関連医薬品の通販なら

子どもを希望する女性が心配する点は?

EDの症状が出てセックスで勃起が維持できなくなると射精にまで至らないわけですから、妊娠に影響があるのはもちろんです。しかし、実際にEDの夫を持つ妻が子作りに関して心配しているのは、次のようなことです

1. EDになると精子にも影響があるのか?
2. EDの治療に使う薬は精子に影響を与えないのか?
3. ED治療にはどれくらい時間がかかるのか。妊娠適齢期のうちに治るのか?
ということです。

これを見てずいぶん無用の心配をするものだと思う人もいるでしょうが、これから子どもを作ろうというときの夫のEDという状況に女性がいろいろと心配するのは当然です。

EDは精子の能力には影響しない

まず、EDになったからといって精子の生産や運動能力には何の影響もありません。EDは勃起中枢という神経あるいはペニスに血液を送る陰茎海綿体動脈という血管の不調や障害によって起きる症状です。精子を作る睾丸の機能とは関係がありません。

また、マスターベーションでは勃起が維持できて射精もするとしても、セックスでは勃起が維持できないのもEDとみなされます。単に勃起するかどうかではなくて、女性とのセックスで勃起するかどうかがEDの診断基準です。

ED治療薬は精子に影響を与えません

バイアグラなどのED治療薬はペニスに血液を送り込む血管を拡張する薬です。男性ホルモンや精子の生産にはまったく関与しないので、精子に影響を与えることはありません。

言うまでもなく、遺伝子やDNAに変化が起きることもあり得ません。ED治療薬は不妊治療の一環としても広く使用されていますが、ED治療薬が原因と思われる奇形の発生などはまったく報告されていません。

ED治療薬は服用して1時間で効きます

早く子供が欲しいと思っている女性にとってEDの治療にどれくらいの期間が必要なのかは気になるところです。EDそのものが根本的に治るのには時間がかかることがありますが、とりあえず勃起させるのは難しいことではありません。とくに子づくり世代の20~30代、あるいは40代前半の男性ならED治療薬は80%以上の確率で、射精まで維持できる硬い勃起が得られます

ED治療薬は女性にとってはもちろん、使用したことがない男性にとっても、使用に踏み切る最初のハードルは高いかもしれませんが、使用するかどうかでそんなに悩む必要がある薬ではありません。病院に行くと、初診でも数分間の問診だけですぐ処方してくれる、安全性の高い薬です。

先発薬と呼ばれるバイアグラ、レビトラ、シアリスは1錠あたりの値段が安くはないため、同成分のジェネリック薬も高い人気を誇ります。

不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。

不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。

そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。

不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。

ED治療薬と安定剤の併用

EDクリニックではバイアグラなどED治療薬の処方と同時に、上記のような不安があるかたには「安定剤」を処方してくれます。

デパスなど、マイナートランキライザーと呼ばれるお薬で、緊張を解いて睡眠導入剤としても使われるお薬です。

→トップに戻る

テストステロン補充、精子量アップに
バイアグラなどED治療薬なら!
低価格ジェネリックED治療薬なら!