アダパレン

アダパレンはナフトイン誘導体という化合物で、レチノイド(ビタミンA誘導体)と同様の作用を持ちます。皮膚の表皮や組織の上皮に広く存在しているレチノイン酸受容体に選択的に結合して、表皮角化細胞の分化を抑制することで皮膚の角化を防ぎます。過度の角化で角質が厚くなることで生じる面皰(ニキビの始まり)や皮疹部分の閉塞(炎症ニキビの始まり)を抑制・更に新たなニキビ形成を予防するのでニキビ治療に非常に多く使用されています。

アダパレンの商品名は「ディフェリンゲル」で、近年認可された比較的新しい薬であるため国内でジェネリック医薬品はまだ販売されておりません。使用法は通常1日1回就寝前に患部にやや広めに塗布します。塗布量の目安は顔全体に対して成人の人差し指の第一関節の長さです。

角質の薄い目の周囲や粘膜に近い部位は避けるように使用します。万が一目に入った場合は直ちに水で洗い流してください。ピーリング効果により皮膚が薄くなり刺激に弱くなっているため日中は必ず日焼け止めを塗り、同様の原因で乾燥しやすくなっているので朝晩必ず保湿をしてください。ディフェリンゲルは保湿を含めたスキンケアの最後に塗布します。

副作用で一番多いのは皮膚乾燥です。他に皮膚不快感、皮膚剥脱、紅斑、痒み、湿疹、接触性皮膚炎などの皮膚症状が知られています。 アダパレンは角質層を薄くすることで毛穴の詰まりを改善しますが、同時に正常な肌の角層も薄くなります。角層は水分を保持し刺激から守ってくれる役目があるためそれが弱まることで皮膚の炎症、刺激、肌荒れ、乾燥が副作用として生じやすくなります。

軽度の場合はニキビの治療を優先することが多いです。上記にも記載した通り保湿剤、塗布範囲の限定などでフォローすればかなりの改善の期待があります。重度の場合は中止、すぐ受診して医師の指示に従ってください。

アダパレンは外用薬なので体内への影響は起こりにくいですが、アダパレンの経口接触による動物実験で催奇形作用が認められたため妊婦又は妊娠している可能性のある方は禁忌になります。授乳中の方は禁忌ではありませんが、安全性は確立されていないので使用希望の場合は医師に相談をしてください。治療開始して3ヵ月以内に症状の改善が認められない場合には使用を中止することが推奨されています。また、症状が改善して治療の必要がなくなった場合はアダパレンを漫然と長期にわたって使用せずに治療を終了してください。

ディフェリンゲル(アダパレン)
商品概要 ディフェリンゲル(アダパレンジェル)はニキビ治療薬として有名な「ディフェリンゲル..
ディフェリンゲル(大容量45g)
商品概要 ディフェリンゲルは、ニキビを治療するお薬で、1本あたり45g入りの容量の多いタイプです。..
ディフェリンジェネリック
3,280(1箱)~
商品概要 ディフェリンジェネリックのアダクレーン(アダクレン)はニキビを治療するぬり薬..
在庫あり
ディフェリンゲルは2008年に日本でもニキビ治療薬として承認された、ディフェリンのジェネリック医薬品です。塗るタイプの外用剤で、皮脂詰まりをブロックするアダパレン成分を0.1%配合しており、ニキビのできにくい肌へ導きます。
3,780(1箱)~
9レビュー
在庫あり
ディフィリンゲルは、ガルデルマ社が製造販売している尋常性ざ瘡(ニキビ)治療薬です。レチノイン酸受容体に作用し、皮膚の炎症を抑えることでニキビを減らします。塗り薬なので、飲み薬との飲み合わせの心配はいりません。
7,580(1箱)~
1レビュー
入荷待ち
ディフェリンジェネリックはインドのシプラ社が開発したニキビ治療薬です。ニキビの原因となる毛穴の皮脂詰まりや、炎症を鎮めるアダパレンが配合されている外用ジェルです。日本でも2008年に承認されており、国内より低コストでお使いいただけます。
3,280(1箱)~
32レビュー
表示 1 ~ 3 / 3件中 (1 ページ)