30,40代から発症するシミ!そばかすや肝斑とは異なります

老人性色素斑の症状・原因と改善法

老人性色素斑とは

老人性色素斑とは、ちょっといやなネーミングですが、ふつうのシミのことです。

長年紫外線を浴びた高齢になるほど増えるのでこの名前がありますが、30代、40代から出はじめます。

シミの仲間には肝斑やそばかすなどもありますが、老人性色素班は肝斑よりも輪郭がはっきりした楕円形をしているのが特徴です。

顔だけでなく、胸(デコルテ)、手の甲、二の腕など、ふだん日光にさらされる部分にできます。

表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞からは、つねに一定のメラニン色素が作られて角質層に分配されています。

その量によって肌の色が決まりますが、長年紫外線を浴び続けた部分のメラノサイトの機能に異常が生じて、メラニンを過剰生産するようになるのが老人性色素斑です。

日照時間のすくない日本海側の住人は、高齢になってもシミが少なく肌年齢が若いことが知られています。シミは生涯に浴びる紫外線総量に比例して増えると言えます。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑(シミ)のおもな原因は紫外線です。長年紫外線を浴びることでメラニンを作る細胞であるメラノサイトに異常が生じて、メラニンが過剰に生産されているのがシミです。

大量に紫外線を浴びたときに一時的にメラニンの生産が増えるのは正常な反応で、それが日焼けです。

日焼けは肌のターンオーバーによって解消しますが、シミは必要のないときにメラニンが作り続けられる症状で、ターンオーバーでは解消しません。

メラノサイトは紫外線から肌を守るための細胞ですが、それが紫外線によって機能異常を起こすのは困ったものです。高齢になるほどこの機能異常は頑固になってシミは消えにくくなります。

いちどシミができると、その部分のメラノサイトは紫外線以外の刺激にも過敏に反応するようになります。その刺激には次のようなものがあります。

  • ストレス
  • ホルモンバランスの変化
  • 肌の乾燥
  • 化粧品(とくに化粧品の油脂が酸化することによる刺激)
  • 肌への物理的な刺激
  • 便秘
  • 食べ物(かんきつ類に含まれるソラーレンや高菜や野沢菜に含まれるフルフォーバイトという物質はメラノサイトを日光に過敏にする性質があります)

その日によってシミが濃く見えたり薄く見えたりするのは上記のようなことが原因の場合があります。

老人性色素斑の改善法

老人性色素斑(シミ)を改善するには、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 薬や美容クリニックでの施術
  • 紫外線対策と日頃のスキンケア
  • 生活習慣の改善

▼薬での治療

シミの治療に美容クリニックなどでおもに使用されているのは次の3つです。

ハイドロキノンは、メラニンの産生をうながすチロシナーゼという酵素のはたらきを阻害する効果とできたメラニンを漂白する効果があります。

市販の美白化粧品の数十倍の美白効果がありますが、肌への刺激も強いので注意して使用する必要があります。

トレチノインは、肌のターンオーバーを早めてメラニンを排泄するほか、ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促進する作用があります。

日本では未承認の薬ですが、アメリカではシミ、しわ、ニキビの治療薬として承認されています。

トラネキサム酸は、おもに肝斑の治療に使われる内服薬ですが、老人性色素斑にも効果があります。

ハイドロキノン、トレチノイン、トラネキサム酸は美容クリニックで処方されるほかに、個人輸入でも購入できます。

▼美容クリニックでの施術

美容クリニックでは薬による治療のほかに外科的な施術も行っています。その代表的なものがレーザー治療と光治療です。

レーザー治療は、シミの部分に麻酔クリームを塗ってからレーザーを照射します。照射時間は数秒から10数秒程度で、施術後は軽いやけどの状態になるので患部を絆創膏で数日間保護します。クリニックによって設備、技術、費用が異なるので慎重に選ぶことが重要です。

光治療はフォト治療とも呼ばれ、レーザーよりも弱い光を広い範囲に当ててシミをとる施術です。レーザー治療のようにかさぶたができることはありません。範囲の広い薄いシミの改善に向いています。

▼紫外線対策とスキンケア

シミの予防にもできてしまったシミを濃くしないためにも紫外線対策は重要です。強い紫外線だけでなく、日常的に浴びる生活紫外線をできるだけ減らすようにしましょう。

正しいスキンケアで肌理を整え、肌のバリア機能を高めることも、シミの予防や改善につながります。

▼生活習慣の改善

ストレスの軽減、睡眠不足にならない規則正しい生活、バランスの良い食生活、便秘の予防などもシミの改善に役立ちます。