胸焼けの原因は?

胸焼けの原因の多くは逆流性食道炎です。胃酸が食道に逆流して、強い酸で食道が炎症を起こすのです。食道には下部食道括約筋という筋肉があって胃酸が食道に逆流しないようになっていますが、次のような原因でそれがうまく機能しないと逆流性食道炎になります。

  • お腹ぽっこりの内臓脂肪型肥満の人は、お腹の脂肪が胃を押し上げるので胃酸の逆流が起きやすくなります。また同じ意味で妊娠している人も胃酸の逆流が起きやすくなります。
  • 脂肪分の多い食事を好み、食べる量も多いという人は、それを消化するための胃酸の分泌が増えるので、胃酸の逆流が起きやすくなります。またそういう食事の後ですぐ横になるとさらに逆流しやすくなります。
  • 高齢になって下部食道括約筋の機能が衰えると胃酸の逆流が起きやすくなります。

また、食道がんが原因で胸焼けが起きる場合もあります。とくに熱いものを食べたときに胸にしみるような痛みを感じる場合は注意が必要です。

胸焼けの対策は

逆流性食道炎の治療には、『H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)』または『プロトンポンプ阻害薬』という薬を服用します。

H2ブロッカーはヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨げることで胃酸の分泌を抑える作用があります。H2ブロッカーのなかには一般薬局で買えるものもありますが、医師が処方するものより成分の含有量が少なく、症状によっては効き目が悪い場合もあります。

プロトンポンプ阻害薬は、胃の粘膜にある胃酸を分泌するプロトンポンプの働きを阻害することで胃酸の分泌を抑えます。症状があるときだけでなく、再発防止の維持薬としても使われます。

これらの薬といっしょに胃酸を中和する薬や、食道粘膜を保護する薬が使われることもあります。

食生活の改善

脂肪の多い肉を大量に食べるなどの暴飲暴食をまずやめることが必要です。脂肪の多い食事だけでなく、糖分や炭水化物を大量に摂取するのも肥満の原因になるので良くありませ ん。肥満の原因になりやすいのは脂肪分よりも糖分です。

お酒の飲み過ぎや激辛好みも胃酸の分泌を亢進するので控えるようにしましょう。また、夜遅く食事をして胃に食物があるうちに寝るのも胃酸の逆流の原因になります。

H2ブロッカーとプロトンポンプ阻害薬の違いは?

胃や消化器官系の疾患の主要な原因は「胃酸の過剰分泌」で、H2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体拮抗薬)、プロトンポンプ阻害薬が主に用いられます。何れも、過剰な胃酸の分泌を抑制して「胸焼け」「胃炎」「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」「逆流性食道炎」などを改善する主要なお薬です。胃酸分泌を抑制する作用が「プロトンポンプ阻害薬」のほうが強く、作用が長く続きます。また、プロトンポンプ阻害薬は抗生物質と一緒にピロリ菌の除去にも用いられます。

胃のトラブルに - プロトンポンプ阻害薬

タケプロンジェネリック

  • プロトンポンプ阻害薬の定番
  • 胸焼け・胃炎・胃/十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎にも
1箱 4,580円
(100カプセルで長持ち安心)
詳細はこちら

パリエットジェネリック

  • プロトンポンプ阻害薬なら
  • 胸焼け・胃炎・胃/十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎にも
100錠 3,280円
(100錠で長持ち安心)
詳細はこちら
H2ブロッカー通販

ザンタックジェネリック

  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬なら
  • 胸焼け・胃炎・胃/十二指腸潰瘍
  • 十二指腸潰瘍にも
1箱100錠 3,080円
(まとめ買いで1箱 最安:1,840円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス