精神病とは

精神病とは

まずは精神病の種類について説明します。

精神病には多くの種類がありますが、日本人に多いおもな精神病は次の3つです。

1.気分障害
気分がハイになったり落ち込んだりする病気で、「うつ病」と「双極性障害」(いわゆる躁うつ病)がその代表です。うつ病に似た症状がある「非定型うつ病」や、冬に症状が出る「冬季うつ病」も気分障害の1つです。

2.不安障害
理由なく不安や緊張が高まる病気で、昔はノイローゼとか神経症と呼ばれました。「パニック障害」、「強迫性障害」、「社交不安障害」がその代表です。

3.妄想性障害
他人が自分に危害を加わえようとしている、悪口を言っているなどの妄想や幻覚が生じる病気で、その代表的なものが「統合失調症」です。この病気は昔は精神分裂病とよばれていました。

このほかに、以下タイプの精神病などがあります。

  • ストレスが原因で身体症状が出る「心身症」
  • 脳の障害が原因でおきる「自閉症」や「発達障害」
  • 「引きこもり」や「五月病」などの社会不適応
  • 過去の衝撃的な体験によっておきる「外傷後ストレス障害(PTSD)」
  • やせたいという強い願望によって生じる「拒食症」や「過食症」

▼精神病の原因については生活上のストレスが引き起こすうつ病や不安障害などのほか、先天性の精神病もあります。

精神病は、脳の病気という一面がありますがそれだけでは説明できず、生まれつきの気質と環境が影響し合って発症することもあります。くわしい原因や発症のメカニズムは分っていないものがほとんどです。

▼精神病の治療は以下の2種類が一般的です。

精神病の治療には、「薬物療法」と「心理療法」があり、そのどちらかあるいは両方が並行して行なわれます。

薬物療法では、抗うつ剤、抗精神病薬(メジャー・トランキライザー)、気分安定剤抗不安薬などが使われます。

心理療法には「カウンセリング」と、カウンセリングと併せて行なう「認知行動療法」があります。認知行動療法は自分考え方のクセ(自動思考)に気づいて、それを修正していく治療法です。

一般に精神病の治療はある程度の期間がかかり、適切で辛抱づよい治療が必要です。家族や周囲の理解と協力も重要です。

うつ病とは

うつ病とは

気分障害の中でもっとも多いのがうつ病です。うつ病の原因はよく分っていませんが、性格が原因ではなく、どんな人もうつ病になる可能性があると言われています。過労や精神的なストレスがきっかけで発症することが多い病気です。

うつ病になると脳内ホルモンのセロトニンやノルアドレナリンが不足して、それが気分の落ちこみをひき起こします。

▼うつ病の症状とは

うつ病の症状は、朝に気分の落ち込みが強いのが特徴です。多くの場合不眠の症状も出ます。

うつ病の気分の落ち込みは次のような精神状態をひき起こします。

  • 学校や会社に行く気力がでない
  • 今まで熱心だった趣味に興味が持てなくなる
  • 口数が減る
  • 集中力がなくなる
  • 記憶力が低下する
  • 性欲・精力がなくなる(
  • 肩こり、頭痛、食欲不振などの身体症状がでる
  • 自分が悪い、自分には生きていく値打ちがないなどの自己否定的な気持ちになる
  • 自殺したいと思う

▼うつ病の治療方法は?

うつ病は放置すると重症化するので、早期に治療を始めることがたいせつです。

初めは急性症状を改善するために薬物療法が中心になりますが、抑うつ症状が改善されたらカウンセリングを並行して行う場合もあります。

うつ病の治療薬は、現在は、以下の抗うつ剤の服用が一般的です。

SSRIは非常に種類が多く、症状や効果、副作用など患者との相性を見ながら選択されます。代表的な薬としては、パキシルジェイゾロフトレクサプロなどがあります。

いずれのSSRI、SNRI抗うつ剤にもジェネリック薬(後発薬)があります。

抗うつ剤は、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの量を少しずつ増やしていく薬なので、服用を始めてから効果が現れるまでに2~3週間かかります。

抗うつ剤は急に薬の服用を止めると「離脱症状」という強い副作用がでるので、止めるときはじょじょに薬の量を減らして行く必要があります。よくある離脱症状は、めまい・頭痛・吐き気・耳鳴り、しびれ・耳鳴り・不眠イライラ・不安、などです。

服用中の副作用としては、眠気、口の乾き、便秘などがあります。SSRIやSNIRはこれらの副作用を軽くした薬ですが、完全になくなったわけではありません。しかし、服用に慣れるにしたがって副作用は軽くなります。

うつ病は「心の風邪」などと言われることがありますが、軽視すると重大な結果を招くことがあるので、早めに治療を始めことがたいせつです。

うつ病の治療には「休養」が重要な条件になり、家族や会社の同僚など、周囲の理解が必要です。

非定型うつ病とは

非定型うつ病とは

非定型うつ病は若い女性に多い気分障害です。定型的なうつ病とは違う症状があることから「非定型」と呼ばれています。

では通常のうつ病との違いは何でしょうか?

必ずというわけではありませんが、非定型うつ病はうつ病と次のような点で症状が異なります。

  うつ病 非定型うつ病
なりやすい人 中年以降に発症しやすい 若い女性に多い
睡眠

不眠になる
不眠症の症状・原因・改善法はこちら>>

過眠になることがある
食欲 食欲がなくなる 過食になることがある
性欲 性欲が減退する ときに刹那的な性行動に走るケースがある
気分が落ち込む時間帯 朝や午前中が多い 夜が多い
物事に対する関心や興味 すべにておいて無気力・無関心になる 趣味など、自分の好きなことには意欲がわく
気分の変動 いつも気分が沈みがち ハイになったり落ち込んだりの気分の変動が大きい
人からの非難や批判に対する反応 自分に非があると思い、反論できない 過剰に攻撃的に反応することがある

非定型うつ病に特有の症状として「鉛様麻痺」があります。これは、手足がだるく、鉛のように重たくなり、起き上がることもつらくなる症状です。患者は病院でこの身体症状だけをうったえる場合も多く、非定型うつ病が見逃されることがあります。

非定型うつ病は、好きなことには一生懸命になったり、ときにはハイになったりするので、身勝手とか気分屋などと誤解されることが少なくありません。

▼非定型うつ病の治療

非定型うつ病の治療は、基本的にはうつ病と変わりません。重症化するとうつ病と同じで自殺する危険性があるので、軽く考えることはできません。

薬物療法では、おもにSSRIやSNRIなどの抗うつ剤が使われますが、抗不安薬(「デパス」など)や気分安定剤(「ラミクタール」など)が使われることもあります。

心理療法には、カウンセリングや物事に対する考え方を修正する認知行動療法があります。

<日常生活での非定型うつ病の改善策>

食べすぎや睡眠不足、あるいは寝過ぎに注意して、規則正しい生活を送ることが改善につながります。食生活では、とくに糖分の摂りすぎに注意して、バランスの良い食事を心がける必要があります。

非定型うつ病でも過労は禁物で休養は重要ですが、行けるときは会社や学校を休まないようにして、なるべく生活のパターンをくずさないことが大切です。

うつ病の人に周囲から「ガンバレ」と声をかけるのはタブーとされていますが、非定型うつ病の場合は、ある程度の励ましが効果を発揮することがあります。

双極性障害(躁うつ病)とは

双極性障害」」は気分が落ち込む「うつ状態」と、異常に気分が高揚する「躁状態」が交互に繰り返される病気です。

以前は「躁うつ病」と呼ばれていました。うつ病とは違う病気で、治療薬も異なります。

▼双極性障害の症状

双極性障害のうつ状態の症状は、うつ病の症状と同じです。気分が落ち込んで、物事に興味や喜びを感じることができなくなります。

不眠や食欲不振、集中力の低下などが生じて、自責感情が強くなり、自殺願望が起きることもあります。

躁状態のときは、反対に寝ないで活動するくらい元気でおしゃべりになります。しかし、このハイテンションは、人間関係をこわしたり、大きな借金をするなど、どこか常軌を逸するところがあります。家族にも大きな迷惑をかけがちです。

