顔の左右にできる「ぼやっとした」シミは肝斑!

肝斑の症状・改善法とトラネキサム酸

肝斑とは

肝斑は女性に特有のシミで、両方のほほ骨の周囲に左右対称に同じような形でできるのが特徴です。

目のまわりにはできないので、肝斑が濃くなるとパンダの逆で目のまわりが白く抜けたように見えます。口のまわりや額にできることもあります。

ふつうのシミに比べるとシミの輪郭がはっきりせず、ぼやけたように見えます。色もふつうのシミよりは薄いもやっとした褐色です。

加齢によって増えるふつうのシミ(老人性色素班)とは違い、30~40代に好発し閉経を迎えると薄くなったり消失するのが普通です。

肝斑ができる場所にはふつうのシミもできます。肝斑とシミでは治療法が違うので、注意して区別する必要があります。

肝斑は女性ホルモンの影響でできるシミで、ホルモンバランスの変化によって濃くなったり薄くなったりします。名前に肝臓の肝という字が入っていますが、肝臓機能には関係がありません。

肝斑も紫外線を浴びると濃くなりますが、紫外線対策やスキンケアだけでは改善しづらいシミです。

レーザー治療でも消失しないばかりか悪化することがあります。肝斑の治療にはトラネキサム酸を配合した内服薬が使われます。


肝斑の原因

肝斑は女性ホルモンのバランスの変動や乱れが原因で出るシミです。

なぜ顔の左右対称にできるかなどの詳しいメカニズムは分っていませんが、ホルモンの影響でメラノサイト(色素細胞)でのメラニンの生産が活発になることが、肝斑のおもな原因です。

妊娠や避妊ピルの服用で発症することがあるので、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの変化が原因と考えられています。

閉経を迎えると肝斑は薄くなるか消えることが多いのですが、閉経前のホルモンバランスの変動期に肝斑が出ることがあります。

ストレスなどでホルモンバランスに乱れが生じたときに濃くなることもあります。そのほかに、紫外線を浴びたり、マッサージなどで皮膚に強い刺激を与えたときに肝斑が濃くなることがあります。

紫外線によるメラノサイノへのダメージの蓄積が原因のふつうのシミ(老人性色素班)と肝斑は原因が違うので治療法や対策も異なります。


肝斑の改善法

肝斑は紫外線対策やスキンケアで肌のバリア機能を高めるだけでは改善しないシミです。現在、肝斑の治療の基本になっているのはトラネキサム酸の内服です。

トラネキサム酸は血液を溶かすプラスミンという物質の作用をおさえる「抗プラスミン薬」で、止血剤として使用されています。

この抗プラスミン作用にメラノサイトでのメラニン生産を抑制する作用もあることが分り、シミ・くすみの治療にも使われるようになりました。

とくに紫外線対策などでは治らない肝斑に有効なので、肝斑の治療の第1選択薬になっています。

トラネキサム酸を1日に2回服用すると、4~5週間で効果が現れてきます。

トラネキサム酸を配合した薬では第一三共製薬の「トランシーノⅡ」が有名ですが、個人輸入でトランシーノⅡより低価格で成分の配合量が多い「トラネキサム酸500」が購入できます。 

トランシーノⅡにはトラネキサム酸185mgが配合されていますが、「トラネキサム酸500」には500mg配合されています。これは美容クリニックなどで処方される薬の配合量にあたります。

ハイドロキノンなどの美白剤を併用するのも有効です。レーザー治療はかえって肝斑を悪化させることが多いので注意しましょう。

▲日常生活での肝斑の改善

肝斑を改善するには薬による治療のほかに、日常生活で次のような点に注意することが必要です。

  • ふつうのシミと同じように紫外線対策をする
  • ストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れに気をつける
  • 過激なダイエットをしない
  • 顔を過度にマッサージするなどで肌に強い物理的刺激を与えない