本日1348人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

インデラルジェネリック(プロバノール)10mg

インデラルは、βブロッカーというお薬で、動悸(心臓のバクバク)の症状を抑える狭心症治療薬で、心療内科などでは緊張・あがり症のお薬としても処方されます。緊張やあがり症を克服するためにスピーチなどの1時間前に服用すると緊張による心拍数の上昇を抑えてあがらずに平静を維持するサポート薬です。

有効成分:塩酸プロプラノロール10mg

内容量 30錠
送料送料無料

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 ¥2,580 ¥2,580
3箱 ¥1,440 ¥4,320
5箱 ¥1,193 ¥5,965
10箱 ¥916 ¥9,160

商品概要

インデラルは、緊張でつきものの心臓のバクバクを抑えてくれるため、緊張になれる場馴れの頓服として使用できます

インデラルジェネリック(プロプラノール)10mgは心拍数を安定させるお薬です。不整脈や狭心症の治療のほかに、人前でドキドキしたり、手がふるえたりする「あがり症」の改善にも使用されます。

インデラルは有効成分であるプロプラノロールを配合した循環器の治療薬です。

心臓の負担を減少させることで、血圧を下げたり、不整脈や頻脈の治療にも用いられます。高血圧の方には血圧を下げる作用もあります。

国内では「インデラル錠」や「プロプラノロール塩酸塩錠」という薬剤名で1967年より販売されている歴史のある医療用医薬品です。

インデラルジェネリックは「インデラル錠」と同一の有効成分を配合した、後発品(ジェネリック)になります。錠剤が一般的ですが、国内では注射剤や小児製剤としてシロップも販売されています。

インデラルは、有効成分のプロプラノロールに心臓の交感神経を遮断する作用があります。

β(ベータ)遮断薬に分類され、脈を整える作用があります。そのため、片頭痛やあがり症にも効果が期待されています。

片頭痛の場合、インデラルジェネリックを予防的に飲むことで、片頭痛が起こりにくくなると言われています。多くの臨床試験が実施されており、中には片頭痛発作を44%減少させた臨床試験の結果があります。

片頭痛治療薬は、発作が起こった後に服用するお薬ですが、インデラルは予防的に服用いただけるお薬です。ただし、インデラルの処方の対象となるのは、発作頻度が多く日常生活に支障となるような片頭痛の場合のみです。

適応外の自費診療になりますが、振戦(手足のふるえ)やアカシジア(じっとできない、そわそわ感)の治療にも応用されています。

その他に、自律神経の異常によって起こることが多く、不整脈の原因となりうる期外(きがい)収縮にも適応があります。心臓に作用するお薬のため、すでに心臓系の治療を受けられている方や、降圧薬を服用中の方は、専門医に相談の上で服用を検討してください。

海外では40mgの規格が販売されていますが、国内では10mgの用量のみ承認・販売されています。循環器系の様々な症状に適応がありますが、症状によって用量が異なりますので注意が必要です。

※ こちらの商品は、錠剤シートのみ、もしくは簡易箱にて配送させていただいております。商品画像は、参考写真となりますので、ご了承ください。

インデラル(プロプラノール)の使用体験談

【Aさんの体験談】

ある時に上司から管理職チームの前でプレゼンを依頼され、そのトピック自体も詳しい内容でなかったこともあり、普段から緊張しやすい私は体中が震え、デスクにもどってもある意味パニック状態で仕事が手につきませんでした。

ある医師からインデラルのことを聞き、実際にその医師も発表などのプレゼンでは普通に服用していると聞きました。そこでインデラルを服用することに決め、色々な方のアドバイスや体験談から、朝に10㎎飲み、プレゼン前1時間ほどにま今度は20㎎のインデラルを飲みました。

初回だったため本当に効くのか不安でしたが、ちゃんと準備をしたこともあったのか、実際にプレゼンを始めると普段の息の詰まりや体の震え、心拍数の強上昇というあがり症の症状が出ないことに驚き、初めてプレゼンを楽しみ、相手の眼をみて話す余裕がありました。

【Bさんの体験談】

普段から人前でのスピーチや、面接、初対面の方とのお話しが非常に苦手で、プレゼンの30秒前くらい位になるとその場から逃げ出したくてたまらないようなパニックがこみ上げてきます。

思考が安定せず、声も震えて手はガクガクと震えます。初めてインデラル(プロプラノール)を服用しましたが、朝に20㎎、プレゼンの1時間ほど前に20㎎です。

本当に救われました。いつもの心拍数の高まり、声の震え、おびえなどが明らかに抑えれており、自分の中では非常に高いパフォーマンスのプレゼンができたと感じました。

使用方法

  • 高血圧、狭心症など、病状に適した服用方法は医師とご相談のうえ、ご使用ください。

用法用量は適応症によって異なりますが、軽度から中等度の高血圧症や狭心症、不整脈や頻脈に使用する場合 通常成人に1日3回、1回1錠を服用いただきます。

効果不十分な場合は最大120mg/日まで増量できますが、投与開始は必ず少量から服用してください。

片頭痛発作の予防の場合は 通常成人に対し1日2回、1回1錠を服用し、効果が不十分な場合は1日3回、1回1錠まで増量します。ただし、1日の最大用量は60mgまでと定められています。

