まつ毛育毛剤ケアプロストとは

ケアプロストは塗るまつ毛育毛剤として有名なルミガンのジェネリック医薬品で、その効果と安さからとても人気の商品です。

まつ毛エクステやまつ毛パーマなど、目元の印象を大きく変える美容施術を受ける方が増えていますが、同時にまつ毛の抜け毛にお悩みの方も多くありません。十分なケアを行っていても、物理的な要因でまつ毛は抜けやすくなります。

そんな中、多くの美容クリニックで処方されるルミガン、ラティース、グラッシュビスタというビマトプロスト成分配合のまつ毛育毛剤は、その発毛・育毛効果が高いことからたくさんの人に愛用されていますが、費用が高く美容クリニックを受診しないといけない時間的な手間が掛かってしまいます。

ケアプロストは有効成分であるビマトプロストが0.03%配合されており、ルミガンやグラッシュビスタなど他のまつ毛育毛剤と同成分が同量配合されています。

同じまつ毛の育毛効果が安く手に入ることから、今一番注目されている商品がケアプロストです。

ケアプロストの効果

ケアプロストの有効成分であるビマトプロストは、まつ毛の毛包に作用し、毛周期の中でも成長期を延長することでまつ毛の成長を促進する作用があります。

ケアプロストを毎日まつ毛の生え際に塗ることで、まつ毛の毛量を増やし、密度を濃くし、太く長いまつ毛の育毛効果が期待されます。国内の臨床試験では16週間(約4ヶ月)のビマトプロスト使用で、78%の方が育毛効果を実感したという結果が出ています。

中でも、抗がん剤治療薬中の患者さんで、抜け毛がひどい方を対象にした試験では、88.9%の方にまつ毛の育毛効果を実感いただけています。

また、まつ毛の量が増えることでアイプチなどをしていた一重まぶたの方が、自然に二重まぶたになったという嬉しい声もいただいております。

まつ毛の量が少ないことで、たくさんのエクステを付けられなかった方も、希望の量をつけられるようになる効果も期待されています。

ケアプロストの眉毛への効果

ケアプロストの使用により、まつ毛だけではなく眉毛の育毛・増毛効果が期待されています。

国内の製造販売元3社の添付文書と呼ばれる公的な資料には眉毛の育毛について記述されていませんが、使用者の所感として眉毛の育毛効果を確実に実感いただいています。

また、ルミガンやグラッシュビスタの副反応として、「眉毛が濃くなった」「眉毛が長くなったようだ」という声が多数寄せられています。ケアプロストの成分ビマトプロストがまつ毛の育毛・増毛に効くメカニズムは眉毛と同様であると考えられます。

眉毛の毛包に作用して、毛周期の中の成長期を延長することで眉毛を長く太くする作用が期待できます。ケアプロストの塗り方はまつげと同様ですが、塗りすぎには注意が必要です。

塗りすぎることで色素沈着が起こりやすく、黒い色素が目立ってしまうことがあります。用法用量を守って使用することで、流行りのナチュラルで太い眉にあこがれる方や、薄い眉毛に悩んでいる方にぜひ試していただきたいです。

ケアプロストの塗り方

皮膚がかぶれやすい方は、必ずパッチテストを行ってからケアプロストを使用してください。使用前にアイメイクを綺麗に洗い流し、水気をふき取ったまつ毛の生え際に、ビマトプロストとしてを1滴塗って下さい。片目のまつ毛に1滴ずつ滴下してください。

ケアプロスト専用の付属キット(アプリケーター)の使用をお勧めしますが、マイクロ綿棒やリップブラシ、細い筆なども代用いただけます。アイラインを引くように上まぶたの根本に沿って、目頭から目じりの方へ軽く伸ばすように塗って下さい。

ケアプロストの使用の際は、コンタクトレンズははずしてご使用下さい。使用は1日1回までです。1日2回以上の使用は効果を倍増することはなく、色素沈着(黒いシミのようなものができる)副作用を引き起こす可能性があります。

まぶたからはみ出た液は、ガーゼやティッシュでやさしく拭き取って下さい。目の中や口の中に入らないように注意してください。まつ毛や眉毛以外の部位へのケアプロスト使用は控え、他のまつ毛美容液との併用もお控え下さい。

ケアプロストの副作用

ケアプロストは、無水晶体眼又は眼内レンズ挿入眼の方、眼内炎(虹彩炎、ぶどう膜炎)のある方はご使用になれません。

国内の臨床試験では成分ビマトプロストのごく稀な副作用として、眼脂(めやに)、結膜充血、皮膚色素過剰(目のまわりが黒ずむ)が報告されていますが、これらの症状は一過性で時間の経過と共に消失するのがほとんどです。

万一症状が悪化したり持続したりする場合は、使用を中止して眼科医などの医療機関を受診してください。また稀な副作用として、一時的に霧視(視野に霧がかかったようにかすんで見える症状)があらわれることがあります。症状が回復するまでは自動車等の運転や機会の操作には従事しないように注意が必要です。

その他に、ヘルペスウイルスの治療中の方で、ケアプロストを使用した際は、ヘルペスが治りにくくなることが報告されています。

少し脱線しますが、ヘルペスを予防したり治りやすくするには「Lリジン」と言うアミノ酸を多めにとると良いでしょう。

サプリメントでもこのLリジンが変えますので、検索してみてください。

ケアプロストの成分ビマトプロストとは

ケアプロストの成分であるビマトプロストとは、プロスト系のPG関連薬(プロスタグランジン関連薬)に分類され、主に目の眼圧の異常により発症する緑内障に対して、第一選択薬として使用されています。

2001年にアメリカで開発された比較的新しい成分になります。国内では2009年に厚生労働省により承認されています。

緑内障治療薬として開発された際、臨床試験の副反応として「まつ毛が伸びる」、「まつ毛がフサフサになる」、「眉毛が太く濃くなったような気がする」といった症状が多数寄せられたため、まつ毛の育毛剤として開発されるようになりました。

ビマトプロストの特性上、同じPG関連薬に分類される「キサラタン点眼液」「ザラカム配合点眼液」「ミケルナ配合点眼液」「ラタチモ配合点眼液」との併用はできません。

ビマトプロスト配合のまつ毛育毛剤には、ケアプロストのほか、ルミガン、ラティース、グラッシュビスタがありますが、値段が一番やすい商品がケアプロストになります。

ケアプロストのジェネリック

ケアプロスト以外に、ルミガンのジェネリック医薬品として、「ビマット」というまつげ育毛剤があります。

ルミガンやケアプロストと同様に、同じ有効成分ビマトプロストが同一量(0.03%)配合されています。ビマットはインドのアジャンタファーマ社が開発した点眼液です。

ルミガンの高い効果と爆発的な人気に着目したアジャンタファーマ社が、より安く提供できるように製造・承認・販売しているお薬です。アジャンタファーマ社はインドにあるメガファーマ社で、製品の製造基準に関する国際的なGMP承認を取得しています。

そのため、国内の製薬会社が販売しているルミガンやグラッシュビスタと同様に、品質には問題ございません。商品のパッケージは異なりますが、有効成分や品質は同一又は同等のため、安心してご使用になれます。

まつ毛育毛剤ルミガンとの違いは?

ルミガンはまつ毛育毛剤としての適応を持った“元祖”と言われるまつ毛美容液です。アメリカのアラガン社が開発した育毛剤で、「ルミガン」という薬剤名でアメリカ・カナダ・ヨーロッパで市販されています。

国内では同じ「ルミガン」という薬剤名で、千寿製薬が緑内障の治療薬として販売されています。有効成分としてビマトプロストを0.03%配合しており、販売以降愛用者が絶えない世界中で人気の育毛剤です。

ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品で、インドのサンファーマ社が開発・販売しています。同一の有効成分を同一量配合していますが、開発費を抑えているため、安い価格設定で販売されています。

国際的な医薬品製造基準であるGMPをクリアした工場で生産管理されているため、品質面でも安心です。

まつ毛育毛剤ラティースとの違いは?

