ハイドロキノン

ハイドロキノンは元々は写真の現像に使用されていた化学物質ですが、研究により強力な美白作用があることが分かりました。シミの原因であるメラニン色素の生成を抑える作用とメラニン色素自体を薄くする作用があるので、今あるシミを改善する効果とこれからシミができるのを予防する効果があります。その効果は肌の漂白剤と言われるほど強力で、アスコルビンなどの従来の美白成分と比べ約10~100倍の美白作用を持っているため美容皮膚科などの医療機関や化粧品分野で世界中で広く使用されています。

ハイドロキノンは商品名はそのままハイドロキノンもしくはHQと略されて表記されています。剤形はクリームが主で、レチノインなど他の美白成分と配合されているものも多く販売されています。皮膚科などの医療機関ではハイドロキノンの濃度5%~ですが、市販の化粧品の場合は1~4%程度となっております。海外におきましては市販のものでも4%以上のものが存在します。

ハイドロキノンは1日1~2回朝と夜(もしくは夜だけ)、洗顔からのスキンケアの最後に適量を塗布します。シミのある部位だけにスポット的に塗布する場合と顔全体に塗布する場合がありますが、肌の状態で判断することが可能です。ハイドロキノンを使用している間は強い紫外線を浴びると色素沈着を起こす場合があるため日焼け止めや日傘、帽子などで必ず徹底した紫外線対策をしてください。

ハイドロキノンの副作用は肌への刺激感、発赤、炎症などの皮膚炎が挙げられます。もしも使用後に何らかの異常があれば中止してすぐ皮膚科などを受診してください。また高濃度のハイドロキノンを長い期間使用することで部分的に必要以上に白くなってしまう「白斑」が報告されています。濃度5%以下のハイドロキノンでは報告されていません。濃度5%以上のハイドロキノンを使用する際はシミなど肌の問題が改善した時点で使用を中止するなど蔓延の使用は避けた方が懸命です。

ハイドロキノンは美白効果が高いぶん肌への刺激も強いので、低濃度(1~3%)のものから始めたり使用する前に自身の腕などでパッチテストをすることをお勧めします。またアトピー性皮膚炎、敏感肌、過去に化粧品でかぶれたことのある方は慎重な注意が必要です。

コスメライトクリーム
.product-faq{ padding:0; list-style-type:none;}...
ハイドロキノンクリーム
.product-faq{ padding:0; list-style-type:none;}...
ユークロマ プラスクリーム
商品概要美容クリニック定番のハイドロキノン+トレチノイン両方を配合!シミくすみなど美白、美肌の超人気..
在庫あり
¥828(1箱)~
58レビュー
在庫あり
¥670(1箱)~
63レビュー
在庫あり
¥1,040(1箱)~
12レビュー
表示 1 ~ 3 / 3件中 (1 ページ)