花粉症の対処法


花粉症の対策と治療

花粉症対策に最も重要なことが、『初期療法』です。初期療法とは花粉の時期(花粉が飛び始める時期)よりも前に花粉症治療薬で予防を開始することで、症状が出る前に行う花粉症対策のことです。

特に花粉症の症状がきつい方は初期療法が必須と言えます。花粉症治療薬により症状の発症を抑えたり、遅らせたり、大幅に症状を軽減するには初期の療法が大切です。

花粉症の初期治療の大切さ

いつごろから花粉症対策を始めるべき?

最も花粉症のアレルギー症状が強いのがご存じ「スギ花粉」です。居住地によりスギ花粉の飛散開始時期と終了時期が異なります。

今年2015年のスギ花粉の飛散時期は2月上旬から北の北海道では4月以降です。よって、花粉の初期療法を開始するのは、2月初旬から4月あたりとなります。症状が出てから花粉症治療薬を服用しても効果がありますが、やはり初期療法により効果が高まります。

スギ花粉の飛散時期

花粉症の症状に合わせた治療

花粉症のアレルギーには様々な症状があり、主要な症状は、「くしゃみ、鼻水」、「鼻づまり」、「涙」、「身のかゆみ」などでしょう。くしゃみ、鼻づまりやその他の症状には『抗ヒスタミン薬』が用いられます。

抗ヒスタミン薬では第2世代のザイザルという花粉症・アレルギー性鼻炎治療薬や、アレグラジルテックと呼ばれる同じく第2世代の抗ヒスタミン薬が世界中で使用されます。

第2世代の抗ヒスタミン薬の特徴は、眠気などの副作用が極限まで低いことです。また、即効性がたかく、効果の持続力もあり、今では第2世代の抗ヒスタミン薬は花粉症の症状の予防や改善に処方される定番薬です。

メルマガ登録

   

お名前
メールアドレス