まつ毛育毛剤である「ラティース」は、主に美容クリニックで処方されます。ボトックスを開発したことで有名なアラガン社が開発したお薬で、ルミガンやケアプロストと同様に有効成分「ビマトプロスト」を0.03%配合しています。

アメリカの規制当局であるFDAが承認した医療用医薬品で、原則医師の処方箋が必要です。ケアプロストとの違いは、製造するメーカーとその入手方法です。

「ラティース」はアラガン社が開発・販売し、国内では主に美容クリニックなどで処方されますが、ケアプロストはサンファーマ社が開発・販売し、個人輸入でしか手にいれることができません。美容クリニックで処方してもらうには高額な費用と時間的拘束が必要ですが、個人輸入ではその効果を使用方法を正しく理解した上で、安く手に入れることができます。

まつ毛育毛剤の値段比較

国内の美容クリニックで販売されているまつ毛育毛剤は、「ルミガン」「ラティース」「グラッシュビスタ」の3種類です。

「ラティース」のお値段は、3ml・アプリケーター60本付きでおよそ13,000円が相場となっています。「グラッシュビスタ」のお値段は、5ml・アプリケーター140本付きでおよそ15,000円が相場となります。「ルミガン」の場合、点眼液なのでアプリケーターなどの付属品はなく、5mlでおよそ8,000円が相場となります。

処方する美容クリニックの規模や立地によってお値段の幅はありますが、効果が高い分お値段も高いのが現状です。医療用医薬品のため、眼圧が高い「緑内障」や抗がん治療などによる「睫毛貧毛症」と診断された場合は、保険適用となります。ただし美容目的では保険適応されず自費診療となるため、全額負担となります。

ケアプロストは緑内障の点眼薬?

ケアプロストの有効成分であるビマトプロストは、アメリカで緑内障の治療薬として開発された点眼薬でしたが、著しいまつ毛の発毛効果が認められたため、2008年にアメリカのFDAがまつ毛育毛剤として承認しています。

国内では緑内障の治療薬として、2009年に承認されています。まつ毛育毛剤としては、2014年に国内で承認されています。ルミガン点眼液は千寿製薬より、グラッシュビスタ外用液剤は塩野義製薬とアラガン・ジャパン株式会社より販売されている医療用医薬品です。

そのため、医師の診察・処方が必要な医薬品で、しっかりとした効き目が期待される分、副作用や使用上の注意をよく理解する必要がございます。緑内障への治療として、ビマトプロストは房水の排出を促進することで眼圧を下降させる作用があります。

まつ毛育毛剤としては、まつ毛の毛包に作用し、毛周期における成長期を延長することによりまつ毛の成長を促進させると考えられています。

ケアプロストの通販

ケアプロストを通販する女性は増えていますね。ただ楽天やアマゾンではケアプロストを通販することはできません。医薬品だからです。

ビマトプロストというまつ毛育毛剤の有効成分は医薬部外品ではなく医薬品に分類されるため、通販する場合は個人輸入ストアから海外通販でケアプロストを購入することになります。

海外からの通販と言っても日本語のオンラインショップで買い物するだけで、ケアプロストが海外から送料無料で発送されるだけで、通常のネット通販と変わりません。

国内でケアプロストを入手する方法は、クリニックで購入する手もありますが、ジェネリック薬に分類されるケアプロストは取り扱いがないため値段が高いラティース、グラッシュビスタの2種類が購入できます。

値段はケアプロストの3番ほどですが成分はビマトプロストで全く同じため、効果はケアプロストと同等になります。

ケアプロスト以外に人気のまつ毛育毛剤はルミガンですが、こちらも個人輸入ストアから通販することで購入できます。

値段はケアプロストより幾分高いですが、まつ毛育毛剤としての知名度はルミガンの方が高いと言えます。

まつ毛育毛剤ケアプロストの通販を検討されている方はくすりエクスプレスでご購入ください。1週間ほどで送料無料でお届けします。