食事の影響はほとんど受けませんが、食後30分以内の服用が勧められています。うっ血性心不全の方、気管支喘息の方、甲状腺中毒症の方、糖尿病の方は原則服用ができません。症状を悪化させてしまう恐れがあります。

また、片頭痛の発作治療薬であるリザトリプタン(マクサルト)との併用は禁止です。インデラルジェネリックを服用中あるいは服用してから24時間以内は、リザトリプタンを服用してはいけません。併用によりリザトリプタンの作用が増強する恐れがあるためです。

副作用・注意事項

国内の臨床試験の結果、副作用として除脈(脈が遅くなる)、失神を伴う起立性低血圧、気管支痙攣や呼吸困難などが報告されているため注意が必要です。

血圧が下がりすぎて、めまいを起こすことがあります。車の運転や高所での危険な作業には十分注意してください。

インデラルジェネリックの服用を急に中止すると、狭心発作など反発的な症状を起こす恐れがあります。増量する際も、減量する際も、少しずつ調整する必要があるため、医師の診断に従ってください。

飲み忘れにも注意が必要です。万一飲み忘れた場合、2回分を同時に服用せず、1日量を服用してください。

※この商品の使用により不快な副作用が現れた場合、使用を中止して医師にご相談ください。
※過剰量を服用した場合、直ちに医師にご相談ください。
※副作用および使用上のご注意はここに記載の限りではありません。

インデラルとあがり症の関係

緊張するとアドレナリンが分泌されて、心臓がドキドキします。これは、のんびりしている場合ではないと脳が判断して、自律神経の交感神経が活発にはたらきだすからです。いわば心身の戦闘態勢を準備するのがアドレナリンというホルモンです。

あがり症は、この身がまえが過剰になってスムーズな動作や話し方ができなくなる状態です。リラックスしようとしても、自律神経の作用は意思ではコントロールできず、あせるとかえって緊張が高まってしまいます。

インデラルは成分のプロプラノロール塩酸塩が、アドレナリンの受容体をブロックして心拍数を安定させ、心身をリラックスさせます。

この成分は高血圧や狭心症の治療に使われているものですが、あがり症にも効果があることがわかってその目的でも使用されるようになりました。

あがり症の改善がむずかしいのはなぜですか。

あがり症は対人恐怖症、赤面恐怖症ともいわれています。西洋人にくらべて自己主張があまり強くない日本人には、たいへん多い症状です。

あがり症を改善する方法としては、精神科医などの専門家のカウンセリングを受けながらトレーニングするのが、もっとも本格的なものだといわれています。世界的にも有名な「森田式」はそのひとつです。しかし専門家の間でも意見はいろいろで、改善法の決定版というものは見つかっていません。

本やインターネットでは民間療法的な改善法もいろいろ紹介されていますが、どの方法が効果的なのかは判断がむずかしく、なかにはあやしげなものもあるようです。

あがり症に縁のない人は「場数をふめば治る」というようなことを言いがちですが、実際はあがってしまった経験がわるい方に作用することが多々あります。

あがり症の改善がむずかしいのは、意志でコントロールできない自律神経の作用でおきる症状だからです。心のもち方やトレーニングによってそれを改善するのは、一筋縄ではいかないことが多いのです。

あがり症を薬でおさえるメリットとデメリット

インデラルのメリットは、会議のプレゼンテーションなど避けるわけにいかない機会を、とりあえずあがらずにクリアーすることが期待できることです。

このような成功体験はつぎの機会の自信につながり、自律神経の過剰反応をしずめる効果があります。この経験を重ねると、薬をのまなくてもあがらないということも体験できるようになります。

デメリットは、ひんぱんに服用するとのむ量を増やさないと効き目がなくなってくることです。のまないとあがってしまう、という依存性が生じると、薬がかえって不安材料のひとつになってしまいます。

のむ機会をここぞというときに限定して使用することがたいせつです。よく似た形のビタミン剤などを偽薬として混ぜて使用し、プラセボ効果を利用することも考えられます。それであがり症がでないようなら、薬をのまなくてもだいじょうぶという自信につながります。

インデラルの個人輸入

インデラルの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Cipla(シプラ) / 発送国:シンガポール

有効成分

塩酸プロプラノロール10mg

内容量

30錠

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

インデラルジェネリック(プロバノール)10mgの口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open