最初はうつ期と躁期を4~5年単位くらいでくり返しますが、治療をしないとその切り替わりが早くなり、数か月単位になることがあります。

▼双極性障害の治療

双極性障害はおもに「気分安定薬」という薬で治療します。脳神経の電気信号の電位差を安定させる作用がある薬で、うつ状態のときも躁状態のときも有効です。

気分安定薬には、「リーマス」、「デパケン」、「ラミクタール」などがあります。

この中でもっともよく使われているは「リーマス」ですが、成分のリチウムの血中濃度が高くなると中毒を起こすので、服用中は定期的な血液検査が必要です。

躁状態のときは病気の自覚がないことが多く、双極性障害で病院を訪れる患者はうつ状態のときがほとんどなので、うつ病と誤診されるケースが少なくありません。

しかし、抗うつ剤を服用すると病状が悪化することがあるので、注意が必要です。

双極性障害ではカウンセリングなどの心理療法は有効ではないとされています。

パニック障害とは

パニック障害は不安障害の1つで、とつぜん激しい動悸やめまいなどの発作がおきるのが特徴です。

原因が分らないこの発作は、患者に強い恐怖感を与えてパニックにおちいらせるので「パニック発作」と呼ばれています。

発作は長くても30分以内にはおさまるので、救急車で搬送されても病院についたころには症状が消えているのが普通です。

パニック障害のくわしい原因は分かっていませんが、心の中にある「不安」という心理的要素と、脳内物質のセロトニンの不足などの身体的な要素の両方が関係していると考えられています。

▼パニック障害の症状

パニック障害には、パニック発作、予期不安、広場恐怖という特徴的な3つの症状があります。

パニック発作は動悸やめまいのほかに、呼吸困難、激しい発汗、手足の震え、吐き気などの症状があります。初めの何回かの発作では、患者は死の危険を感じるほどの強いショックを受けます。

どんな状況で発作がおきるかは人によって違いますが、何かが起きたときに逃げ場所がないというような状況(ドアの開閉が少ない快速電車や高速道路の車の中など)でよくおきます。

予期不安とは、また発作がおきるのではないかという不安です。この不安が発作を誘発する悪循環におちいりやすいのがパニック障害の特徴です。

広場恐怖とは、以前発作をおこした場所に行くことへの恐怖です。

電車の中で発作をおこしたことがある人は、電車に乗ると予期不安が高まるので「電車には乗れない」という気持ちが強くなります。広い場所に対する恐怖という意味ではありません。

▼パニック障害の治療

パニック障害の治療には薬物療法と心理療法があります。

薬物療法としては、「抗不安薬」や「抗うつ剤」が使われます。

抗不安薬は精神安定剤ともいわれる薬で、即効性があるので発作が起きたとの頓服としても使われます。効き目が出るまでの時間や持続時間が違う多くの種類があります。

代表的な薬には、短時間型の「デパス」、中時間型の「ワイパックス」、長時間型の「メイラックス」などがあります。

抗うつ剤は、不足している脳内物質のセロトニンを補うために用いられます。即効性はありませんが、服用しているうちにセロトニンの濃度が少しずつ回復します。

抗うつ剤の中でも、おもにSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)が使用されます。

心理療法には、「認知行動療法」や「暴露療法」などがあります。

認知行動療法は、特定の場所に恐怖を抱いたり、予期不安を抱く「考え方や感じ方のクセ」を修正していく療法です。行動療法士という専門家の指導の下に行います。

暴露療法は、あえて広場恐怖をおこした場所に近づいて、少しずつ恐怖を小さくしていく療法です。

パニック障害は治療しないと発作の回数がしだいに多くなり、日常生活に大きな影響がでます。うつ病を併発する危険もあります。

治療には1~2年かかるのが普通なので、その間は家族の協力も重要です。

社交不安性障害(あがり症)とは

社交不安障害は、人前に出ると強い緊張や不安を感じて、ふつうに行動できなくなる病気です。日本人にたいへん多い病気で、「あがり症」はその軽症のケースです。

▼社交不安障害の症状

人前で何かをするときに次のような症状がでるのが社交不安障害です。

  • 赤面する
  • 声が震える
  • 手足が震える
  • 大量の汗をかく
  • 手が震えて字が書けない
  • 電話に出るのが怖い、応対がうまくできない
  • 会食ができない
  • 動悸・腹痛、尿意などがおきる

何回かこのような症状が出ると、また同じ症状が出るのではないかという「予期不安」を抱くようになり、人前にでるのが怖くなります。

社交不安障害が悪化すると、会社や学校に行けなくなったり、うつ病を併発することもあります。

▼社交不安障害の治療

社交不安障害の治療には、薬物療法と心理療法があります。

薬物療法は、毎日服用して脳内物質のセロトニンの濃度を高める「抗うつ剤」と、人前に出るときに服用する「抗不安薬」(精神安定剤)を併用します。

抗うつ剤は、「パキシル」、「ジェイゾロフト」、「レクサプロ」などのSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)がよく使用されます。

