頻尿とは

頻尿とは

頻尿とは尿が近い(排尿の回数が多い)ことを言いますが、昼の排尿が8回を超え、就寝してから排尿に起きる回数が2回を超えるのが頻尿の目安とされています。

頻尿は男女とも年齢が高くなるほど起きやすい症状で、女性は加齢による膀胱機能の老化と骨盤底筋群の弱化、男性はそれに加えて前立腺の肥大が生じることが関係しています。

骨盤底筋群とは骨盤のもっとも下でハンモックのように内臓を支えている筋肉です。肛門の周囲を取り囲むように存在しますが、加齢とともに弱くなり頻尿や尿失禁の原因になります。

このような老化現象によって起きやすくなるのが「過活動膀胱」です。過活動膀胱は膀胱に尿がそれほど溜まっていないのに収縮して尿意をもたらす病気で、頻尿のほかに、尿意切迫(我慢できない強い尿意)や尿漏れなどの症状があります。

ふつうは膀胱に尿が200mlくらい溜まると尿意が生じますが、300~400ml溜まるまではトイレに行くのをがまんできます。しかし、過活動膀胱になると100~150mlくらいで尿意が生じます。

過活動膀胱になる人は、50代で5~10%、60代で10~15%、70代で20~25%、80代で35~40%と、年齢が高くなるほど多くなります。患者数に男女の大きな差はありませんが、各年代とも男性がやや多くなっています。

過活動膀胱の症状では、男性は頻尿が多く、女性は頻尿に加えて尿漏れが多く見受けられます。とくに夜間頻尿と尿漏れは日常生活に及ぼす影響が大きく、QOL(生活の質)を下げてしまう原因になります。

若い世代では、膀胱炎による女性の頻尿が多く見受けられます。女性は尿路が短いために膀胱に雑菌が入りやすく、再発をくり返すケースが少なくありません。

また、女性は生理前にホルモンバランスの変化によって頻尿が生じることがあります。妊娠初期(16週まで)と妊娠後期(28週以降)にも頻尿の症状が現れます。


頻尿の原因

頻尿の原因は男性と女性で違います。男性はおもに「前立腺の肥大」と「過活動膀胱」が原因で、女性はおもに「骨盤底筋群のゆるみ」と「過活動膀胱」が原因です。

<男性の頻尿の原因>
男性に特有の臓器である前立腺は、膀胱の真下にあり、中央に尿道が通っています。前立腺は50歳を過ぎると肥大が始まり、尿道を圧迫するようになります。これはほとんどの男性に生じます。

前立腺肥大による尿道の圧迫は、尿の勢いが弱くなるなどの排尿障害のほかに、頻尿の原因にもなります。

もう1つの主な原因である過活動膀胱は、膀胱の筋肉(排尿筋)が過敏になり少し尿が溜まっただけで強いに尿意を起こす症状です。やはり加齢にともなって起きやすくなる症状です。

<女性の頻尿の原因>
骨盤底筋群とは、骨盤内の内臓をハンモックのように下から支える筋肉で、肛門、膣、尿道を取り囲むようにあります。出産や加齢によってこの筋肉がゆるくなると、下部尿路症状といわれる頻尿、尿意切迫、尿漏れ(チビリ)などの症状が現れます。

過活動膀胱も下部尿路障害の1つで、膀胱の排尿筋が過敏になり少し尿が溜まっただけで強い尿意が生じます。

若い女性の頻尿の原因は、多くの場合膀胱炎です。女性は尿道が短いために膀胱に雑菌が入りやすく膀胱炎になりやすいからです。また、病気ではありませんが妊娠中も頻尿の傾向が出ます。

<その他の原因>
その他に頻尿の原因として、次のようなものあります。

  • 膀胱がん
  • 膀胱結石
  • パーキンソン病などの神経の病気
  • 抗コリン剤などの薬の影響
  • 心因性の頻尿

頻尿の改善・予防の生活習慣

頻尿の改善に役立つセルフケアとして、「骨盤底筋群トレーニング」と「膀胱訓練」があります。

<骨盤底筋群トレーニング>
骨盤内の臓器を支える骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。男性にも効果がありますが、とくに女性に頻尿改善・尿漏れ防止の効果が期待できます。

トレーニンの方法は非常に簡単です。イスに座って、あるいは仰向けに寝て、肛門をゆっくり引き締めて4~5秒その状態を維持してから緩めます。これを5~6回くり返します。

肩の力を抜き、骨盤底筋に意識を集中させるつもりで行なってください。

このトレーニングはいつ行ってもよく、気づいたときにする習慣がつくと効果が上がります。

<膀胱訓練>
膀胱訓練は、できるだけ排尿をがまんして、少なくなってきた著尿量を回復させるリハビリです。

最初は5分間だけがまんする、次に10分間がまんする、など段階的にがまんする時間を長くしていくと、膀胱の柔軟性が回復して著尿量が増えることが期待できます。

ただし、前立腺肥大で排尿障害が強い人、尿意切迫感が強い人には膀胱訓練は向きません。

<日常生活での注意>
アルコールやコーヒーなどのカフェイン飲料をひかえるのも、頻尿の改善に効果があります。

夜に水分の摂取をひかえるのは夜間頻尿を減らす効果がありますが、1日を通して水分摂取を制限するのは、血液の水分が不足して脳梗塞など血栓性の病気を起こすリスクがあります。


頻尿の治療薬

頻尿の治療薬には、過活動膀胱をおさえて膀胱の筋肉をゆるめるお薬が使用されます。それには、抗コリン薬、β3刺激薬などがあります。

前立腺肥大が原因の男性の頻尿には膳立説肥大のお薬も効果があります。

<抗コリン薬>
過活動膀胱の治療にもっともよく使用されるお薬です。膀胱を収縮させる副交感神経の作用をおさえて頻尿・尿意切迫・尿失禁を改善します。

抗コリン薬には非常に多くの種類がありますが、過活動膀胱の治療には膀胱に対して選択的に作用する、副作用が少ない成分が配合されています。

よく使用されるお薬に次のようなものがあります。

<β3受容体刺激薬>
膀胱の筋肉にあるβ3アドレナリン受容体に作用して、膀胱を弛緩させるお薬です。それによって膀胱の蓄尿量がおおきくなり、頻尿を改善します。

β3受容体刺激薬にはベニタス(成分はミラベグロン)があります。

<前立腺肥大の治療薬>
前立腺肥大のお薬には、タムスロシンやフロマックス、ハルナールなど、塩酸タムスロシンを配合したものがあります。

<漢方薬など>
頻尿の治療には八味地黄丸(はちみじおうがん)などの漢方薬が使用されることもあります。