バレニクリン酒石酸塩

バレニクリン酒石酸塩は「チャンピックス」として販売されている禁煙補助薬です。

日本では2008年より販売され、まだジェネリック医薬品(特許切れの後発薬)が発売されていない歴史の浅いお薬です。そのため国内では禁煙外来を受診し、専門医による処方が必要な医療用医薬品に指定されており、その費用負担も少なくありません。受動喫煙・分煙対策により、喫煙を試みる方も多くいらっしゃいますが、禁煙によりニコチンを一気に遮断してしまうと、禁煙によるイライラ症状や気分の落ち込み、集中できないといった離脱症状がでてしまいがちです。

バレニクリン酒石酸塩はニコチン受容体を軽く刺激することで少量のドーパミンを放出させて、禁煙に伴う諸症状を軽減するだけではなく、タバコに対する欲求を軽減する効果があります。ドーパミンの放出量は、ニコチンの半分くらいです。

また、バレニクリン酒石酸塩服用後は禁煙中にタバコを吸っても今ひとつスッキリせず、喫煙による満足感が得られにくくなることで、禁煙を補助してくれる効果もあります。ニコチン依存症かどうかのチェックには、TDSというスクリーニングテストがあります。医療機関にてTDSのテスト受けることで、安心して禁煙補助薬を服用できます。

バレニクリン酒石酸塩は12週間(約3ヶ月)服用いただきます。第1~3日目は0.5mgを1日1回食後に服用してください。その後、第4~7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に服用してください。第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に経口投与してください。徐々に量を増やしていく暫増服用が必要で、禁煙スケジュールに沿った服用が必要です。国内の製薬会社が実施した臨床試験では、3カ月間バレニクリン酒石酸塩を服用した後の禁煙成功率は、約65%(85人/130人)でした。それは禁煙補助薬を服用していないグループよりもはるかに高い数値を記録しています。

禁煙補助薬にはパッチやガムなどもありますが、バレニクリン酒石酸塩の錠剤タイプである「チャンピックス」はニコチンを含みません。「α4β2ニコチン受容体部分作動薬」という新しいタイプのお薬に分類されます。

現在までに重篤な副作用などは報告されていませんが、統合失調症やうつ病などの精神疾患のある方は、病状の悪化に注意が必要なため、専門医の受診の上で検討してください。腎臓系の疾患をお持ちの方は、用量を少なくする必要があるため、主治医や薬剤師に相談してください。胃の薬のシメチジン(タガメット錠)との併用は原則できません。妊娠中の方は医師と相談の上で服用を検討してください。授乳中の方は服用を控えてください。"

チャンピックススターターセット
商品概要医師が禁煙をサポートする禁煙外来で選択される、禁煙率の最も高い補助薬がファイザー製のチャンピ..
チャンピックスメンテナンスセット
商品概要医師が禁煙をサポートする禁煙外来で選択される、禁煙率の最も高い補助薬がファイザー製のチャンピ..
チャンピックス禁煙セット(スターターセット+メンテナンスセット)
商品概要 ヘビースモーカー向けの禁煙補助薬!病院で処方されるお薬で、芸能人の禁煙もコレ! ..
チャンピックス禁煙外来12週間セット
商品概要 ニコチンガム、ニコチンパッドなどは、喫煙以外でニコチンを吸収しながら禁断症状をなくしてい..
在庫あり
7,224(1箱)~
15レビュー
在庫あり
9,280(1箱)~
23レビュー
在庫あり
34,880(1箱)~
5レビュー
表示 1 ~ 4 / 4件中 (1 ページ)