グリコメット(塩酸メトホルミン)500mg

2型糖尿病の治療薬のひとつ、ビグアナイド系血糖降下剤「メトグルコ」のジェネリック医薬品です。インスリンに頼らず血糖を下げる効果を持ち、低血糖になりにくい利点や、副作用をまず起こさないという利点があります。糖尿病のお薬は毎日飲み続ける必要があるので、ジェネリック医薬品でコストを抑えましょう。

有効成分:メトホルミン 500mg

内容量 100 錠
獲得ポイント 31ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 3,080 3,080
2箱 2,090 4,180
3箱 1,660 4,980
5箱 1,276 6,380
同じ有効成分(メトホルミン)を含む他の医薬品

商品概要

糖尿病治療薬の代表的なお薬であるメトホルミンは、血糖値を下げるお薬です。国内では「メトグルコ錠」や「グリコラン錠」などの薬剤名で市販されている医療用医薬品です。

たくさん種類がある糖尿病のお薬の中でも、ビグアナイド(BG)系の経口血糖降下剤に分類され、2010年に開発された比較的新しいお薬です。

メトホルミンは肝臓に作用するのが特徴です。肝臓で糖新生(糖が作られる過程)を抑制し、すい臓のβ細胞のインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を示します。

それだけではなく、末梢組織における糖の取り込みを促進し、小腸における糖吸収の抑制作用もあり、多方面から血中の血糖値を下げる作用を有しています。

また、体重の増加が少ないことから、Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)の中でも、肥満型に効果が高いといわれています。 BG系の糖尿病治療薬の特長として、乳酸アシドーシスという乳酸が何らかの原因により蓄積する副作用が発症しやすいのが難点となっていました。

そのため、日本では糖尿病の第一選択薬として使用されていませんでしたが、イギリスで行われた大規模長期臨床試験で良好な成績が得られたことから、欧米では2型糖尿病の第一選択薬として広く処方されています。

海外での使用実績から日本でも見直され、メトホルミンは他の糖尿病治療薬と併用して処方されるようになりました。 糖尿病は症状を放置することで、網膜症など目の病気、神経障害の手足のしびれ、腎臓病等の合併症の原因となりえるため要注意です。

血糖値を一定に保ち、適切な処置を早く受けることが大切です。定期的に医療機関を受診し、血糖値やHbA1c、腎機能や肝機能検査を受けることで、お薬の効果を検証し、副作用を未然に防ぐことが出来ます。

お薬の治療を始めても、運動療法や食事療法を継続するようにしてください。

使用方法

初めてメトホルミンを飲み始める際は、1日2回、1回半錠(250mg)を服用します。飲むタイミングは、食直前又は食後に服用します。その後の用量は効果を観察しながら調整し、通常1日2回、1回1錠(500mg)と徐々に増量しますが、1日最高投与量は2,250mgまでと定められています。

小児の場合は10歳以上のみに適応があり、1日500mgより開始して、1日2~3回に分割して食直前又は食後に服用します。小児の場合は体重も考慮して用量を調整し、1日最高投与量は2,000mgまでと定められています。

激しい筋肉運動をした後や、腎機能障害をお持ちの方、肝機能障害をお持ちの方は低血糖症状がでやすいため、服用に際して注意が必要です。ご高齢の方や他の糖尿病治療薬を服用中の方も、同様に注意が必要です。発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良等により脱水状態が続いている場合には、いったん服用を中止し、専門医を受診の上でメトホルミンの服用を検討してください。

利尿作用を有する薬剤(利尿剤、SGLT2阻害剤等)との併用時には、特に脱水に注意する必要があります。乳酸アシドーシスの症状である胃腸症状、倦怠感(だるくなる)、筋肉痛、 過呼吸等が見られた際には、服用を中止して医療機関を受診してください。

副作用

国内の臨床試験の結果、他の副作用として下痢(29.7%)、悪心(18.9%)、腹痛(10.8%)が報告されています。 血中の血糖値が低くなり過ぎる低血糖にも注意が必要です。

メトホルミンの服用後、低血糖の症状によるめまいやふらつきを起こすおそれがありますので、車の運転や高所での危険な作業などには十分注意が必要です。メトホルミン服用中は、過度のアルコールの摂取も控えてください。毎日飲み忘れないように服用するため、スマホのアプリや携帯のアラーム機能を活用してください。

使用上の注意

有効成分の塩酸メトホルミンにアレルギー症状がある場合は使用しないでください。

インスリン抵抗とは何ですか?

インスリンは血液の中の糖分を細胞に運んでエネルギーに変えるはたらきをするホルモンです。インスリンの分泌が不足したり、分泌されたインスリンの効き目がわるかったりすると、血液の中に糖が貯まり高血糖になります。これが糖尿病です。

インスリンの分泌が不足している糖尿病はインスリン注射またはインスリン分泌促進薬で治療します。インスリンは分泌されているが効き目がわるいというタイプの糖尿病(インスリン抵抗性糖尿病)は、抵抗を下げてインスリンに対する感受性を高める薬で治療できます。

それがインスリン抵抗改善薬で、グリコメットはこのタイプの糖尿病治療薬です。

身体のインスリン抵抗が高くなる大きな要因として肥満があります。また、インスリン抵抗が高いと肥満しやすくなるという関係もあります。鶏が先か卵が先かというのと似ていますが、肥満の改善がインスリン抵抗の改善にもつながることは確かです。

血糖値が高めの人はすべて糖尿病ですか?

糖尿病の95%はおもに生活習慣から血糖値が高くなっているⅡ型糖尿病です。全国に血糖値が標準値の範囲を超えている人は約2200万人いると推計されていますが、そのうち病院で治療を受けているのは約4割です。

血糖値が高めでもすぐに薬で治療しなければならない糖尿病とはいえません。生活習慣の改善で血糖値を下げることができることが多いからです。

しかし、血糖値が高くても生活習慣の改善もせず、治療も受けないという人が多いのが実情です。

なぜ高血糖は放置されやすいのですか?

血糖値が標準より高くても何も自覚症状がないからです。また、糖尿病の予備軍はもちろん、糖尿病と診断されても「カロリー制限」を守ることがなかなか難しいという理由もあります。

カロリー制限を守らなくても体調にすぐには何の変化も起きないので、つい制限を忘れて甘いものなどを食べてしまうことになりがちです。

高血糖を放置するとどうなりますか?

末梢血管が障害されて、視力が落ちて失明する、足の指などの末端が壊死する、ED(勃起不全)の症状が出る、などの重大な合併症が現れます。

腎臓の機能が障害されて、人工透析や腎臓移植が必要になることがあります。糖尿病が原因で人工透析をはじめる人は毎年1万5000人ほどいます

個人輸入

グリコメットの個人輸入は、医師の診察、処方箋がなくても、個人使用に限定し輸入規定量の個人輸入が法律で認められております。
個人輸入については「個人輸入について」のページをご確認ください

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

USV(ユーエスヴィー) / 発送国:シンガポール

有効成分

メトホルミン 500mg

内容量

100 錠

カスタマーレビュー

2 レビュー | 評価 5.0 / 5
星5つ 100.00%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

100% のお客様が
この商品をオススメしています

グリコメット(塩酸メトホルミン)500mgの口コミ (2件)

click!! --> modal window open