくい物質なので、血液中の尿酸が過剰になると(尿酸値が高くなると)、一部が結晶化して関節に溜まります。

血液の温度が低いほど結晶化しやすいので、体の末端の関節、とくに足の先の関節に溜まりやすい性質があります。

痛風の発作は、関節に溜まった尿酸の結晶がなにかの拍子にはがれたときにおきます。

はがれた尿酸の結晶を白血球が異物ととらえて攻撃するので、炎症が起きて、熱や腫れ、激しい痛みなどの症状がでます。これが痛風の発作です。

尿酸値の正常範囲は、男性が4.0~6.5mg/dl、女性が3.0~5.0 mg/dlです。この値が7.0を超えると、痛風発作がおきるリスクが高い高尿酸血症と診断されます。

痛風は男性が圧倒的に女性より多い病気です。その理由は女性ホルモンに尿酸の排せつをうながす作用があり、尿酸値が高くなりにくいからです。したがって、女性も閉経後は尿酸値が高くなりやすくなります。

高尿酸血症になる原因には次のようなものがあります。

  • プリン体や尿酸を過剰に作る体質
  • 尿酸の排せつがスムーズにいかない体質
  • 食事でプリン体を過剰に摂取する
  • お酒をたくさん飲む(ビールなどの醸造酒にはプリン体が含まれている他、アルコールにはプリン体の産生をうながす作用があります)
  • 水分の摂取不足(夏に痛風の発作がおきやすいのは、汗を大量にかいて血液の水分が減るからです)

「痛風だからビールは飲めない」といってプリン体を含まれない焼酎を飲む人がいますが、アルコール自体にプリンタを増やす作用があるので、たくさん飲むと尿酸値を上げることになります。

尿酸値を上げないために大切なことは「水分摂取」です!お酒を飲んでいる最中でも水を十分摂取しましょう。

痛風の症状

通風の発作がもっとも出やすいのが、足の親指のつけ根です。次に出やすいのが足の甲やかかとで、まれに膝に出ることもあります。

発作が出た部分は赤く腫れて、「風が吹いても痛い」と言われるような強い痛みがあります。もちろん、とても歩くことはできません。

良い薬がなかった昔は発作が出ると1~2週間非常に痛い思いをしますが、その後痛みや腫れは自然におさまります。

しかし、強い炎症が関節にダメージを与えるので、痛風結節というコブができたり、歩行が不自由になる後遺症が残ることがありました。

尿酸値が高いまま放置すると、頻度は人によって違いますが半年に1回か1年に1回は痛風の発作が出ることになります。汗を大量にかく夏に出やすい傾向があります。精神的なストレスが大きいときも発作が出やすくなります。

薬で尿酸値のコントロールをしていても、何かのきっかけで発作がおきることがありますが頻度は非常に少なくなります。

痛風の治療法

痛風の治療は、
・発作が出たときの消炎鎮痛剤による治療
・薬による日頃の尿酸値コントロール
の2つがあります。

▼痛風で発作(強い痛み)が出た場合の治療

発作が出たときの痛み止めには「ロキソニン」などの消炎鎮痛剤を服用します。痛みが出てから早く飲むほど、腫れや痛みは早く治まります。

ただし、痛風専用のコルヒチンという鎮痛薬がありますので、念の為に自宅に常備しておくと安心でしょう。

初めての発作では痛風と気づかないことが多いので、治療が遅れてかなり痛い目をするのがふつうです。そうすると痛みや関節の違和感が完全になくなるまでに1~2カ月かかることもあります。

発作時の治療で注意しなければいけないのは、日頃服用している尿酸値をコントロールする薬をその間休薬することです。

痛風の痛みが完全にひかないうちに飲みはじめると非常に強い痛みがでることがあります。

何回か痛風発作を経験すると、ピリピリするような感じの発作の予兆が分るようになります。そのときに服用して発作を予防する「コルヒチン」という薬もあります。

▼尿酸値のコントロール

毎日服用して尿酸値の上昇を防ぐ薬には、この2つのタイプがあります。

  • 体内で作られる尿酸を減らす薬―「ザイロリック」、「フェブリック」など
  • 尿酸の排せつをうながす薬―「ユリノーム」、「ベネシット」など

もっともよく使用されているのは「ザイロリック」ですが、効果を見ながらどの薬を使うか選択します。

先に述べたように、これらの薬は発作が起きたときはいったん服用をやめる必要があります。

尿酸値のコントロールは一生続ける必要があるので、薬も飲み続けなければなりません。現在は1日に1回の服用で済む薬が使われています。

1年以上発作がないと、薬を中断してしまう人が少なくありませんが、発作がおきなくても尿酸値が高いと腎臓にダメージをあたえるので、甘く考えるわけにはいきません。

薬で尿酸値をコントロールしているときは、数か月に1回血液検査をして尿酸値の推移を測定します。

痛風の予防法

尿酸値が高い人、痛風の発作を起こしたことがある人は、ふだんの生活で次のような注意が必要です。

1. プリン体の多い食品をひかえる

プリン体の約8割は体内で合成されるといっても、尿酸値の高い人はやはり食品からのプリン体摂取をなるべく減らす必要があります。

プリン体は植物にも動物にも含まれていますが、とくに多いのが肉や魚の動物性の食品です。そのなかでも、イクラやタラコなどの魚卵やレバーに多く含まれています。

過食をひかえて、野菜を多く食べるなどバランスの良い食生活をすることで、プリン体の摂取を減らすことができます。

2. お酒を飲み過ぎない

先ほど述べたように、アルコールにはプリン体の合成をうながす作用があるので、プリン体を多く含むビールをひかえるだけでなく、お酒の総量をひかえる必要があります。

3. ストレスを貯めない

強いストレスは痛風発作のきっかけになります。尿酸値のコントロールとともにストレスをためない心がけも痛風の発作を予防します。

4. 水分を補給する

大量に汗をかく夏はとくに水分不足に気をつけましょう。血液の水分が少なくなると尿酸値が上がって、発作の原因になります。

痛風を動画で学ぼう

痛風は多くの男性が経験する病状で、生活習慣の改善が必須です。激痛で歩けない状態が続く場合はコルヒチンなどの痛風用の鎮痛薬を服用します。同時にザイロリックで尿酸値を抑える治療も取られます。

食生活の改善、水分補給を心がける、適度な運動は痛風の改善、予防だけでなく、生活習慣病の予防改善にもつながります。