イバビッド(イバブラジン)5mg

狭心症、慢性心不全、冠動脈疾患などの治療薬。

有効成分:イバブラジン 5mg

内容量 100 錠
獲得ポイント 78ポイント
在庫 残り88個

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 8,169 8,169
2箱 6,762 13,524
3箱 5,908 17,724
5箱 5,519 27,595

商品概要

イバビッド(イバブラジン)5mgという医薬品は、安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの治療に用いる薬として知られています!

If電流という心拍調整を行う機能が流れを抑制し、心筋の機能には影響を与えることがありません!そのため、心機能の低下が認められている場合でも安心して服用することができます。

一日2回の服用で、一ヶ月程度様子を見てから症状に応じて服用する量を調整しながら治療をしていきます。

生理機能が低下している高齢者の方ははじめは少ない用量からの服用が勧められており、妊娠中・授乳中の女性は、服用を制限されています。

イバビッド(イバブラジン)5mgは、一般的な医薬品とは違った作用機序があり、心拍数を下げながら冠動脈疾患や安定狭心症、慢性心不全などの症状を有効に改善していきます。

このような症状に用いられる医薬品は、心停止につながることを危惧されていましたが、イバビッド(イバブラジン)5mgは、その欠点を改善した製法をされ、心筋の酸素消費量をバランスよく整えることができます。

心臓収縮機能や房室伝導を抑制させることなく安全に心拍数の上昇をコントロールすることができます。

イバビッド(イバブラジン)5mgは、安定狭心症や慢性心不全、冠動脈疾患などの疾患を未然に予防するだけではなく、発症してからも有効に作用し、手術時にも用いられることがあります。

イバビッド(イバブラジン)5mgの医薬品ひとつで心拍数を安定させることができるため、他の医薬品との併用は必要がないことも明らかになっています。

海外ではProcoralan、Coralan、Coraxan、Corlentorという名称にて販売がされているなか、これらと比較をしてみますと血圧や血液と深い関わりのある心筋の機能を低下させることなく高まってしまった心拍数を安定させる作用が認められています。

使用方法

  • 冠動脈疾患の場合:1日に2回、1回当たり5mgを食事中に服用から開始し、3,4週間後に症状に合わせて1回当たり7.5㎎を1日に2回服用。
  • 治療開始後に1分間の安静時心拍数が50以下となった場合や、めまい、疲れなどが出た場合は1回当たり2.5㎎まで減らします。
  • 心拍数が50未満、徐脈が継続する場合は使用を中止します。
  • 慢性心不全の場合:1日に2回、1回当たり5mgを食事中に服用から開始します。
  • 治療開始2週間後に1分間の安静時心拍数が60以上の場合、1日2回、1回当たり7.5㎎、50未満の場合や、めまい、疲れなどが出た場合は1回当たり2.5㎎を1日2回まで減らします。
  • 上記の使用量、使用方法は目安ですので、医師・薬剤師の指示のもと、適量をご使用ください。

副作用・使用上の注意

  • めまい、頭痛、失神、好酸球の増加、高尿酸血症、目のカスミ、房室ブロック、動悸、じんましん、低血圧など。
  • 副作用は上記に限りません。

お薬の個人輸入

医薬品の個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

送料無料

個人輸入は全て海外からの発送ですが、くすりエクスプレスではご注文額に関わらず日本全国、送料弊社負担で発送いたします。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Abbott(アボット) / 発送国:シンガポール

有効成分

イバブラジン 5mg

内容量

100 錠

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

イバビッド(イバブラジン)5mgの口コミ (0件)

click!! --> modal window open