スギ花粉の対策は飛散前~終了まで抗ヒスタミン薬で

つらい花粉症はガマンせず予防・改善!

2017年の花粉飛散開始はいつ?

花粉の飛散開始マップ

※日本気象協会の発表した飛散開始マップ

今年もスギ花粉の時期です!今年はマスクや手洗いなどだけでなく、ガマンせずに花粉の時期を有意義に過ごしてみませんか?!

その前に、2017年のスギ花粉の飛散開始時期をご説明します。毎年、日本気象協会がスギ花粉の飛散時期やピーク期の予測を立てています。では、2017年の飛散開始やピーク、花粉の飛び具合はどうなっているのでしょう。

2017年は去年と比較して西日本の17県(近畿や四国、九州地方)では花粉が2倍以上飛散すると予想されています!

特に西日本の皆さんは花粉対策が大切ですね。

逆に、北海道など北日本や東日本は今のところ花粉飛散量は例年並みから少々少な目と予想されています。とは言え、花粉の時期は個人差があるものの、目や鼻などにアレルギー性症状が出ますので、抗ヒスタミン薬を早期に服用開始していると予防や症状の大幅軽減につながります。

花粉症(スギ花粉)のお薬って?

花粉症や他のアレルギー性症状には抗ヒスタミン薬という薬を服用します。

体に外部から異物が侵入すると身体を守るために反応するのがヒスタミンで、そのヒスタミンが過剰に反応すると花粉症やアレルギー鼻炎など、目、鼻などに症状が現れるのです。

抗ヒスタミン薬はこの過剰なヒスタミンの反応を抑えることえ、鼻水、目の痒み、鼻づまり、涙目、赤目などのアレルギー症状を緩和します。

有名な抗ヒスタミン薬には、ザイザル、アレグラ、ジルテックなどがあります。

目の充血にはナファゾリン点眼薬という医薬品の目薬があります。この目薬は充血除去を目的としているため、花粉症やアレルギーとは関係ない目の充血にも使用できます。

花粉症のお薬はいつからいつまで飲むべき?

抗ヒスタミン薬については説明しましたが、服用タイミングについて説明します。

要はいつからいつまで抗ヒスタミン薬をのんでいればアレルギー症状を極力抑えれるかということです。

推奨される方法は、花粉の飛散開始少し前から服用を開始し、花粉の時期が終わるまで服用することで予防~症状の緩和が最大化されると言われています。

もちろん花粉症が辛くなってから服用開始しても効果が期待できますが、つらい時期を少しも経験したくないかたは上記を参考にしてください。

花粉は手洗い、マスクだけでは効果が限定的ですし、抗ヒスタミン薬があればマスクは不要です。体が花粉に対して過剰な反応をしなくなるからです。

→トップに戻る

一番人気の「花粉症・アレルギー性鼻炎」治療薬
信頼の「アレグラ」&「アレグラ・ジェネリック」
点眼薬と点鼻薬
その他のおススメ&花粉症改善サプリメント