オルメサルタン

「オルメテック」や「レザルタス」という薬剤名で市販されているオルメサルタンは、血圧を下げる作用がある医療用医薬品です。2006年に第一三共株式会社が開発した比較的新しい降圧剤です。ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)に分類される降圧薬で、作用時間が長く従来の降圧薬に比べて副作用が少ないのが特徴です。

オルメサルタンは体内に吸収された後、活性化され別の物質(オルメサルタンメドキソミル)に生まれ変わります。その物質が血圧を上げるアンジオテンシンの働きをブロックすることで、血圧を下げる効果があります。血圧を下げるだけではなく、心不全や腎不全にも効果が認められています。国内では5mg、10mg、20mg、40mgの4種類のオルメテックが発売されています。

用法用量は症状により異なりますが、通常成人にはオルメサルタン10~20mgを1日1回服用します。1日1回の服用で、長時間かけてゆっくり降圧効果が持続します。服用開始は1日5~10mgから始め、年齢や症状に合わせて増減して服用します。但し、1日の最大投与量は40mgまでと決められています。服用のタイミングは特に決められていませんが、毎日一定の時間に服用するのが勧められています。降圧効果を実感するまでに約1週間~2週間ほどかかります。

国内の臨床試験で報告された副作用には、掻痒(かゆい)や発疹などの過敏症、立ちくらみやめまい、ふらつきなどがありました。稀な副作用として、顔面・口唇・咽頭・舌の腫脹(腫れる)が報告されています。服用後の車の運転や危険な機械操作をされる際には十分な注意が必要です。他に高カリウム血症という血液中のカリウムの値が高くなる場合がありますので、医療機関での定期的な検査をおすすめいたします。

降圧作用の効果が強く出すぎた場合、糖尿病の患者さんで低血糖の症状が現われることがあります。脱力感や空腹感、手の震えなどの症状があった際には、糖を吸収する処置が必要です。減塩療法中の方、フロセミド(薬剤名:ラシックス)などの利尿薬を服用中の方、血液透析を受けている方、また高齢の方は少量より服用してください。また、現在妊娠中の方や妊娠の可能性のある方は服用いただけません。授乳中の方も服用が禁じられていますので、やむを得ず服用する際は必ず断乳してください。

オルメシップH
¥3,780(1箱)~
商品概要血圧を下げる効果がある2つの成分を1錠に配合した、高血圧のお薬です。血管の収縮を抑える成分と..
オルメサバH(オルメサルタン20mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)
商品概要血圧を下げる効果がある2つの成分を1錠に配合した、高血圧のお薬です。血管の収縮を抑える成分と..
オルメサバH(オルメサルタン40mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg)
商品概要血圧を下げる効果がある2つの成分を1錠に配合した、高血圧のお薬です。血管の収縮を抑える成分と..
表示 1 ~ 3 / 3件中 (1 ページ)