レクサプロ・ジェネリック(シプラレックス)20mg

うつ病に有効な成分であるエスシタロプラムを20㎎配合した、安価なジェネリック医薬品です。うつ病の他、パニック障害、不安障害、ストレス障害などの治療にも使用されます。この薬品は、抗うつ薬であるプロザックと同様、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害剤)に属します。

有効成分:Escitalopram(エスシタロプラム)20mg

内容量 28錠
獲得ポイント 38ポイント
在庫 在庫あり

セット数1箱あたり当社特価  
1箱 3,780 3,780
3箱 1,826 5,478
5箱 1,496 7,480
同じ有効成分(エスシタロプラム)を含む他の医薬品

商品概要

レクサプロ20mgのジェネリック(シプラレックス20mg)は選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる、新しいタイプのうつ病の治療薬です。

使用方法

  • レクサプロ同様、シプラレックスは1日1回夕食後に1錠服用します。
  • 飲み始めは吐き気が出ることがありますが、しだいにおさまってきます。
  • 急に薬の服用を中止すると、反動で症状が悪化することがあるので注意しましょう。飲み忘れにも注意がひつようです。

SSRI抗うつ剤とは

人の気持ちの浮き沈みをコントロールする脳内ホルモンのセロトニンに作用して、気分の落ちこみを防ぐ抗うつ剤です。セロトニンの受容体にだけ選択的に作用するので副作用が少ないのが特徴です。

レクサプロは2001年に承認された新しいタイプの抗うつ剤で、世界の96ヶ国で承認されています。うつ病のほかに、パニック障害、不安障害、強迫性障害の治療にも使われます。

レクサプロ10mgのジェネリック(後発薬)は有効成分は有名な抗うつ剤レクサプロと同じ、価格が低めに設定されたジェネリック薬です。

レクサプロ以外に有名なSSRI(第3世代抗うつ剤)には以下のお薬があります。以下2種類の抗うつ剤とレクサプロが現在、処方量が多いSSRIタイプの抗うつ剤です。

セロトニン(脳内神経伝達物質)とは

セロトニンは神経伝達物質とも言われる脳内ホルモンです。昼間の起きているときに盛んに分泌されて、心や身体の活動を活性化するはたらきがあります。セロトニンの分泌が低下するとストレスに抵抗する力が弱くなり気分が落ち込みやすくなります。

うつ病の原因

うつ病は近親者との永別などの大きなストレスがかかったときに発病することもありますが、きっかけが不明なケースが大部分です。病気の原因はまだ分っていません。

性格やものの考え方からうつ病になるというのは俗説で、どのような性格の人でもなる可能性があります。

原因は不明ですが、うつ病の人がセロトニンが不足していることは分っていて、それを補うことで症状を改善することができます。

うつ病はなるべく抗うつ剤を使わないで治したほうが良いのですか?

ケガや病気は免疫による自己治癒の作用が働きますが、脳内物質の不調にはその作用が働きません。したがってうつ病は一般の病気以上に薬の力を借りることが必要だといえます。

精神科の医師も、カウンセリグと薬物治療を並行させる重要性を指摘しています。うつ病は気の持ちようやものの考え方を変えれば治るというのは誤解です。レクサプロのような抗うつ剤を使わないで治そうとすると、症状が長期化・重症化して重大な結果をまねくもこともあります。

閉所恐怖症などのパニック障害や鍵の締め忘れなどが異常に気になる強迫性障害も、抗うつ剤を適切に使用しながら治療するのが基本です。

レクサプロの特徴とメリット

  • 選択的にセロトニンだけに作用するレクサプロは、これまでの抗うつ剤に比べて、眠気、口の乾き、便秘、心臓への負担などが少なくなっています。
  • 副作用が少ないので長期の服用にも適しています。
  • 効果が約24時間持続するので、1日1回の服用ですみます。

中身がわからない梱包

お届けする外箱には、お客様のプライバシーを守るために商品名等の記載は一切ありませんので、中身がわからない梱包でお届けします。

局留め対応

ご自身のご住所への発送以外に、郵便局留め(局留め)発送も対応しております。発送先住所に、【郵便局名】【郵便局住所】【受取人様名】をご記入ください。

メーカー・発送国

Lundbeck(ルンドベック) / 発送国:シンガポール

有効成分

Escitalopram(エスシタロプラム)20mg

内容量

28錠

カスタマーレビュー

1 レビュー | 評価 4.0 / 5
星5つ 0%
星4つ 100.00%
星3つ 0%
星2つ 0%
星1つ 0%

80% のお客様が
この商品をオススメしています

レクサプロ・ジェネリック(シプラレックス)20mg の口コミ (1件)

click!! --> modal window open