痛風は痛みと合併症に注意


痛風は発作の痛さだけでなく、合併症が怖い病気です

風があたっても痛いと言われる痛風は、発作が起きると一歩も歩けなくなるほどの強い痛みがあります。痛みの発作は薬で抑えることができますが、原因になる尿酸値を下げる治療をしないと、腎臓病などの合併症を起こすことがあります。

痛風の原因は?

痛風は尿酸の血液中の濃度が高くなると起きる病気です。尿酸は細胞の新陳代謝によって生じる老廃物で、水に溶けにくい性質があります。足の関節などで尿酸が結晶化すると、炎症を起こして強い痛みが出ます。

どうして痛風は男性が多いの?

痛風は患者100人中の98人が男性です。これは女性ホルモンに尿酸の排泄を促す作用があり、女性は尿酸の血液中の濃度が男性より低いからです。

痛風はどうして足の親指が痛くなるの?

痛風の発作はほとんどが足の親指の関節にでます。その理由は、足の親指付近が身体でいちばん体温が低い部分なので、血液に溶けきれなくなった尿酸が結晶しやすいからです。尿酸の結晶ができると白血球がそれを異物とみなして攻撃するので、炎症が生じます。

痛風の怖い合併症とは

血液中の尿酸値が高い状態が続くと、尿路結石や腎臓障害を起こしやすくなります。また、通風発作をくり返していると、関節部分が腫れてコブ状になることがあります。

また高尿酸血症は糖尿病、高血圧、高脂血症のリスクを高めることも分かっています。

痛風も生活習慣病の1つ?

痛風はよくぜいたく病などといわれて、食べ物に関係が深いと思われています。尿酸の原料になるプリン体を多く含む魚卵やレバーなどをあまり食べないように、と言われるのがそれです。しかしプリン体の8割は体内で作られるものなので、通風になるかならないかはおもに体質によります。

ただし、尿酸値が高いと言われた人は、プリン体を多く含む食品をなるべくひかえることは必要です。飲酒や喫煙も尿酸値を高くする要因になります。

焼酎はいくら飲んでも痛風には影響ないの?

よく言われる、ビールなどはプリン体を多く含むから痛風に良くないが、焼酎のような蒸留酒はかまわない、というのは間違いです。

アルコールが分解するときに尿酸が作られるので、プリン体のあるなしに関わらずお酒を飲むと血清尿酸値は高くなります。またアルコールには尿の中の尿酸の排泄を阻害するはたらきもあります。

痛風の治療は

痛風は発作で腫れや痛みが出たとはロキソニンなどの消炎鎮痛剤で症状を抑えます。

発作の出始めには、コルヒチンという薬がよく効きます。これは白血球が尿酸の結晶を攻撃するのを抑制する薬で、早めに飲むほど効き目があります。

ふだんは血清尿酸値を下げる薬を服用して尿酸値のコントロールをします。おもな尿酸値の降下薬には、尿酸が作られるのを抑制するザイロリック(成分はアロプリノール)と尿酸の排泄を促進するユリノーム(成分はベンズブロマロン)などがあります。

特集の読者向け割引クーポンコード

特集の読者向け割引クーポンコード

痛風の治療薬 - 尿酸値を下げるザイロリック・痛みが出たらコルヒチン!

尿漏れ、尿失禁のポラキス

ザイロリック

  • 痛風・尿路結石の治療薬
  • 尿酸値を低減します
  • 尿酸の過剰生成を抑制
1箱100錠 4,680円
(複数セットで1箱最安値:2,927円!)
詳細はこちら
尿漏れ、尿失禁のポラキス

コルヒチン100錠

  • 痛風の予防や症状の緩和に
  • 尿酸値を抑えるにはザイロリック
  • 痛風の予兆や発作が出たら服用
1箱100錠 4,880円
(1箱あたり:2,993円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス