本日766人がチェックしました
(0 件の口コミ)    |  口コミ・レビューを投稿する

ザンタックジェネリック(塩酸ラニチジン)150mg

ストレスや生活習慣で胃酸の過剰な分泌が原因で起こる「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」の治療薬で有名な「ザンタック」のジェネリック薬で、「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」に属するお薬です。

有効成分:塩酸ラニチジン(Ranitidine Hydrochloride)

内容量 100錠
在庫 残り47個
獲得ポイント 29ポイント

セット数1箱あたり販売価格  
1箱 ¥2,880 ¥2,880
2箱 ¥3,280 ¥6,560
3箱 ¥3,580 ¥10,740

商品概要

ストレスや生活習慣で胃酸の過剰な分泌が原因で起こる「胃潰瘍」、「十二指腸潰瘍」の治療薬で有名な「ザンタック」のジェネリック薬で、「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」に属するお薬です。

成分のラニチジンが胃酸抑制効果を発揮し、ヒスタミンH2受容体だけを遮断して胃酸の分泌を長時間抑制します。

この成分ラニチジンの特徴としてH2受容体拮抗薬のでも有名なシメチジンと比較して8倍もの「胃酸分泌抑制」効果があり、副作用や飲み合わせが少ないという点もあります。

原因の胃酸の分泌を長時間抑えると同時に、胃腸からの出血の防止や止血の効果もあるとされています。

※胃潰瘍、十二指腸潰瘍にはプロトンポンプ阻害薬(タケプロン)も主要な治療薬で、ヒスタミンH2受容体拮抗薬よりも胃酸分泌の抑制作用が強いお薬です。

使用法

下記のはあくまでも目安となりますので、医師の指示に基づき適切な量を服用するようにしてください。

  • 通常、成人で就寝前に1日1回300mg、または1日2回(150mgを朝と夜に)に分けて服用。 
  • 消化性潰瘍の再発防止の場合は1日150mgを夜に服用。 
  • 消化性潰瘍の治療には4週間から8週間継続します。 
  • 逆流性食道炎の治療には症状に応じて最長12週間までの服用です。 

副作用

  • 血管浮揚、発熱、発疹、そう痒、、肝機能障害、下痢、悪心、おうと、腹部の膨張、食欲不振など。
  •  副作用は上記に限りません。

有効成分

塩酸ラニチジン(Ranitidine Hydrochloride)

内容量

100錠

カスタマーレビュー

レビュー | 評価 0.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 0%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

0% のお客様が
この商品をオススメしています

ザンタックジェネリック(塩酸ラニチジン)150mg の口コミ (0件)

口コミ・レビューを投稿する

商品名: 
注意: HTMLタグは使用できません!
 

click!! --> modal window open