抗不安薬は、「デパス」、「メイラックス」などのベンゾジアゼピン系の抗不安薬がよく使用されます。

服用してから30分以内に効果が現れますが、ひんぱんに使用すると効き目が出にくくなるので、なるべく使用回数を減らす心がけが必要です。

軽度の社交性障害とも言える「あがり症」では、心拍数を安定させる「インデラル」という薬が使われています。スピーチなどの前に飲んでおくことで、あがってしまうのを予防します。

心理療法は「認知行動療法」が中心になります。これは、人前で緊張や恐怖を感じる自分の感じ方や考え方のクセ(自動思考)を修正していく療法で、有名な「森田療法」もその1種ということができます。

強迫性障害とは

強迫性障害は、「ドアの鍵をかけ忘れたかも」とか「ガスの火を消したかな?」などという誰にでもある不安が異常に強い病気です。

強迫というのは、人をおどかす「脅迫」ではなく、無意味と分かっていてもせずにはいられない心理のことです。

▼強迫性障害の症状

強迫性障害の症状には次のようなものがあります。

  • 戸締りなどの確認に何回も家に戻る(過剰な確認行動)
  • 車で人をはねたかもしれないと気になり、確認しに戻る(加害恐怖)
  • 不潔なものに触ったと思い、手が荒れるくらい何回も手も洗う(不潔恐怖)
  • 4や9など縁起がわるいと言われる数字に異常にこだわる
  • 就眠儀式など、何かをするときの自分で決めた手順を過剰に守ろうとする(過剰な儀式行為)
  • 家具の配置やデスクの文房具の配置など、物の配置や対称性に異常にこだわる

このような症状で心理的な負担大きく、日常生活に影響をおよぼしているのが強迫性障害です。

▼強迫性障害の治療

薬物療法と心理療法を並行して行ないます。

薬物療法では、おもに抗うつ剤の1種のSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)が使われます。これは、脳内物質のセロトニンの濃度を高めて不安をしずめる薬です。服用後2~3週間で効果が現れてきます。

強迫性障害ではうつ病のときよりも高用量を服用するのが普通です。服用期間は1~2年以上の長期にわたるケースが多いようです。SSRIの中でも「ルボックス」という薬がよく使われています。

心理療法には、認知行動療法があります。これは、何かにこだわる自分の考え方(自動思考)を見直して、物の見方や感じ方のかたよりを修正していく療法です。


統合失調症とは

統合失調症は、昔は精神分裂病と言われた病気です。完治が難しい病気といわれてきましたが、良いお薬でできたので正しい治療を行なえばふつうの日常生活を送ることが可能です。

思春期に発病することが多く、原因はよく分っていませんが、脳の情報伝達の不調によって現実と意識にずれが生じる病気だといわれています。発症には遺伝的な要素が関係しています。

▼統合失調症の症状

統合失調症の症状には陽性症状と陰性症状があり、それを繰り返します。

陽性症状には、以下のようなものがあります。

  • 誰かが自分の悪口を言っている(幻聴)
  • テレビで自分のことを言っている(妄想)
  • 自分は誰かに操られている(妄想)
  • 自分に危害を加えようとしている人がいる(被害妄想)
  • 現実にないものが見えたり、臭ったりする(幻視、幻嗅)

患者は妄想を現実だと思っているので病識(病気の自覚)がないのが統合失調症の特徴です。

陰性症状には、以下のようなものがあります。

  • 喜怒哀楽の感情起伏がなくなり、周囲に対する関心が薄れる
  • 行動する意欲がなくなり、着替えや入浴なども家族に促がされないとしない
  • 人とコミュニケーションが取れず自閉(引きこもり)ぎみになる

▼統合失調症の治療

統合失調症の治療は、抗精神病薬による薬物治療が中心になります。平行して、生活訓練などをする「精神科リハビリテーション」を行なうこともあります。

症状によっては、入院して治療を行なう必要があります。

抗精神病薬は脳内物質のドーパミンの過剰をおさえる薬です。現在使われているのは、陽性症状にも陰性症状にも効果がある「非定型抗精神病薬」と呼ばれるもので、よく使われているが「リスパダール」です。

