過活動膀胱って新しい病気?

過活動膀胱というのは聞き慣れない病名ですが、べつに新しい病気ではありません。昔からある、年齢とともに増えてくる頻尿や、失禁などのオシッコのトラブルのことです。70代では男性の約3割、女性の2割に、80歳以上では男女とも約4割に過活動膀胱の症状があると推定されています。

この中で病院で治療を受けているのは1割程度なのは、生命には関わらない病気だというのが大きな理由でしょうが、睡眠の質を落とすなど日常生活への影響が大きいので、積極的な治療が望まれています。

過活動膀胱の原因は?

男女ともある病気ですが、そのおもな原因には違いがあります。男性は<前立腺肥大>が関係していることが多く、女性は加齢や出産によって、膀胱や子宮・を支えている<骨盤底筋が弱くなる>ことが多く関係しています。

過活動膀胱の中には排尿をコントロールする神経の障害によって起きる神経因性のものもありますが、多くは前立腺肥大や骨盤底筋の弱化などによる非神経因性のものです。しかし、加齢とともに誰にでも多かれ少なかれ出てくる症状なので、これという原因が特定できない場合も少なくありません。

主な症状は?

過活動膀胱の主な症状は次の3つです。

過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す病気です。最近の調査で、とても多くの方がこの病気で悩んでいらっしゃることがわかりました。

1. 頻尿
日中に8回以上トイレに行き、夜間も1回でもトイレに起きたら頻尿の部類に入ります。60歳以上で夜寝てから朝まで1度もトイレに起きない人はめずらしいので、そういう意味ではほとんどの人が頻尿ですが、夜間に2回以上トイレに起きなければいけないと睡眠の質が大きく低下します。

2. 尿意切迫感
急に尿意が起きて、漏れそうでガマンできない感じになる。

3. 切迫性尿失禁
実際にトイレが間に合わずに失禁してしまう。

このような症状が強くなると外出が困難になる、睡眠不足になるなど、生活の質を大きく落とすことになります。

過活動膀胱の治療は?

治療には薬物療法と行動療法があります。

薬はおもに抗コリン剤という、膀胱の収縮を抑える薬が使われています。代表的な抗コリン剤には塩酸オキシブチニン〈ポラキス〉があります。

男性で前立腺肥大が原因になっている場合には前立腺を小さくして尿道を広げるα1遮断薬のハルナールなどが使われます。

行動療法には、膀胱訓練や骨盤底筋体操などがあります。これは、機能の弱まった膀胱や骨盤底筋を鍛えることによって、症状を軽くする治療法です。

 

頻尿・尿失禁(尿漏れ)の改善薬 - 抗コリン薬

尿漏れ、尿失禁のポラキス

ポラキスジェネリック100錠

  • 抗コリン作用 カルシウム拮抗作用
  • オキシブチニン配合
  • 膀胱の平滑筋を緩めて改善
1箱4錠 4,780円
(複数セットで1箱最安値:2893円!)
詳細はこちら
尿漏れ、尿失禁のポラキス

ポラキスジェネリック200錠

  • 抗コリン カルシウム拮抗の両作用
  • オキシブチニン配合
  • 膀胱の平滑筋を緩めて尿漏れ・頻尿を改善
1箱4錠 6,780円
(1箱あたり:3,390円!)
詳細はこちら
尿漏れ、尿失禁のポラキス

ポラキスジェネリック300錠

  • 抗コリン作用 カルシウム拮抗作用
  • オキシブチニン配合
  • 膀胱の平滑筋を緩めて改善
1箱4錠 8,680円
(1箱あたり:2,893円!)
詳細はこちら

→トップに戻る

ハルナール - 前立腺肥大症の改善薬なら

前立腺肥大症ならハルナール

ハルナール(フロマックス)

  • 中高年のおしっこの悩みに
  • 前立腺肥大を改善
  • 排尿障害の根本原因を改善
1箱(30錠)3,780円
(複数セットで1箱最安値:1,756円!)
詳細はこちら
アボダート

アボダート

  • 排尿困難や排尿障害の改善に
  • フロマックスより効くという人も
  • 同時に抜け毛防止の効果も
1箱30錠 4,780円
(複数セットで1箱最安値:3,527円!)
詳細はこちら

 

 

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス