トリキュラーを飲み忘れるケースと注意点

トリキュラーを飲み忘れた場合の対処法にはいくつかパターンがあります。

まず服用予定時間から24時間以内に飲み忘れに気付いた場合は、その時すぐに飲み忘れていた分のピルを服用してください。

気付くのが翌日になった場合も気付いた時に服用して、当日服用する分のトリキュラーはいつもの時間に服用してください。

もし飲み忘れ分を服用する時間と当日分を服用する時間が近い場合は1度に2回分を服用してください。

尚、トリキュラーが倍量になるので吐き気や頭痛などの副作用が起こる可能性が高くなるためいつもより注意してください。

ピル飲み忘れがあっても24時間以内に服用して次回から再び正しく服用していくことができれば、避妊効果にほとんど影響しないので安心してください。

ただし、1周期の中で実薬2錠以上の飲み忘れがあった場合は避妊効果が薄れている可能性があり、僅かながら妊娠に至った症例も報告されているので注意が必要です。

尚、トリキュラーの実薬とは1日~21日目までの有効成分が含まれている錠剤で、21錠タイプの低用量ピルにおいては全てが実薬です。

一方、28錠タイプは22日~28日目までは偽薬すなわちプラセボ錠で、有効成分が一切含まれていません。

このプラセボ錠である7錠は何故セットされているのかというと、毎日トリキュラーを服用するという習慣を徹底することで飲み忘れを防ぎ服薬コンプライアンスを上げるためです。

プラセボ錠をもし飲み忘れても効果には一切影響しないので服用したものと見なして廃棄しても構いませんが、飲み忘れた錠剤を残したままにして休薬期間が分からなくなる&間違えてしまわないように注意してください。

トリキュラー21錠タイプの場合は21日間飲み終えた後に自身で28日目まで7日間の休薬期間を設けることになります。

どちらのタイプであっても、次の周期から始まる新しいシートの1錠目を正しく服用するように心がけてください。

高い避妊効果を発揮させるためには、この最初の1錠目を正しく服用することが非常に大切です。

もし新しいシートの1錠目を飲み忘れてピル休薬期間が8日間以上に延長すると排卵が起こる可能性があり、避妊効果に影響をきたします。

もし24時間以上経過してもピル飲み忘れに気付かないままで、最後の服用から48時間以上経過してしまった場合はピルの使用を一旦中止して次の生理が来るのを待ちましょう。

ピルの服用を中止したら数日後には消退出血すなわち生理が起こります。 次の生理が来たら生理開始日に新しいシートの1錠目から服用を再開します。

尚、次の生理が来てピルの服用を再開するまでは避妊効果はないので、コンドームなどの他の成功率高めの方法で避妊するか性交を控える必要があります。

この時、前周期の飲み忘れシートが半端に余りますが、新しいシートと区別して予備ピルとして保管しておくと便利です。錠剤を紛失した時や生理日を調整したい時に利用できます。

飲み忘れが多く避妊効果に不安があって妊娠を望まない場合はピルを服用しながら他の避妊法を併用し、それが難しく性交を避けられない場合は最終手段として医師に相談して緊急避妊(アフターピル)の措置も検討してください。

最大の効果を発揮させるためには、飲み忘れなくピルを正しく服用することを心がけましょう。 アフターピルは個人輸入できますので、アイピルなどが低価格で人気です。

ピル飲み忘れを24時間以内に気づいた場合はすぐに服用し、24時間過ぎた場合は服用せずに次の生理から服用を再開する。

トリキュラーを飲み忘れた場合の正しい対処法として、当避妊ピル製造販売元バイエルの公式資料には

「飲み忘れた場合、翌日までに気付いたら直ちに飲み忘れたピルを服用し、その日の薬も通常通りに服用させる。2日以上連続してトリキュラーを飲み忘れた場合は服用を中止し、次の月経を待ってピルの投与を再開させる。飲み忘れによりトリキュラーの避妊効果が弱まり妊娠の可能性が高くなるので、その周期は他の避妊法を使用させる。」
との記載があります。

つまり、トリキュラー服用予定の時間から24時間以内に飲み忘れに気付くことができた場合はその際すぐに飲み忘れていた分のピルを服用すれば大丈夫です。

気付くのが翌日になった場合も同様に服用して当日分のピルはいつもの時間に服用してください。

当日分を服用する時間があまりにも近ければ1度に2回分のピルを服用しても構いませんが、吐き気や頭痛などの副作用にいつもより注意してください。

このようにトリキュラーを24時間以内に服用して次回から再び正しく服用していけば避妊効果に影響をきたしません。

ただし、1周期の中で2錠以上の飲み忘れがあった場合はピルの避妊効果が減弱してしまっている可能性があり、妊娠した症例も報告されているので注意が必要です。

またバイエルの資料内の記載の中で、上記のような対処において「トリキュラー28錠タイプの最後の1週間の大きな白色錠剤を除く」とあります。

これはこの7錠がプラセボ錠であり有効成分が一切含まれていない偽の薬なので飲み忘れても効果自体には全く影響がないためです。

このプラセボ錠剤を飲み忘れた場合は、飲み忘れた分を廃棄しても構いません。ちなみにプラセボ錠がセットされている理由は、トリキュラーを毎日服用する習慣を徹底させることで飲み忘れを防止するためです。

ただし7日間のピル休薬期間をしっかり把握して服薬管理をし、次のシートの1錠目を必ず正しく服用してください。

高い避妊効果を発揮させるためには新しいシートの最初の1錠目を正しく服用することがとても大切です。

もしもうっかり新しいシートの服用を開始するのを忘れてピル休薬期間が8日間以上になってしまうと避妊効果に影響があります。

もし24時間以上経ってもトリキュラーの飲み忘れに気付かず2日連続で飲み忘れた場合、すなわち最後の服用から48時間以上経ってしまった場合はピルの使用を中止して次の生理を待ってください。

そして、次の生理が来たら生理開始日に新しいピルシートの1錠目から飲み始めます。 尚、次の生理が来てトリキュラーの服用を再開するまでは避妊効果は期待できないので、コンドームなどの他の方法で避妊する必要があります。

  この時、飲み忘れたトリキュラーの周期のシートが錠剤を残したまま余りますが、新しいシートと区別して保管しておくことをお勧めします。

予備用ピルとして保管しておくと錠剤を落とすなど紛失した時や生理日を調整したい時に予備用から使用できて便利です。

予備シートを保管する際には必ずトリキュラーの使用期限をチェックしておきましょう。

しかし、2日以上トリキュラーを飲み忘れた場合は上記のように効果は減弱してしまい費用と手間もかかるので、極力飲み忘れないように手帳などにメモしたり服薬時間やタイミングをしっかり決めておくなど自分自身でしっかりとしたピル服薬管理をすることが重要です。

トリキュラー28の場合、最後の7錠は飲み忘れても問題ない。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがありますり28錠タイプは最後の1週間である22日目から28日目までの7錠(一番大きな白色の錠剤)は有効成分が含有されていないプラセボ錠(偽薬)と呼ばれています。

何故有効成分が入っていない薬がセットされているのかというと、トリキュラーの飲み忘れ防止のためです。

トリキュラー21の場合は21日間服用したら22日目から28日目までは休薬期間となっています。

自身できちんと1週間休薬をして正しく服用管理ができるのであれば問題ありませんが、中にはピルを何日間休薬しているか忘れてしまった・気付いたら休薬期間が終わっていて次のピルシートを正しく飲めていないなどの服薬コンプライアンスの問題が生じることがあります。

トリキュラー28は休薬期間にもプラセボ錠を服用することで毎日服用する習慣を徹底するので、ピル服薬管理が苦手な方でも正しく服用できる仕組みになっています。 

そのため、トリキュラー28の最後の7錠の期間中においては万が一飲み忘れてしまっても、プラセボ錠であり成分が一切含まれていない薬なので全く問題ありません。

飲み忘れに気付いた時に服用するか、もしくは服用したと見なして飲み忘れた錠剤を廃棄するか、どちらの対処でも問題ありません。

トリキュラー製造販売元のバイエルの資料にも、

「トリキュラー21は有効成分を含有する錠剤21錠(赤褐色・白色・淡黄褐色)を 1シートに、トリキュラー錠28はトリキュラー錠21にプラセボ錠(白色(大))7錠を加えた28錠を1シートに収めた製剤です。トリキュラー21は1シート服用後7日間の休薬を、トリキュラー28は休薬期間にプラセボ錠を7日間服用し、いずれも28日間を1周期として服用を繰り返します。」
と、トリキュラー28の最後の7日間はプラセボ錠との記載があります。

また同じく資料の図には

白色糖衣錠(大) [プラセボ錠]レボノルゲストレル含有せず・エチニルエストラジオール含有せず 」
「とあります。

もしもトリキュラーを7日間を超えて29日目以降すなわち次の周期ぶんのピルシートを飲み忘れてしまった場合は避妊効果が期待できなくなるため、2日以上飲み忘れた場合と同様に次回の生理日を待つ必要があります。

それまではコンドームなど他の方法で避妊してください。 また、プラセボ錠7錠以外の日にトリキュラーを飲み忘れてしまった場合は効果に影響を及ぼすので飲み忘れへの対応が必要です。

トリキュラーの飲み始め(最初の1錠)の飲み忘れには要注意。(休薬期間後の最初のピルのため)

トリキュラーを飲み忘れや服用をの中止によって、トリキュラーによる排卵抑制の作用が無くなり、卵胞が成長して排卵への準備が整っていきます。

排卵が起こり精子が侵入すると受精着床が起こり得るため妊娠可能な状態になります。

トリキュラーの新しいシートの1錠目を飲み始める段階では前日まで休薬期間であり薬を服用していない状態となるため、1周期の中では特に卵胞が成長して子宮の中は排卵準備期の状態です。

そのため、この最初の1錠目はピルシートの中で避妊効果に対して一番重要な意味を持つ薬です。これを正しく服用できるかできないかで効果に違いが出てきます。

トリキュラー及び低用量ピルを服用するのが初めての方や久しぶりに飲み始める方は生理開始日に服用開始することを推奨します。そうすることでピル服用初日から高い避妊効果を発揮させることができます。

ちなみに何時に服用しても構いませんが、毎日同じ時間帯・覚えてやすいタイミングでのピル服用を習慣付けてください。

食事の影響は受けませんが、食後に服用したほうが胃への負担が少ないです。

生理開始日以外からのトリキュラー服用の場合は、まずは毎日7日間続けて服用することで避妊効果を発揮します。

生理開始日から服用する場合とは違い、飲み始めの7日間は避妊効果があまり期待できないのでコンドームなどのピル以外の成功率が高めの避妊処置をする必要があります。

尚、一般的に生理開始日にピル服用を始める飲み方をDay1スタート、生理開始からの最初の日曜から服用を始める飲み方をサンデースタート、関係なく始める飲み方をクイックスタートと呼びます。

すでにトリキュラー服用中の方は新しいシートを飲み始める際、28錠タイプを使用中の方であれば前回のシートを飲み切った翌日に必ず新しいシートの1錠目から服用してください。

トリキュラー21錠タイプを使用中止の方であれば7日間の休薬期間を終えた翌日に必ず新しいシートの1錠目から服用してください。

もしも1錠目を飲み忘れた時も通常の飲み忘れと同じ対処法をとってください。24時間以内であれば気付いた時に直ちにその日のピルを服用すれば避妊効果に影響しません。

もしも新しいシートの1錠目を飲み忘れてピル休薬期間が8日以上になってしまった場合は排卵が起こる可能性が高まって避妊効果に影響が出てしまうため、トリキュラーの服用を一旦中止して次の生理を待つことを推奨します。

尚、その間の避妊効果は期待できないので必ずコンドームの着用など効果的な避妊をしてください。 そして次の生理がきたら、最初にピルを服用した時と同様に生理開始日から新しいシートの1錠目から服用を始めてください。

トリキュラーをはじめ低用量ピルは他の薬と比較すると、時々うっかり飲み忘れてしまう方がかなり多く見られる薬です。

1周期の中で飲み忘れをしてしまう方が9〜18%以上もいるという調査結果もあります。

1周期の中で2錠以上飲み忘れると効果に影響が出る恐れがあるので、最大の避妊効果を得たいのであれば飲み忘れのないように毎日正しくトリキュラーを服用することを心がけましょう。

2日以上トリキュラーを飲み忘れた場合、7日以上連続して服用すれば大丈夫?

トリキュラーをはじめとする低用量ピルを2日以上飲み忘れた場合、とるべき対処法としてピルの服用をその段階で一旦中止して次の生理開始日まで待つようにと製薬メーカーの資料に記載されています。

尚この対処法を行った際、トリキュラー服用を再開するまではもちろん避妊効果はなくなっているので必ずコンドームなどで避妊をする必要があります。

生理開始日に再び服用したら、その日から避妊効果は発揮されます。 またこの生理開始日には新たなピルシートの1日目から服用する必要があるので、飲み忘れてしまった前の周期のシートは余ります。

この余分になったピルシートは他のシートと区別して予備(錠剤を紛失したり、生理日を調整する時に便利です。)として保管しておきましょう。

昔から日本ではこの飲み忘れ対処法が一般的でしたが、実は海外の主流であるもうひとつの対処法が知られています。

その対処法とは、ピルを飲み忘れた薬のうち直近の1錠を直ちに服用し、残りは次の服用予定時間にいつも通り服用する方法です。

尚、飲み忘れに気付いて服用した時から7日間以上連続してトリキュラーを服用するまでは避妊効果が期待できないため、コンドームなどの避妊を併用する必要があります。

またこの方法においては、飲み忘れがピルの1シートすなわち1周期の何日目かによっては緊急避妊(アフターピル)の必要性が出てきます。

2錠以上飲み忘れてしまった日が、シートの1錠目すなわち1日目~7日目だった場合は排卵が起きている可能性があるためアフターピルの必要があります。

飲み忘れが8日目~14日目だった場合、7日目まで正しくピルを服用できていたらアフターピルの必要はありません。

飲み忘れが15日目~21日目だった場合、現在のシートの実薬を飲み終えたら(28錠タイプにおけるプラセボ錠剤はカウントしません。)休薬期間を省き、翌日からすぐに次のシートを開始します。

ピルを服用し続けるというこの対処法は日本産婦人科学会やWHO(世界保健機関)が推奨している方法で、元々はイギリス産科婦人科学会が掲げた指針です。

ピル飲み忘れが起きた時期によって対処が変わるため従来の対処法よりも若干複雑ですが、ピルを中止せずに済むことがメリットのひとつだと言えます。

比較的新しい文献や海外ではこの方法が推奨されることが多いです。

このように、生理開始日までトリキュラーなど低用量ピルの服用を一旦中止する対処法・服用を続ける対処法が混在しているためどちらが正しいのか混乱してしまう方も多いかと思われます。

国内での主流の飲み忘れ対処法は製造販売元の製薬メーカーが掲げたピル服用を一旦中止する方法です。

こちらの指針の方がより厳格に考えられているためより確実だと言えます。 服用を続ける方法だと飲み忘れによってすり抜け排卵が起こり、緊急避妊をしなかった場合に受精着床して妊娠に至る可能性が考えられるからです。 

ただし、一旦ピル服用を中止する方法では服用中止によって避妊効果が一旦無くなるため、例えば日々の生活で他の避妊方法を選択できないけれど性交も回避できないといった方には向いていません。

国内でも医師によってはピル服用を続けるようにと指導されるケースがあります。

実際には医師の指導に従い、少しでも不安がある場合はコンドームなど成功率の高い避妊方法を併用し、自身が一番メリットに感じる方法を優先することを推奨します。

何より一番重要なことは、トリキュラーなどピルを飲み忘れてしまうとのないように服薬管理をしっかりすることです。

1周期の中で1錠程度の飲み忘れで24時間以内に気付くことができて気付いた時にすぐその日のピルを服用できていれば、避妊効果に影響をきたしません。

最大の効果を発揮させたいのであれば、2日以上のピル飲み忘れは極力避けなければいけません。 数錠の飲み忘れによって妊娠した報告も過去にあるので、くれぐれも注意してください。

飲み忘れによる避妊失敗と失敗率

トリキュラーの製造販売元バイエルの資料に記載されている調査結果では、評価対象924例のうち飲み忘れによる妊娠が4例に認められましたが、飲み忘れ以外の妊娠は認められませんでした。

この妊娠4例は、錠数の詳細(トリキュラー21錠か28錠)は不明であるがかなり服用していない・17錠目及び他1錠・4錠目と5錠目・10錠近くという複数の飲み忘れの状況での妊娠だったというデータがあります。

いずれも医師により「飲み忘れ」による妊娠と判定されました。

総合避妊効果は全例において効果ありと評価され、薬の効果が原因での失敗はゼロという結果が出ました。

ピル使用1年間における失敗率(妊娠率)は、トリキュラーの場合は理想的な使用で0.3%、一般的な使用(たまに飲み忘れるなど)で9%というデータがあります。

ちなみにコンドームによる避妊法の場合の失敗率は2~18%というデータですので、明らかに低用量ピルを正しく服用すると性行為で妊娠数率は非常に低いと言えます。

トリキュラーなどの低用量ピルは正しい服用でほぼ確実に避妊できると言われていますが、決して100%ではありません。

正しく服用していても0.3%ほどとごく稀ですが、妊娠してしまう場合があるのです。 下記にどんな場合に妊娠に至るケースがあるかを記載します。

まず避妊失敗が起こり得るのが生理開始日の勘違いです。

生理開始日からトリキュラーを服用することで服用初日から避妊効果を発揮することが可能ですが、生理開始日以外からの服用の場合は飲み始めて7日~14日間までは避妊効果が完全ではありません。

不正出血や少量出血などで生理開始日を勘違いしてしまうと、ピルを服用して安心していても実際には避妊効果が十分でない期間に妊娠に至るケースが考えられます。

また、ピルはホルモンバランスを調整して排卵を抑制する作用がありますが、調整しきれず排卵を起こす場合があります。

ピルの飲み忘れがあると排卵を起こす可能性が高まり、飲み忘れによって子宮内膜への着床阻害作用も弱まるため、全てのタイミングが合うと着床して妊娠に至ることがあります。

下痢や嘔吐などの胃腸系の体調不良でピルが体内で吸収できずに体外に排出されてしまった場合も起こり得る要因のひとつです。

ピルが腸管で吸収されるまでにかかる時間はおよそ4時間ほどなので、服用後すぐ~4時間以内の間に嘔吐や激しい下痢をきたすとピルが排出されてしまう恐れがあります。

下剤の服用もピルが吸収されないまま排出される可能性があります。

このような胃腸症状により吸収されているかどうか不安な場合は、追加でもう1錠ピルを服用して他の避妊法と併用しておくと安心です。

尚、下剤以外に抗生物質や抗てんかん剤など代謝過程でピルの効果を減弱させる作用のある薬剤が幾つか存在するので、何らかの疾患で服薬治療中の方は必ず医師に併用薬を伝えてください。

このように、ピルを服用していても妊娠する可能性は決してゼロではありません。 妊娠を望まない場合は、ピルを服用しながら他の避妊法を併用することを強く推奨します。