なぜ禁煙できないのか?

禁煙をしたいと思っても、タバコはなかなかやめられないものです。
タバコがやめられない原因として、「ニコチン依存症」というものがあります。

タバコを吸うと、含まれているニコチンが脳内にはたらきかけて、快感を生じさせる物質であるドパミンが放出されます。これによって、「タバコを吸うとホッとする」「イライラがおさまる」「仕事の疲れがとれる」という効果があらわれるのです。

しかし、しばらくしてニコチンが体内から無くなってしまうと、反対にイライラするなどの「離脱症状(禁断症状)」があらわれます。その離脱症状を解消するために、身体が再びニコチンを欲してしまい、タバコを吸いたいという衝動にかられてしまうのです。

ニコチンの依存性はきわめて高く、コカインやヘロインに匹敵するという意見もあります。自力で禁煙することは非常に難しく、禁煙外来の受診や禁煙を助ける医薬品の使用が推奨されています。

禁煙するメリット

禁煙をすることで得られるメリットは、健康面や金銭面などさまざまです。

禁煙を続けることができれば、咳や痰、ぜんそくなどの呼吸器の症状が改善してきます。肺機能(COPDなど)についても、改善がみられます。さらに、禁煙を数年にわたって継続することで、心臓病のリスクや、肺がん・咽頭がんのリスクも、大きく低下してきます。

また、タバコをやめることで、金銭的なメリットも得られます。タバコを1日1箱(450円)吸っている方では、一年間で16万円以上をタバコ代として支払っています。さらに疾病リスクを考えれば、タバコをやめることによって、今後かかる医療費の節約をすることも期待できるのです。

そのほか、肌の調子が良くなる、口臭が改善される、目覚めがよくなる、食べ物がおいしく感じるといった効果も、禁煙の比較的初期からあらわれます。周囲の方の受動喫煙がなくなることや、家や車に臭いがつくことがなくなることも、嬉しいポイントですね。

禁煙する為には

禁煙を成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか。

禁煙の第一歩としては、「禁煙をする」という意思をかためることです。タバコ・ライターなどの喫煙具を処分したり、タバコが吸いたくなったらガムや水を口にするなど、タバコに頼らない生活を心がけましょう。

また、自分の力だけで禁煙ができないと感じたら、禁煙補助薬の使用をオススメします。タバコを美味しいと感じにくくする効果があり、禁煙時のイライラや集中力低下を抑える作用もあります。

喫煙歴も40年の舘ひろしさんが禁煙に成功したのも、禁煙補助薬のおかげようです。1日4箱も吸っていたようですから、喫煙補助役の効果の高さが伺えますね。

禁煙をする ▶