統合失調症は症状が長引くと脳にダメージを与えて、しだいに脳が委縮して、陽性症状も陰性症状も悪化していきます。

患者に病気の自覚がないことが多いので治療の開始が遅れがちですが、家族の協力で少しでも早く治療を始めることが重要です。

摂食障害とは

摂食障害はダイエットがきっかけで発症することが多い精神障害で、患者のほとんどが10代から20代の若い女性です。

拒食症も過食症も摂食障害で、症状は正反対のようですがどちらも「自分は太っている」という事実とは異なる自己認識があるのが特徴です。

摂食障害は、厚生労働省が難治性疾患にしているように、なかなか治りにくい病気で重症化すると患者の将来に大きな影響を与えます。

治療には家族の理解と協力がかかせない病気でもあります。

▼摂食障害の原因

摂食障害になるきっかけの多くは過剰なダイエットですが、他人から見ると太っているとは言えない体型でも、「もっとやせなくては」と思いこむことが原因でだんだん深みにはまっていきます。

この思い込みの根底には、好きな男性からデブと言われたなどの精神的な外傷体験があることが少なくありません。

容姿に対するコンプレックスが強い人がダイエットにはまったときになりやすい病気といわれています。

子どものときの家庭環境などで、自尊心が育たなかった人がなりやすいという傾向もあります。

とくに幼少期に母親からじゅうぶんに愛情を注いでもらわなかった場合に、他人の見る目や非難に抵抗できる自尊心が不足することがあるといわれます。

過食症は、仕事上のストレスなどからドカ食いにはまることでも起きることがあります。

ダイエットの目標に健康体重ではなくいわゆる「モデル体型」を目指すのも摂食障害におちいる原因になります。

この他、食後に血糖値が上がった後に急激に血糖値が下がる低血糖症の体質がある場合も摂食障害を起こしやすくなります。

摂食障害の症状についてお話しします。

▼拒食症

拒食症は、食べると太るという恐怖感があり、食べることに強い罪悪感を抱く症状です。客観的にはやせ過ぎの状態になっても、まだ太っているという思い込みがあるのでダイエットを止めることができません。

症状が進むと、栄養失調で月経がなくなるなど身体へのダメージが重なって、食べようと思っても身体が食物を受け付けなくなります。

▼過食症

過食症は、心理的には拒食症と同じで、ダイエットのストレスと反動でドカ食いにはしるケースが多く見られます。ダイエットとは関係がないストレスから拒食症になることもあります。

過食症になると食欲がコントロールできず、目の前の食べ物を全部食べるまで食事を終えられなくなります。その後は、食べすぎたことに対する後悔と罪悪感から、口に指を入れるなどで食べたものを無理やり吐いてしまいます。下剤を乱用する場合もあります。

過食と嘔吐をくり返すのが過食症の典型的な症状です。したがって、過食症の人が太っているとは限りません。

過食症から自己否定的な気持ちになり、うつ病を併発することも少なくありませんる

▼摂食障害の治療

過食症の治療は薬物療法と心理療法の2本立てで行ないます。摂食障害には「自分は太っている」という事実とはことなる自己認識があることが多いので、薬物療法だけでは治療は成功しません。

▼薬物療法

薬物療法は、摂食障害の根底ある不安を軽くして気持ちを落ちつかせるお薬を服用します。使われる薬には次のようなものがあります。

  • 抗うつ剤―気分の落ち込みを改善して、気持ちを明るくする
  • 抗不安薬―不安を取り除いて、心を落ちつかせる
  • 抗精神病薬―感情の激しい起伏をおさえて、衝動的な行動を予防する

夜中に過食する症状がある場合は、睡眠薬を使用することもあります。

そのほか、無月経になったときにホルモン剤を服用するなど、身体に与えられたダメージを回復する薬も使用されることがあります。

▼精神療法

精神療法は、カウンセリングや認知行動療法で、拒食や過食に走った心の底にあるものに照明を与えて、症状を改善していく治療です。

認知行動療法では「自分は太っている」という間違った認識を持つ「思考のゆがみ」に気づき、それを修正していきます。

摂食障害は短期間では治りにくい病気で、根気強い治療が必要です。入院の必要がある場合もあります。治療の成功には家族の理解とサポートが重要なポイントになります。