隠れ偏頭痛

肩こりからくる頭痛?

「肩こりからくる頭痛」とお医者さんに言われて、お風呂に入ったり肩を回す運動などをすると余計痛みが激しくなる―こんなときは肩こりからくる頭痛ではなく「偏頭痛からくる肩こり」の場合があります。

偏頭痛は、左右どちらかのこめかみがズキンズキンと脈を打つように痛くなる、というのが典型的な症状ですが、「首や肩が凝って後頭部が痛くなる」というタイプの偏頭痛もあります。このタイプの偏頭痛は、いわゆる肩こりからくる頭痛(緊張型頭痛)と間違われやすいので気をつける必要があります。

緊張型頭痛と隠れ偏頭痛の違い

肩こりからくる頭痛と隠れ偏頭痛の違いは、まず痛みの程度がまったく違います。偏頭痛の方が何倍か痛みが強く、起きていられなくなることもあります。また、肩や首のこりに良いと言われる、運動や温める、揉むという対処がすべて逆効果で痛みを強くしてしまいます。

肩や首のこりがひどくなったかと思うと頭痛が始まる、という場合は偏頭痛の可能性があります。とくに脈拍と連動してズキンズキンと強い痛みがある場合、身体を動かすと痛みが増す場合は可能性が高くなります。さらに、明るい所や大きな音がする所で痛みが増すという場合は、まず間違いなく偏頭痛です。

偏頭痛という病名から、頭の片側が痛くなる病気と思い込むと間違うことがあります。偏頭痛の4割は片方ではなく両側のこめかみが同時に痛んだり、後頭部や頭全体が痛むタイプなのです。

偏頭痛は飲む薬が違います。

偏頭痛を肩こりからくる頭痛と勘ちがいして市販の頭痛薬を服用していると、効き目が悪くて痛い思いをするだけでなく、多用すると頭痛の発作の頻度が増えることがあります。これは薬物乱用型の頭痛といい、月に一二度だった発作が毎日のように起こるようになり、薬も効かなくなるというという怖い症状です。

偏頭痛にはスマトリプタン(トリプタン製剤)という特効薬があります。痛くなってから飲んでも効き目がありますが、発作が始まってなるべく早く飲むようにすると非常に良く効きます。

頭痛の前に肩こりが強くなるタイプの偏頭痛なら、その肩こりのタイミングで薬を服用すると痛みをほとんど感じなくてすみます。

偏頭痛はストレスから解放される週末に出ることが多いので、せっかくの予定が台なしになることがしばしば起こりえます。自分の頭痛のタイプと正しい対処法を知っておくことはQOL(生活の質)を高めるためにとても大切です。

※「市販薬」と薬物乱用頭痛のリスク

偏頭痛は、痛みが出だしたらなるべく早く鎮痛剤を飲むのが正しい対応ですが、痛みへの恐怖から予防的に頭痛薬をひんぱんに飲んでいると、薬が効かなくなるだけでなく、発作の回数そのものを増やしてしまうことがあります。それが「薬物乱用頭痛」です。

偏頭痛のきつい痛みが始まってから服用しても素早く効果があるお薬がスマトリプタン薬で、市販薬より効果が確実なため、「乱用のリスク」が低くなるとされています。スマトリプタン薬は拡張した血管を収縮させ、神経の炎症をしずめる作用で効果的に偏頭痛の頭痛発作を沈めます。

特集の読者向け割引クーポンコード

特集の読者向け割引クーポンコード

片頭痛・群発頭痛に - 即効性の高いスマトリプタン錠

スマトリプタン購入

スマトリプタン錠50mg

  • 片頭痛、群発頭痛に
  • 即効性が高く頭痛後に効果
  • 薬局や楽天では購入できません
1箱6錠 3,180円
(複数セットで1箱最安値:883円!)
詳細はこちら
イミグラン購入

イミグラン100mg

  • スマトリプタン100mg配合
  • 群発頭痛、片頭痛の治療に
  • 市販の頭痛薬では効きません
1箱2錠 4,780円
詳細はこちら
スマトリプタン錠購入

スマトリプタン錠100mg

  • スマトリプタン100mg配合
  • コストパフォーマンス高
  • まとめ買いで大幅節約
1箱6錠 3,180円
(複数セットで1箱最安値:1,097円 1箱無料!)
詳細はこちら

→トップに戻る

 

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス